アニメ

フェルズがガイコツになった理由は!?ダンまち3期 4話の感想・ネタバレ

Pocket

フェルズがガイコツになった理由は!?ダンまち3期 4話の感想・ネタバレ

2020年10月23日の深夜から『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているのだろうかⅢ』第4話「遠い夢(アコガレ)」が放送されましたね!

今回は『異端児(ゼノス)』の正体がなんなのか、そして『異端児(ゼノス)』の目的がなんなのかが分かった回となっていましたね。

そんな『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているのだろうかⅢ』第4話「遠い夢(アコガレ)」の感想・ネタバレについてお話ししていこうと思います。

宜しければご覧ください。

ダンまち3期 4話の感想

第4話「遠い夢(アコガレ)」

なぜ地上に出たい?

ダンジョンの意思とは!?

ウィーネのピンチ!?

フェルズの賢者

ダンまち3期の前回(3話)のあらすじ

オラリオの街中にモンスター(ウィーネ)が出現したことでパニック状態に陥り、街の人がギルドに押し寄せてきて、ギルドメンバーは人手が足りず困っていた。

そんな忙しい状況のなか、ベルの専属だったエイナはギルド長に呼ばれ、ベルに緊急ミッションの発令を伝えに向かった。

ベルに緊急ミッションの指令書を渡し、追い詰められたベルの顔をみて相談して欲しいと言うが断られてしまう。

ヘスティアファミリアに戻ったベルはウィーネを連れて20階層までと言う緊急ミッションのことをメンバーに伝え、ヘスティア以外のファミリアメンバー全員で20階層へ向かうことになった。

ベルたちがダンジョンへ向かい、一人になったヘスティアは、緊急ミッションの指令書に書いてあった神にしか読めない文字でウラノス に呼び出されていた。

一方、20階層に到着したベルたちは、ウィーネと同じように理性のあるモンスターの群れに襲われてしまう。

理性のあるモンスターたちからウィーネを守りながら戦うベルたちは苦戦しながらも勝利することができた。

しかし、敵だと思っていたモンスターたちは「同胞を匿っていた連中がどう言う冒険者なのか知りたかっただけ」とベルたちに話し、和解した。

ウラノスはヘスティアに、理性のあるモンスターは『異端児(ゼノス)』と呼ばれる生物だと言い、その『異端児(ゼノス)』を支援していることを話した。

さらに、ウラノスはヘスティアファミリアが、モンスターと人間が共存する世界への希望になって欲しいと頼んだ。




ダンまち3期 4話のネタバレ

第4話「遠い夢(アコガレ)」

 

『異端児(ゼノス)』たちと宴をすることになったベルたちだったが、いまだに割り切れず宴を楽しめていなかった。

友好的に接してくる『異端児(ゼノス)』たちだったが、その中にも人間とは相入れない『異端児(ゼノス)』もいた。

そんな話をしていたベルとリドのところにリリとヴェルフがやってきて、『異端児(ゼノス)』たちにギルドが支援しているのは本当なのかを問う。

リドはそれを肯定しながらも、ギルドではなくあくまでもギルドの主神ウラノスに支援してもらっていることを明かし、今回のミッションもウラノス の指示だと話した。

一方、ヘスティアは『異端児(ゼノス)』たちが地上に出るための架け橋になって欲しいと言うウラノスに対し、現在の『異端児(ゼノス)』を匿っている状態が人に知られれば、自分の眷属たちの居場所がなくなってしまうと話した。

 

 

イケロスファミリアを監視していたヘルメスファミリアだったが、イケロスファミリアの団長・ディックスの手によって巻かれてしまい、ディックスはさらに『異端児(ゼノス)』を追い求めるようになってしまう。

宴をしていたベルたちだったが、そこへ賢者を名乗るウラノスの部下のフェルズがやってきて、ここ数日間ベルたちを監視していたことを話した。

そして、ダンジョンには隠れ里と呼ばれるモンスターが生まれない場所があると話し、『異端児(ゼノス)』たちはそこを転々としていると言う。

リリが『異端児(ゼノス)』たちの目的について質問すると、地上への進出だと言い、前世の記憶が時々脳裏をよぎり、それに憧れているとはなした。

そして、冒険者やモンスターのどちらからも狙われる『異端児(ゼノス)』たちを産んだダンジョンだけは見方で、隠れ里などを作ってくれたと考えていることを話す。

リドはベルたちに協力して欲しい訳じゃなく、ベルたちのように話の通じる人間もいることが分かったのが嬉しかったと話した。

 

ヘスティアは『異端児(ゼノス)』が生まれる理由をウラノスに聞くと、モンスターが死んだ後の魂は母なる迷宮(ダンジョン)へ帰り、その魂が生まれかわり、記憶が少し残ったのが『異端児(ゼノス)』だと言う。

 

宴を終え、地上に帰ろうとするベルたちと一緒に帰ろうとするウィーネだったが、地上に戻るとベルたちが酷い目に合うと言われ泣きながら別れることになった。

ベルたちがきたことで他の冒険者に隠れ家を知られた可能性を考慮し、違う隠れ里へ移動することになる。

その移動中に急にウィーネが同本の叫び声が聞こえると言い、少人数のメンバーで助けにいくことになり、急いで向かう。

他の場所にいた『異端児(ゼノス)』たちは危ないから合流するまで待て、と言われるが同胞の苦しむ叫び声に耐えられず、少人数で助けに行ってしまう。

叫び声の聞こえた場所についたウィーネたちだったが、それは、イケロスファミリアの罠で、何体かイケロスファミリアに殺されてしまった。




まとめ

今回は2020年10月23日の深夜から放送された『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているのだろうかⅢ』第4話「遠い夢(アコガレ)」についてお話ししました。

『異端児(ゼノス)』たちとウラノスの関係性がわかり、謎だったフェルズについてもわかり、かなり大事な話となっていましたね。

いよいよ戦闘が始まりそうで、次回のダンまち3期の5話が楽しみになってきました!

次回からの展開に期待して次週を楽しみに待ちましょう。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です