アニメ

「86-エイティシックス-」4話のネタバレ・感想!無料動画(見逃し配信)の視聴方法も

Pocket

「86―エイティシックス―」は電撃文庫にて刊行されていている大人気作品です。

電撃文庫と言えば、沢山の大人気ライトノベルを刊行していますよね。

「86―エイティシックス―」もそんな大人気ラノベシリーズの一つです。

大人気ジャンルを取り扱っていて期待がかかる作品で、今回はそんな『86―エイティシックス―』4話ネタバレ・感想 などについて調べていこうと思います。

宜しければご覧ください。

 

 

【86-エイティシックス-】

をみたい方はこちら!

↓↓↓

 

 

 

「86―エイティシックス―」4話ネタバレ 通信機の向こう側

スピアヘッド部隊の一人がレーナを追求しています。

声の主はセオトで、ライデンがセオトを止めました。

とは言え言いたいことはみんな一緒で、レーナと連絡を途絶えることをします。

セオトは自分の行為が白豚と同じだとして、カイエの命を汚したと申し訳なく思うのでした。

普段通りにスピアヘッドの面々が拠点で騒いでいます。

セオトが絵を描いているも、こないだレーナに言ってしまった言葉を気にしているみたいです。

みんなにじゃれつかれるセオ、エマからはセオトにキツネ関係の大切な人がいるのを羨まられていました。

キツネの隊長ならハンドラーにあの時なんていったかと、シンエイに尋ねることに。

シンエイはキツネの隊長ならあんな風には言わず、そんなことをセオトも実感しているようでした。

シンエイの元にレーナから再び連絡が繋がることに。

 

「86―エイティシックス―」4話ネタバレ 揺れるレーナの心情

レーナは花を見つめて敬礼をしています。

アンリエッタに自分を許せないとするレーナ、何やら自分ももっと86のようなリスクを負わなければと言う事や、名前について気にしているようでした。

名前は大切なもので、それを踏みにじったと思ってしまうレーナ、しかしアンリエッタは自分達はどうしようもない決定的な違いが自分達には86にはあって関わり合うのは不可能だとします。

それでもハンドラーをやめないとするレーナ、彼女の背中を見てアンリエッタは複雑な表情をします。

レーナはその昔大佐と戦地を見ていた記憶を思い出します。

そんな彼女の元にカールシュタールが現れました。レーナは父と86区と言う現実を見ることが出来てよかったとします。

ため息をつくカールシュタール、彼曰くレーナの父は平等を掲げても傍観者であることは変わらずに、あまりに無知で愚かだったとしました。

そしてカールシュタールはレーナをスピアヘッド部隊から外すことにします。理想を追い求め続けるのは愚かなことで共和国の趣旨とは変わる、それはレーナにとって無理なことだとするのです。

外にでてもレーナの頭の中にセオトの声が鳴り響きます。

共和国の街を走り出して涙を流しながらアンダーテイカーに連絡を繋ぐレーナ。

「86―エイティシックス―」4話ネタバレ みんなの本名

これまでの事を謝罪するレーナ。

スピアヘッド部隊の名前を聞きたいとします。

シンエイはあれが総意ではなく、レーナの責任ではないとしました。

ハンドラーとプロセッサーの違いは覆ることはない、それでもレーナは名前を教えて欲しいとレーナは頼みます。

そんな彼女の頼みに答えたシンエイは、部隊の皆の名前をレーナに教えることにするのでした。

全員分の名前を書きたてることに。

シンエイはレーナの事をミリーゼ少佐と呼ぶとし、現在やっている生き残った奴が機体に名前を刻み生き残った先で、皆を背負うとするシンエイ。

これまで5年間、シンエイは約560人の同僚の犠牲を目の当たりにしてきていたそうで、その重みはすさまじいものでした。

だから名前はアンダーテイカー、レーナはスピアヘッド部隊みんなに謝罪をしたいとすると、シンエイは間髪入れずに皆に連絡を繋ぐことにしました。

急な出来事に戸惑いつつも、レーナは直ぐに覚悟を決めた表情に切り替えることにするのです。

スピアヘッド部隊みんなに謝罪するレーナ、セオトもシンエイ曰くあの言い方は後悔していたそうで、セオトの元ハンドラーもレーナのような86に入れ込む人物だったそうでした。

カイエが言っていたいい人は彼のような人だったそうです。

ライデンはレーナをバカにしていたことを謝罪し、とは言えスタンスは変わらずに敵視をするとします。

暇つぶしで今まで通りに付き合ってやるとすると、レーナは喜んで暇つぶしでも付き合ってくれとするので、ライデンは笑ってしまします。

他の皆もレーナに自己紹介をして又皆を受け入れてくれるみたいでした。

シンエイがノウゼンと名乗ると、レーナはノウゼンと言う人物を知っているそう。

そしてその人物がシンエイの兄であると明らかになるのでした。

「86―エイティシックス―」4話感想

レーナは確かに無謀ともいえる言動の数々で、頭がお花畑と思われてしまうと思うのですが、それでも芯は本当に強いと思いました。

今回セオトの暴言で完全にメンタルが崩れてしまうと思ったのですが、ギリギリの状態で耐えていましたね。

中佐にもハンドラーをやめた方がいいと言われたのですが、それでも諦めません。

涙を流しても、心を強く持ってシンエイに連絡を取ったレーナ、彼女の芯の強さと真面目さは、本当に尊敬すべき点だなと思いました。

そしてレーナのひたむきな実直さなら、今後スピアヘッド部隊の面々を束ねられるのではと感じましたね。

後はシンエイが気になりました。歴戦の兵士として5年間戦場を渡り歩いてきたシンエイ、これまで見た犠牲者は500人以上と、正に尋常ならざる精神を持っていると思われます。

彼の本名ノウゼンと、兄の存在、一体シンエイの過去に何があったのかより気になるところなのでした。

 

まとめ

大人気ライトノベル『86―エイティシックス―』が遂にアニメ化、そして放送されました。

そこで今回は『86―エイティシックス―』4話ネタバレ・感想についてお話しさせていただきました。

前回の戦いの犠牲者がカイエで、レーナを責めたのがセオトだと判明しました。

しかしセオトも言い過ぎたと思っていたそう。

何とか奮起したレーナは、再びスピアヘッドの皆に受け入れられることになるのでした。

シンエイの本名が最後に判明、なにやらノウゼンと言って、レーナの知り合いのノウゼンはシンエイの兄だと判明するのでした。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

 

【86-エイティシックス-】

をみたい方はこちら!

↓↓↓

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です