観光施設

【淡路島(あわじ花さじき)】ひまわり畑の見頃や料金やアクセスなど【デートスポット】

Pocket

【淡路島(あわじ花さじき)】ひまわり畑の見頃や料金やアクセスなど【デートスポット】

みなさん、今年はコロナウイルスのせいでストレスがすごく溜まってませんか?

どこかにちょっと遠出でもして、ストレス発散したいですよね!

「でもまだコロナウイルスが怖くてあまり外に出られない」

そう思ったみなさん、今すぐ外に出るんじゃなくて夏に予定を組んで、その予定を楽しみに今の辛い時期を乗り切りませんか?

人間、先に楽しみがあればなんでも乗り切れる気がしますよね。

そこで、今回はストレスが解消される夏にぴったりの淡路島のおすすめスポットを紹介したいと思います。

よかったら聞いて行ってください。

注意:淡路島の施設や他のお客様の迷惑のかからないように、また、自身が感染しないようにマスクやアルコール消毒など各々で対策をしましょう。

 

淡路島について

瀬戸内海東部に位置する島です。

瀬戸内海では最大面積でグアムやシンガポールと同じくらいの大きさがあり、人口が約13万人と諸島の中では最も人口が多く、主要4島をのぞいて沖縄本島についで2位となっています。

淡路島と本州が繋がる明石海峡大橋は兵庫県の神戸市と淡路島の間、約4kmを結ぶ世界一長い大橋としてギネスに登録されています。

淡路島といえばなんと言っても玉ねぎは外せないですよね。

淡路島の玉ねぎは一般的な玉ねぎより糖度が2倍ほど高く、辛味が少ないので生でサラダもめちゃくちゃ美味しいです!

さらに、アルミホイルに包んだ淡路島の玉ねぎをオーブンで加熱してトロトロになった玉ねぎをバターと塩、醤油、塩・こしょうなど、お好みの調味料で食べるのは絶品です!

個人的には、この淡路島の玉ねぎを買うためだけに現地に行ってもいいレベルです。

 

淡路島のあわじ花さじきについて

「あわじ花さじき」は花の島にふさわしい花の名所として、兵庫県が平成10年4月から設置しています。
淡路島北部丘陵地域の頂上部、標高298~235mの海に向かってなだらかに広がる高原に四季折々の花畑が広がります。(面積約15ha)明石海峡・大阪湾を背景に花の大パノラマが展開し、季節により変わる愛らしい花々が夢の世界に誘います。
眼下に広がる花のジュウタンを楽しめる、極上の見物席として、『あわじ花さじき』と命名されました。さじき席ですので、自由に散策して自分の席を見つけてください。
天空の花畑を望む極上のさじき席で憩い・安らぎ・癒しの空間を体感してください。

花のじゅうたんが圧巻!兵庫・淡路「あわじ花さじき」が癒される ...

あわじ花じさきは”兵庫県淡路市にある四季によって変わる花畑です。

展望デッキからの眺めもすごくよく、綺麗で花の香りがとてもいい匂いで海まで見えるのでデートには持ってこいのスポットですね!

デートがマンネリ化している方はあわじ花さじきに行ってみてはどうでしょうか?

淡路島のあわじ花さじきの季節の花紹介

菜の花(3月〜4月)

春~Spring | 施設紹介 | あわじ花さじきホームページ

菜の花は2月ごろから咲き始めるものや遅咲きのものまでいろんな品種の菜の花が咲いていて、園内全体に咲いています。

菜の花は食用として用いられることが多く、野菜の葉っぱ(菜っ葉)というところから名前の由来になっています。

黄色い菜の花の花言葉は「小さな幸せ」「快活」「快活な愛」「競争」「希望」「活発」「元気いっぱい豊かさ」「財産」と明るいものが多いですね。

また、白い菜の花の花言葉は黄色い菜の花とは違い「潔白」「適応力」という意味があります。

ムラサキハナナ(3月〜4月)

春~Spring | 施設紹介 | あわじ花さじきホームページ

あわじ花さじきではムラサキハナナは春の代表的な花となっていて、菜の花との色の対比が美しく人気のある花です。

伸びた茎の先に2〜3cmの花が咲き、風で揺れるさまが美しい花とされています。

ムラサキハナナの花言葉は知恵の泉「あふれる智恵」「優秀」「仁愛」「熱狂」「癒し」と賢そうなイメージになって、4月4日の誕生花になっています。

 

リナリア(3月〜5月)

春~Spring | 施設紹介 | あわじ花さじきホームページ

淡いパステルカラーの花びらを多数つける小さく可憐な花で、和名は姫金魚草と呼ばれています。

リナリアの花言葉は「この恋に気付いて」「幻想」で片思いをイメージできる花です。

 

ポピー(3月〜5月)

淡路島「あわじ花さじき」のポピー: なまくらの草子

あわじ花さじきのポピーはアイスランドポピーという品種を育てています。

寒さに非常に強く、とても忍耐強と思えないほど、可愛く美しいポップな印象の花ですね。

大面積で咲いているので、見応えもあることから、大人気で人々を呼び寄せています。

ポピーの花言葉は「いたわり」「思いやり」「恋の予感」「陽気で優しい」と優しさが溢れる花言葉となっているので、「個人的にはめっちゃ好き!」ですね。

三尺バーベナ(6月上旬~7月)

淡路島公園のアジサイとあわじ花さじきの三尺バーベナ』淡路島(兵庫県 ...

あわじ花さじきの初夏の花として定着していて、 細く繊細な花々が風に揺れる姿は、見る人を魅了しています。

三尺バーベナの花言葉は「幸運に」なので、たくさんの三尺バーベナが私たちの幸運を祈ってくれているかのような花畑となっています。

特に何もしていなくても、見ているだけで幸運に慣れそうですね!

 

クレオメ(7月上旬~8月中旬)

クレオメ(画像2)

蝶を呼ぶ花とされていて、上品な香りと淡いパステルカラーが相まって夏に涼しさを演出してくれています。

あわじ花さじきでは、高原で夜温が下がるため花期が長く、気温の下がる朝夕が特に美しい花です。

クレオメの花言葉は「秘密のひととき」「あなたの容姿に酔う」と見惚れている感じを表していて、花からも淡い感じがしてぴったりな気がしますね!

 

ひまわり(7月下旬~8月中旬)

太陽を追いかけて動く「ひまわり」なのは花が咲くまで? - ウェザー ...

ひまわりは朝日がのぼる方に向いて咲く習性があるので、あわじ花さじきでは正面から観賞できるように植栽しています。

ひまわりは見ていると何かパワーをくれる気がするほどパワフルに咲いています!

ひまわりの花言葉は「憧れ」「あなただけを見つめる」です。

ここでの「憧れ」「あなただけを見つめる」の意味は朝日を向いて咲くことから、この憧れは太陽に向けられていると個人的には思っています。

めちゃくちゃエモくないですか?

 

ブルーサルビア(9月上旬~10月下旬)

あわじ花さじきのブルーサルビアなど: よしひさの山歩き

クレオメとあわせて、夏の涼を演出するあわじ花さじきの代表的な花で、空に溶け込む青い花と銀葉が、爽やかに高原を彩っています。

ブルーサルビアの花言葉は「尊敬」「知恵」です。

サルビア(8月中旬~11月上旬)

秋』のお花紹介~あわじ花さじき~ | かんぽの宿 淡路島

サルビアは赤色が一般的ですが、白や濃い紫色の品種のサルビアとあわせて、広大に植栽している例はめずらしく、見ごたえのある景観が楽しめます。

赤いサルビアの花言葉は「燃える思い」です。

 

ソバ(7月上旬・9月下旬)

秋・冬~Autumn・Winter | 施設紹介 | あわじ花さじきホームページ

あわじ花さじきのソバでは花数が多い信濃一号という品種を栽培しています。

花期は短いが、夏と秋に2回楽しめて、白の清楚な景色はあわじ花さじきでは知る人ぞ知る存在となっています。

ソバの花言葉は「あなたを救う」冷涼な荒れ地でも夏と秋に収穫でき、穀物類の中では良質のタンパク質やビタミン類、血管を丈夫にするルチンを含み、栄養価が高いことからつけられたと思います。

 

コスモス(10月上旬~11月上旬)

10月中旬〜11月上旬】淡路島のコスモス畑。あわじ花さじき – The field ...

秋といえばコスモス!となるくらいに秋の代表となっていて、多くの人に愛されている花です。

あわじ花さじきでは珍しい品種もあわせて植栽していて、様々な色合いの花が風に揺れるのがとても綺麗で見惚れます。

コスモスの花言葉は「調和」「乙女の純真」です。

ストック(11月中旬~2月下旬)

京都花日記 ストック / 兵庫・あわじ花さじき

淡路島ではストックの有名な産地です。

あわじ花さじきでは背の低い品種を中心に様々な色のストックを栽培していています。

ストックの花言葉は「愛の絆」「豊かな愛」なので冬の寒い時期のデートには持ってこいの花言葉ですね。

 

淡路島のあわじ花さじきの料金やアクセス

ここまであわじ花さじきの紹介をしてきましたが、なんと言っても気になるのは、あわじ花さじきの料金ですよね。

「これだけ綺麗に整備された花畑なのでさぞかしお高いんでしょ?」と思いますよね。

しかし、実はあわじ花さじきって入場料が無料なんです!

めちゃめちゃよくないですか?花が綺麗でデートスポットにもなるオシャレな場所が無料なんです。

なので、皆さんには是非行ってもらいたいです!

ここからは交通アクセスをいくつか紹介したいと思います。

電車・バスで
JR「舞子」駅、山陽電鉄「舞子公園」駅下車、「高速舞子」バス停から高速バスに乗車、「東浦バスターミナル」下車後タクシー利用。
東浦バスターミナルからタクシーで約10分
明石港から
明石港から明石-岩屋航路に乗船、岩屋ポート(岩屋港)下船後タクシー利用。
岩屋港からタクシーで約15分
淡路島内路線バスで
岩屋-洲本(縦貫線)を利用、「東浦バスターミナル」下車後タクシー利用。

あわじ花さじきアクセスマップ

車で
[往路]
神戸淡路鳴門自動車道「淡路IC」を降りる。
・「淡路IC」出口の交差点を直進、県道157号線沿いに南へ約12分(約7km)。
[帰路]
県道157号線を南へ。
・県道71号線を経由、北淡町震災記念公園へ約17分(約10km)
・国道28号を経由、淡路夢舞台(奇跡の星の植物館)・国営明石海峡公園へ約25分(約15km)
・神戸淡路鳴門自動車道「東浦IC」へ約20分(約12km) 経由してハイウェイオアシスへ入場可能
※周辺の道路事情が悪いため、上記往路、帰路をご利用ください。
駐車場
乗用車200台、バス10台が駐車可能。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

お好きな花や行きたい季節はありましたか?

やっぱり私は夏のひまわり畑がいいですね!

このどこにも行けない時期に、溜めて溜めてその時が来たら一気に発散する方法を試してみてはどうでしょう。

ためた分よりももっと楽しくなること間違いなしです!

ここまで読んでいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です