アニメ

「86-エイティシックス-」3話のネタバレ・感想!無料動画(見逃し配信)の視聴方法も

Pocket

「86―エイティシックス―」は電撃文庫にて刊行されていている大人気作品です。

電撃文庫と言えば、沢山の大人気ライトノベルを刊行していますよね。

「86―エイティシックス―」もそんな大人気ラノベシリーズの一つです。

大人気ジャンルを取り扱っていて期待がかかる作品で、今回はそんな『86―エイティシックス―』3話ネタバレ・感想 などについて調べていこうと思います。

宜しければご覧ください。

 

【86-エイティシックス-】

をみたい方はこちら!

↓↓↓

 

 

「86―エイティシックス―」3話ネタバレ つかの間の休息

86の一人が戦いの後の無念さに打ちひがれていました。

スピアヘッド部隊の面々が料理の支度をしています。

何やらお昼が近づいているようで、女子が河原に言っていると分析して男三人が盛り上がりました。

ダイヤが自分達は仲間だから後ろめたいことはしたくないとしています。

女子たちは予想通り河原で水遊びをしていました。

何やらシンエイの話で盛り上がっているみたいで、恋話をしています。

自分が狙ってもいいだろうと、クレナをからかいながらみんなで笑いあっていました。

そして案の定ダイヤたちは、女子たちの河原の様子を見ていました。

セオトがダイヤが奥に突き出すと、ダイヤが女子に見つかって女子たちの一斉攻撃を受けることになるのです。

特にアンジュの表情がかなり恐ろしい様子。

結局他のセオトとハルトも見つかってしまい、みんなに詰められることに。

男子たちはうまくクレアの話題に持ち込み、微笑ましい雰囲気にするも、直ぐに女子たちに責められることになるのでした。

クレナは皆の様子を見て微笑んでいるのです。

クレナはなにやら呼び出しを受けていました。

皆と過ごす時間を邪魔されてかなり怒っているみたいです。

そして白豚は親の仇で、シンには早く壊して欲しいと怒りの表情を示します。

ダイヤはシンもわざとやっているわけではないかとフォローしました。

「86―エイティシックス―」3話ネタバレ レーナとスピアヘッド部隊の談話

クレナが部屋に入ると、レーナが連絡をしながらみんなと楽しそうに話していました。

ライデンは自分の武勇伝を語ってみんなに笑われることに。

流星雲の話で盛り上がっているようで話が盛り上がる中で、レーナは皆に自分達を恨んでいるかと問いただしました。

カイエは86達が善人ばかりではないと同時に、アレバと言う種族にもいい人がいると思っているみたいです。

レーナはそんな話を聞いて、きっかけの先人に感謝をしなくてはならないとするのでした。

カイエはレーナに興味を示して、一つの質問をすることに。

レーナはアンリエッタを誘って、図書館で地図を探していました。

スピアヘッド部隊の皆を自慢に思っている様子のレーナ、戦歴は凄まじいものだそう。

アンリエッタはそんなことより、同僚の男の話をしたいとしています。

レーナにはそこまで86に深入りするべきではないと、アンリエッタはします。

そうこうしているとレーナたちは地図を見つけることが出来るのでした。

レーナはスピアヘッド部隊と再び連絡を繋ぐことに、補給物資の連絡をしていると猫をスピアヘッド部隊が飼っていることが判明します。

アンダーテイカーに猫は懐いているようで、皆は話で盛り上がっていました。

名前は皆によって違く、特に決まっていない様子。

気分で適当に名前を付けて犬を飼っているという、みんなの様子にレーナは微笑みます。

カイエの自分達に入れ込む理由を聞かれると、レーナはプロセッサに助けられた過去を話し出すのでした。

「86―エイティシックス―」3話ネタバレ 理想と現実

話を聞いてカイエはレーナの事を悪い人ではないとします。

そしてその役目に向いていなくて、そこまで86に関わる必要はなく後悔する前に動くべきだとするのでした。

カイエの表現の中には頭がお花畑で、純粋無垢と言う意味合いも含まれていた様子。

戦いが始まりました。

レーナは86の皆と話しながら、作戦を伝えることになるのです。

地図を渡そうかというレーナ、この行為は明らかにハンドラーの業務を超えているようで、皆は軽く受け流しました。

キルシュが謎の個体と接触したのを把握したレーナ、必死にそこを動かないでと静止するも、すでに遅くキルシュはもう動けないという声を発して、映像が乱れることになります。

キルシュが犠牲になったと気づき、レーナの表情は悲痛に歪みました。

戦闘終了が終わると、キルシュブリューテの事は、レーナが残念だと言うと、誰かの本音が鳴り響きます。

仲間が死んだときに、レーナの偽善に付き合ってられないとするのでした。

自分達を戦場に放り投げて、指令を出すだけと言うのはあまりに理不尽すぎる、86達の本音となっているようでレーナの心に突き刺さります。

彼らの憎悪に晒されるレーナは耳をふさぎ大きな精神的ダメージを追うことになるのでした。

最後には涙を流すことになる。

「86―エイティシックス―」3話感想

序盤はスピアヘッド部隊のほのぼのとした生活の様子が描かれていました。

その中にレーナも混じれていて、これは順調にみんなと仲良くなれたかななんて思いましたね。

しかし後半に衝撃展開を迎えることになりました。

これまでのレーナが属してからのスピアヘッド部隊の面々は、特に犠牲はありません。

しかし今回初めて出てしまった犠牲者、レーナは深い反省をしました。

想像以上の86達の本音を受けることになりました。

今までのやり取りは心に余裕があったからで、86達の心はそんなことを楽しむ余裕もなく、犠牲者が出るたびに現実に戻されています。

現場と指令の圧倒的危険度の違い、行きたくもない戦場への強制。

この制度が覆されない限り、レーナはそれはただの頭お花畑な敵にしか見えないと思いましたね。

今後レーナが成長するには、この理不尽な制度そのものを変えなくてはならないなと思いました。

今後の展開が気になるところです。

まとめ

大人気ライトノベル『86―エイティシックス―』が遂にアニメ化、そして放送されました。

そこで今回は『86―エイティシックス―』3話ネタバレ・感想についてお話しさせていただきました。

86と仲良くする、そんなレーナの理想は、正に頭がお花畑な机上の空論でした。

犠牲者が出てスピアヘッドの部隊の一人に、安全圏で何様なんだと咎められるレーナ。

果たして立ち直ることはできるのでしょうか。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

 

【86-エイティシックス-】

をみたい方はこちら!

↓↓↓

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です