EDENS ZERO

シキはマザーと深い関係にある!?アニメ EDENS ZERO 1話の感想とネタバレ

Pocket

フェアリーテイルやレイブでお馴染みの真島ヒロ先生の最新作「EDENS ZERO」がアニメ化されました。

記念すべき第1回は、主人公シキを中心に取りあげていきたいと思います。

よろしければご覧ください。

 

 

【EDENS ZERO】

をみたい方はこちら!

↓↓↓

 

 

アニメ EDENS ZERO 1話の感想

 

ん~初回から涙涙の展開でしたね。

1回目からこれだと、あと何回泣いてしまうのかちょっと不安になります。

ギャグあり、バトルあり、涙ありとテンコ盛りの初回。

これから始まるシキの冒険が本当に楽しみになりました。

 

シキは友達100人作ることを目標にしますが、これだとすぐに達成できそうですね。

初めて会った人間のレベッカにも、すぐに友達になってくれと言っていましたし・・・

 

エーテルギアとは?

 

シキが使っていたエーテルギア。

本編でも説明されていましたが、ここではもう少し詳しく探っていきたいと思います。

ここからはネタバレを含みますので、閲覧にはご注意ください。

 

エーテルギアを説明する前に、まずはエーテルとは何かについて取り上げたいと思います。

エーテルとは「あらゆる力の源で、人間のみならず機械や樹木など、全てのものに流れている力」のことを指します。

エネルギーのようなイメージです。

 

それに対してエーテルギアは「体内にあるエーテルの流れを、機械のように組み替えて力にする暗黒時代の力」のことを指します。

誰にでも備わっている能力ではなく、ごく一部しか持っていません。

 

使い手によって発揮される能力は様々です。

例えば主人公のシキは、重力を自在に操る力。

レベッカは時間を巻き戻す能力。

他にも風を操ったり、他の物質に変える力だったり、人の位置を観測できる力、何ていうのもあります。

しかしこの力にも弱点があります。

それは手の自由が奪われると、能力が使えなくなるのです。

 

シキとはどんな人物なのか?

 

主人公シキは、ロボットたちの国・グランベルにいるたった1人の人間です。

その出自は明らかにされておらず、謎が多いキャラクター。

そこで、シキとはどんな人物なのかについて、深掘りしていきたいと思います。

 

実はシキは惑星グランベルの出身ではありません。

魔王ジギーに拾われ、機械だけの国グランベルで育てられたのです。

しかしどこで生まれたのか、両親は誰なのか、どういった経緯でジギーに拾われたのかといったことは、明らかにされていません。

ただ、ジギーがどんな願いでもかなえる「マザー」に会う夢を捨ててまで、グランベルでシキを育てる道をジギーは選んでいます。

しかもジギーが乗っていた宇宙戦艦「エデンズゼロ」や、そこに乗っていたアンドロイド「魔王四煌星」から記録が消去されているのです。

これらのことから、シキの出自は冒険の目的である「マザー」に深く関わっているのではないでしょうか?

 

次はシキの性格について探っていきたいと思います。

シキの性格は分かりやすいですね。

喜怒哀楽がハッキリしていて、自分の気持ちをストレートに表現します。

初めて見たドラゴンに目を輝かせたり、グランベルから旅立つ時には仲間との別れに号泣したり・・・

本当に裏表のない性格ですね。

 

ただ、虫は大の苦手。

虫を見かけただけで、パニック状態になってしまいます。

1話でも虫を見て、レベッカのスカートの中に隠れようとしましたし・・・

(なぜそこに?と思ってしまいましたが)

とにかく虫が苦手なシキ。

虫だと思い込むと、エビでも食べられなくなるようです。

 

シキの能力について

 

シキはエーテルギアに使い手であることが分かりました。

ではその能力は一体どんなものなのでしょうか?

ここではシキの能力に迫ってみたいと思います。

 

シキは重力のエーテルギア「サクラグラビティ」を魔王から引き継ぎました。

その能力は重力を自在に操れる力。

宙に浮いたり、重力を加速させて横方向に高速移動したり、物体に重力を乗せて攻撃することも可能です。

それだけではなく、重力という概念すら超える力もあるようです。

例えば、痛みを軽減させたり、他人の記憶を引き寄せて自分の中に落とすこともできます。

 

次はシキが使う技について、紹介していきたいと思います。

 

・魔械流 重拳  拳による打撃に重力を加えた攻撃。

・魔械流 重心  物体に重力を加える技。自分にも有効。

・魔械流 重力波 重力で相手を引き付ける技。

・魔械流 重旋脚 重力を加えた蹴り技。

・魔械流 重弾  重力を相手に向かって飛ばす技。

・魔械流 重彗星 重力を使って彗星のように落下しながら、相手を叩きつける攻撃。

・魔械流 グラビティインパクト  

         相手の運動エネルギーを重力に変換し、1点に集中させて攻撃する。

・魔械流 星崩し(メテオブレイカー)

         オーバードライブ状態で、拳に強大な重力を纏わせ、星が堕ちるように         放つ攻撃。      

 

ここで取り上げたのは重力を利用した技ですが、これから重力の本質を利用した必殺技もこれから出てくるのではないでしょうか。

 

アニメ エデンズゼロ 1話のネタバレ

 

幼いシキが空を見上げていると、彗星が駆けていきました。

魔王は「いつかここを出て、たくさんの友達を作りなさい」と告げます。

友達が何かピンと来ていないシキ。

魔王はこの世で一番大切なものだと教えます。

 

グランベル王国に、レベッカとハッピーがやって来ました。

100年ぶりのお客に、国を挙げて歓迎します。

ところが話についていけず、しかもマイペースなレベッカにロボットたちは困惑気味です。

 

レベッカはイベントがないか聞くと、クエストを紹介してくれました。

早速2人が向かうと、姿を現したのは猫型のモンスター。

しかしすぐに崩れ落ちてしまいました。

よく見るとモンスターの上に、人間が乗っていたのです。

 

2人に気付くと、興味津々な目でレベッカの体を触ります。

激怒したレベッカは、蹴り飛ばしてしまいました。

その後もおかしな言動をするので、ヤバいと思い始めます。

すると、目を怒らせながらレベッカに近づいてきました。

殴られると目をつぶった次の瞬間、手を出してきたのです。

「友達になってくれ」と。

散々失礼なことをされたレベッカは、殴りつけて離れていきました。

 

酒場で話を聞くと、その人はシキというらしく、この国たった1人の人間だそうです。

そこへシキが現れ、みんなを紹介しました。

楽しそうに話す姿を見て、悪い子ではないとレベッカは思い直します。

互いに自己紹介をし、改めて友達になってほしいというシキ。

しかし、レベッカの返事は「考えさせて」。

その答えにショックを受けるシキなのでした。

 

レベッカと食事中、急に爆睡するシキ。

ふとレベッカは「何でこんなところに人間が1人で」と思っていると、マイケルが答えてくれました。

シキは10年ほど前に魔王に拾われ、孫のように育てられました。

どこで拾ってきたかもわからず、懐いているので一緒に暮らしてきたのです。

 

翌朝シキが目を覚ますと、悲鳴が聞こえてきました。

見るとレベッカたちが縛られていたのです。

そこへ城主が現れ、船を奪って人間に復讐すると言い出しました。

周りのロボットたちも、同じようにシキたちを敵だと言います。

そして一斉にシキへと襲い掛かったのです。

 

余りに酷い仕打ちにレベッカは涙します。

その涙を見たシキはエーテルギアを発動させ、友達を吹き飛ばしたのです。

そして城主へ向かっていくシキ。

自分の為に涙を流したレベッカの為に戦うことを決意します。

 

魔械流・重拳で城主を倒したシキ。

しかしロボットたちはシキと敵対したままです。

シキはレベッカに船の方向を聞き、エーテルギアの力で飛んでいくことにします。

レベッカたちを無事船に送り届け、ここに残ることにしたシキ。

レベッカはシキを放ってはおけず船に乗せます。

 

しかしこのロボットたちの反乱は全てお芝居でした。

自分たちの寿命が尽きる前に、シキを宇宙へ旅立たせるために・・・

心優しいシキは、こうでもしないとみんなを修理すると言いかねないから。

魔王との約束を果たし眠りにつくロボットたち。

こうして惑星グランベル全ての機会は機能を停止しました。

そしてシキはグランベルを離れ、宇宙へと旅立っていったのです。

 

まとめ

 

今回はシキについて取り上げてきましたが、いかがだったでしょうか?

ここまでをまとめると、

・エーテルギアはエーテルを組み替えて力にする能力。

・シキは魔王に拾われ育てられた。出自は不明。

・シキの能力は重力を操る力。

 

広い宇宙へと旅立ったシキ。

ここからシキの冒険が始まりますが、どんなことが待ち受けているのでしょうか?

どんな展開になるのか期待です。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

 

【EDENS ZERO】

をみたい方はこちら!

↓↓↓

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です