アニメ

ぼくたちのリメイク7話の無料動画(見逃し配信)の視聴方法を紹介!感想・ネタバレ。恋愛に振り回される

Pocket

恋愛に振り回される!ぼくたちのリメイク7話の感想・ネタバレ

2021年8月21日、皆が待ちに待った『ぼくたちのリメイク』の第7話が放送されましたね!

前回の話では、文化祭後、橋場と亜貴の仲は進展するも奈々子は面白くなさそうでした。

そんな中、貫之が家を出て、アルバイトで学費を稼いでいたが、疲労で倒れてしまいました。

それ故に橋場はゲームを作る事を決意します。

恋愛ゲームを作る事になり、登美丘、山科、美早紀、英子にも協力を仰いでもらう橋場。

しかし、恋愛系のシナリオを描いたことがない貫之、歌を一から作ったことがない奈々子、絵が上手く描けない亜貴と問題は山積みでした。

そんな中、きたやま荘にさゆりと言う貫之の彼女が来ました。

そんな『ぼくたちのリメイク』の第7話の感想・ネタバレについてお話していこうと思います。

宜しければご覧ください。

 

【ぼくたちのリメイク】

をみたい方はこちら!

↓↓↓

 

 

ぼくたちのリメイク第7話の感想

ぼくたちのリメイク 第7話 感想:日増しに大好きアピールがひどくなってチーム運営の危機!

『引用:Google』

7話の感想で印象深かったのは、恋愛要素が強くなってきたところですね。

亜貴と奈々子は橋場に、貫之にはさゆりが接近しています。

しかし、今はゲーム作りをしているので、こんな状況が続くようでは困りものと言えますね。

この事から…。

早く蹴りをつける

と言う事なのでしょう。

好きじゃないとか、恋愛をしている場合じゃないとかきちんと言って、事を収めるべきだと思います。

このままだらだら引き延ばしたら、英子じゃありませんが最悪と言わざるを得ません。

ぼくたちのリメイク 7話 感想】 幸せをお願いされちまったら、受けるしかねえよなぁッッ??? : アキブラ

『引用:Google』

さゆりは橋場を呼び出し、貫之の事を心から心配している事を話し、本当にゲームは売れるのかと聞きます。

対する橋場は問題ないと答えました。

この事からも…。

絶対に売れると言う自信がある

という事なのでしょうね。

橋場がああいうのだから絶対売れると思っているのでしょう。

貫之、奈々子、亜貴の力があれば、絶対に売れると確信しているのだと思います。

ぼくたちのリメイク第6話のあらすじ

ぼくたちのリメイク】第6話 感想 金と経験値をまとめて稼ぐ! : あにこ便『引用:Google』

橋場と亜貴は文化祭以降距離を縮めていましたが、奈々子は面白くなさそうでした。

そんな中、貫之は疲労と寝不足で倒れてしまいます。

貫之は医者の家系に生まれたが、後を継ぐ事を拒んで出ていき、アルバイトで学費を稼いでいたが無理が祟ってしまったのです。

橋場はゲームを作る事を決意し、貫之はシナリオ、奈々子は歌、亜貴は絵、自分はサポートに回る事にします。

恋愛系のゲームを作る事になりましたが、その内容を見た奈々子は赤面しました。

何だかんだで多くの人達の協力を得て、ゲームを作っていくがそう言う関連のシナリオを作った事はない貫之、自分自身で作曲したことがない奈々子、思い通りの絵が描けない亜貴と前途多難の状況でした。

そんな中、ベレー帽をかぶった女性がやって来ました。

その女性は貫之の恋人のさゆりでした。

ぼくたちのリメイク第7話のネタバレ

ぼくたちのリメイク】第7話 感想 愛のシェアハウス : あにこ便『引用:Google』

さゆりが来た日の夜、皆ですき焼きを食べる事になりました。

さゆりは貫之の幼馴染で、将来結婚する予定であり、今回貫之を実家に連れて帰ろうとしていたのです。

さゆりは肉を貫之に食べさせようとしており、亜貴と奈々子も橋場に食べさせようとしたので、2人は苦笑いします。

翌朝、貫之は橋場にさゆりは自分の事を気にかけてくれた姉的存在で、恋愛感情を持てない事を吐露。

そして来ないようにしようと貫之だが、さゆりはそんなのお構いなしでやって来ます。

冬休みに入り、貫之はシナリオを描き上げました。

メロディーの方も奈々子が何とか終わらせたのです。

亜貴も絵の方は大分順調に進んでいましたが、エロシーンの事で話を振って来たので橋場はタジタジになります。

英子にも進捗について報告し、クリスマスには亜貴と一緒に買い物しました。

年が明け、橋場達は初詣に出かけました。

そしてゲーム作りも、時間は足りないながらも順調に進んでいきます。

しかし、さゆりが貫之の事を誘惑してきたり、亜貴が橋場と写真撮影するのに2人きりになったり、そのせいで奈々子が不機嫌になって抱き着いてきたりと問題も発生して来ました。

その事を英子に相談すると、彼女は本来そのままにするのは良くないが、今の状況から出来るだけ距離を取るようにした方がいいと告げます。

そして橋場は貫之と話し合いをしていると、さゆりが早く実家に帰るように言うも、貫之にその気はありませんでした。

暫くさゆりは来なかったが、ある日橋場を呼んで2人だけで話をします。

さゆりはまず橋場は貫之と愛し合っているのかと聞くと、橋場は即否定しました。

続けてさゆりは貫之は実家を継いだほうが幸せなのに、将来的にどうなるか分からない今の仕事をしている事に納得しておらず、本当に幸せなのかと思っているのです。

対する橋場は今の仕事が貫之にとって幸せなら問題ないし、今作っているゲームも売れると言います。

取りあえず理解したさゆりは引き下がる事にしました。

まとめ

2021年8月21日に『ぼくたちのリメイク』の第7話が放送されましたが、恋愛要素が絡んできましたね。

仕事ごとにそう言うのを持ち込まれるとかなり面倒な事になってきますよね。

しかし、何とか何らかの形で決着はつけてほしいです。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です