EDENS ZERO

レベッカ・ブルーガーデンとは?アニメ EDENS ZERO2話の感想とネタバレ

Pocket

EDENS ZEROは主人公シキが、願いを何でも叶えてくれるという「マザー」を目指す、宇宙を舞台にした冒険の物語です。

今回はこの物語のヒロイン、レベッカ・ブルーガーデンについて取りあげていきたいと思います。

よろしければご覧ください。

 

 

【EDENS ZERO】

をみたい方はこちら!

↓↓↓

 

 

アニメ EDENS ZERO 2話の感想

 

いや~色々と衝撃を受けた2話でした。

ハッピー、ロボットだったんだ~

銃に変形するんだ~

っていうか、2丁拳銃になるの!?

しかもレベッカ豹変してるし・・・

それになぜ「ぜよ」?どうして土佐弁になるの!?

ツッコミどころ満載の2話でした。

 

レベッカ・ブルーガーデンとは?

 

レベッカ・ブルーガーデンはEDENS ZEROのヒロイン。

アニメから見始めた人は、どんな人物かまだ分からないと思います。

そこで、ここではレベッカ・ブルーガーデンの人物像について、深掘りしていきたいと思います。

ここからはネタバレを含みますので、閲覧にはご注意ください。

 

レベッカは主人公のシキと同じく、出身地や両親が誰なのか分かっていません。

なので、ファミリーネームが「ブルーガーデン」となっていますが、住んでいた惑星ブルーガーデンから取ったようです。

2話の回想シーンにもあったように、レベッカは幼い時に両親と別れています。

そして同じく一人ぼっちで彷徨っていたハッピーと出会ったのです。

こうして一緒に暮らしていくことになります。

 

レベッカの職業はB.キューバ―。

「AONEKOチャンネル」を開設しています。

今でいうとユーチューバーのような感じです。

動画配信で生計を立てているようですが、登録者数100人で生活できるのかちょっと疑問ですね。

こんな状態なので、有名B.キューバ―のラビリアからは「底辺B.キューバ―」と蔑まれています。

 

レベッカは素直で明るい性格の持ち主。

天真爛漫といった感じで行動力もあります。

100年間誰も訪れることがなかった「惑星グランベル」へ、面白い動画が取れそうというだけで行ってしまうのですから・・・

ただ、怒ると表情が一変して口調もガラッと変わります。

目が吊り上がり、語尾が「~ぜよ」になって、言葉が若干汚くなってしまうのです。

でもシキと同じく友達思いで、普段バカにしてくるラビリアが敵に捕まった時には、今までのことを水に流して救けに行きます。

 

生い立ちに謎があるなど、主人公のシキと共通点が多いレベッカ。

彼女もこの物語の重大な秘密に関わっているかもしれないですね。

 

レベッカ・ブルガーデンの能力は?

 

今はまだ凄腕スナイパーという感じのレベッカですが、実は後に凄い能力を開花させます。

ここではその能力について、探っていきたいと思います。

 

レベッカは2話の時点では、エーテルギアを使うことはできません。

しかしこの後「エデンの湯」に浸かることで、エーテルギアの能力に目覚めるのです。

 

レベッカのエーテルギアは「キャットリープ」。

タイムリープする力です。

タイムリープとは、過去や未来へ瞬時に移動すること。

ただし、自分が存在しない過去や未来へ行くことはできません。

 

レベッカは最初この能力を、スピードを上げる能力だと勘違いしました。

というのもこの段階では、真の力を発揮していないからです。

このときは足にエーテルを集中させ、スピードとキック力を増大させただけです。

レベッカのエーテルギアが持つ本当の能力は、先程も書いたようにタイムリープ。

時を遡って過去をやり直すことができる能力です。

 

実はこのタイムリープを、レベッカは無意識に行っていました。

元々タイムリープの素質を持っており、エーテルギアで覚醒したという感じでしょうか。

無意識で行っていた時とは違って、エーテルギアでのタイムリープは、それまでの記憶を持って過去に飛ぶことができます。

なので失敗を教訓にして、敵を倒すことに成功しました。

まだタイムリープを使いこなせず、自由に時を遡ることはできません。

 

この他にも、「リバース」という能力があります。

これは少しだけ時を戻すことができる能力です。

1度ある地点に戻ると、それ以上過去へ戻ることはできません。

また体への負担が大きく、連続使用もできません。

 

「この力は宇宙を救う力になるかもしれない」とも言われているので、これからのレベッカに注目ですね。

 

アニメ EDENS ZERO 1話のあらすじ

 

惑星グランベルに100年ぶりのお客様が来ました。

レベッカとハッピーです。

彼女は動画映えするイベントがないか尋ねました。

それならとモンスター討伐イベントを紹介。

 

モンスターを探していると、大型の猫ロボットが姿を現しました。

しかし、すぐに崩れてしまったのです。

乗っていた男の子が下りてきて、レベッカの体を触りまくります。

その子はシキと言って、グランベル唯一の人間。

初めて会った人に興味津々のようです。

 

度重なる失礼な言動にレベッカはブチ切れ。

シキを遠くへと蹴り飛ばしてしまいました。

ですが仲間と楽しく話す姿を見て、悪い子じゃないと思い直します。

 

翌朝レベッカが目を覚ますと、何故か柱に縛られていました。

ロボットたちが反乱を起こしたのです。

「人間に復讐する」そう言って彼らはシキに襲い掛かります。

まだ友達だと思っているシキは抵抗しません。

一方的にやられているシキを見てレベッカは涙します。

「友達に人間も機械も関係ない」と。

 

その涙を見たシキは、ロボットたちと戦う決意します。

魔王から受け継いだエーテルギアを使って城主を倒したのです。

そしてレベッカたちを船のところに連れて行きます。

まだ追いかけて来るロボットたち。

シキはここに残ると言いますが、レベッカはシキを連れていきます。

 

しかしロボットたちの反乱は全て演技でした。

全ての機械の寿命が尽きる前に、シキを宇宙へ旅立たせるために・・・

こうしてシキは広い宇宙へと旅立っていったのです。

 

アニメ EDENS ZERO 2話のネタバレ

 

レベッカと共に旅立ったシキ。

まずは冒険者として登録するため、惑星ブルーガーデンに向かいます。

 

ブルーガーデンに着いたシキたちは、早速「流星の灯」へとやって来ました。

ここで冒険者として登録できるようです。

初めて見る大勢の人に興奮するシキ。

すぐに触りに行こうとするので、レベッカが慌てて止めます。

 

ふとシキはあるものに見とれます。

マザーのホログラムです。

そのホログラムに向かって願い事をするシキ。

「またマイケルと友達に・・・」

レベッカはそっと、これがホログラムであることを伝えます。

 

ホログラムを見ていたシキは、マザーに会ったことがあるとつぶやきます。

みんなに笑われ恥ずかしくなったレベッカは、シキを連れて外へ出ます。

外へ出た途端、ハッピーが連れ去られてしまいました。

エーテルギアを使って追いつくと、魔械流重心でバイクを破壊。

そこへ男の兄貴分とその仲間がやって来ます。

レベッカも追いついてきました。

 

シキがエーテルギアを使って子分を投げ飛ばすと、兄貴分の二パがマシンガンをぶっ放してきました。

そんな中でハッピーを捉えていたカプセルが割れ、レベッカはハッピーを抱きしめました。

そしてハッピーは銃に変形。

レベッカはエーテル弾を全てヘッドショットで命中させます。

 

二パも銃を変形させ、最大火力でレベッカを狙ってきました。

そこへシキが現れ、レベッカを空中へ逃がします。

その状態のまま二パへ集中砲火を浴びせたのです。

逃げ出す子分たち。

最後の一人も後ろ向きのまま仕留めました。

どうやらボディーガードは必要ないみたいです。

事件が片付き、冒険者の登録へと向かいます。

 

まとめ

 

ここまでレベッカを中心に取り上げてきましたが、いかがだったでしょうか?

ここまでをまとめると、

・レベッカの出自はシキ同様不明。B.キューバ―として生計を立てている。

・レベッカのエーテルギアの能力はタイムリープ。

物語の最後に出てきた女性はいったい何者なのでしょう?

シキたちに会いに行くようですが・・・

その目的は何なのでしょうか?色々と気になります。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

 

【EDENS ZERO】

をみたい方はこちら!

↓↓↓

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です