EDENS ZERO

シャオメイはマザーに会っていた!?EDENS ZERO 4話の感想とネタバレ

Pocket

EDENS ZEROは主人公シキが、願いを何でも叶えてくれるという「マザー」を目指す、宇宙を舞台にした冒険の物語です。

今回は冒頭に出てきたシャオメイについて、深掘りしていきたいと思います。

よろしければご覧ください。

 

【EDENS ZERO】

をみたい方はこちら!

↓↓↓

 

 

EDENS ZERO 4話の感想

 

若い頃のワイズ博士、かなり悪い人間だったようですね。

窃盗団に入っているわ、抜けた後も盗みをやるわ・・・

「どんなに貧しくても盗みだけはいかん」

そうワイズ博士は言っていましたが、50年の間に何があったのでしょうか?

若い頃のワイズ博士からは想像もできません。 

何があったのか気になりますね。

 

シャオメイとは?

 

今回、物語の語り部して登場したシャオメイ。

彼女は一体どんな人物なのかについて、探ってみたいと思います。

ここからはネタバレを含みますので、閲覧にはご注意ください。

 

シャオメイは時の惑星・ミルディアンに住む伝説の占い師。

彼女は「知識の宮殿」におり、銀河の全てを知っています。

なので初めて会うシキたちの名前も、あらかじめ知っていました。

それだけではなく、来る時間・目的さえも知っています。

なぜそんなことが可能なのでしょうか?

それは彼女が持つ力に秘密があります。

 

彼女が持つ「時詠み」の力は、銀河で起こる全てのことを知ることができる能力。

そして、その力はマザーから授かった力だったのです。

という事はマザーに会ったことがあるはず。

しかしシャオメイは、時詠みの力と引き換えにマザーの居場所や、それを知る権限を失ってしまいました。

マザーは自分の力で探さなけれないけないようです。

 

それにしてもシャオメイの願いが、全ての事を知ることだったとは・・・

彼女は学者だった可能性もありますね。

 

惑星ミルディアンとは?

 

時詠みのシャオメイがいる惑星ミルディアンには、不思議な現象が起こっています。

ここでは惑星ミルディアンの秘密に迫ってみたいと思います。

 

惑星ミルディアンでは、時の流れが止まっているのです。

と言っても川は流れているし、雲も動いています。

星も流れていました。

動物はいませんでしたが、いれば普通に生きているでしょう。

シキたちも普通に動くことができました。

なのに時が止まっているとはどういうことなのでしょうか?

 

この星だけで見れば時間は流れています。

しかし、相対的に見ればこの星の時間は止まっているのです。

どういうことかというと、この星にいる間だけ時間の影響を受けません。

惑星ミルディアンを離れれば、来た時と同じ時間が続いていくのです。

 

ドラゴンボールでいう「精神と時の部屋」みたいな感じですね。

悟空がここで修業すれば、最強になること間違いなしです。

 

EDENS ZERO 3話のあらすじ

 

ギルドへと戻ってきたシキたち。

そこへ有名なB.キューバ―のラビリアが通りかかりました。

レベッカとは知り合いのようです。

ですが「底辺B.キューバ―」とバカにします。

 

立ち去ろうとするラビリアをシキが捉まえます。

エーテルギアをつかって、逆さのまま宙に浮かせたのです。

叫び声をあげるラビリア。

レベッカはシキの首元を掴んで引きはがします。

手が離れ落下するラビリア。

鼻から血を流しながらも、シキに興味を覚えます。

 

食事をしにレストランに来たシキたち。

話をしていると、ラビリアの噂が聞こえてきました。

どうやら新しい動画が出たようです。

彼女の動画は面白く、そこはレベッカも認めている様子。

シキは「アイツより凄い動画を作れる方法がある」と言い出します。

マザーに会って、願いを叶えてもらうまでを動画にするというのです。

これで冒険の目的が決まりました。

 

しかしここで問題が・・・

マザーの所へは、レベッカの船では行くことができません。

そこでワイズ博士を訪ねることにします。

 

惑星ノーマの地下都市へと向かうシキたち。

そこに博士の家があるようです。

行って見ると博士の姿がありません。

と、そこへ見知らぬ男が現れました。

彼の名はワイズ・シュタイナー。

何とワイズ博士だったのです。

 

EDENS ZERO 4話のネタバレ

 

シキたちに銃口を向け、目的を尋ねるワイズ・シュタイナー。

ワイズ博士に会いに来たと答えました。

ですが、なぜかシビルの手下と思われてしまいます。

 

出て行けというワイズ。

と、次の瞬間、上から銃撃を受けました。

シキが重拳で相手を撃退。

その隙にワイズはバイクで逃亡してしまいます。

 

博士はいないわ、襲撃を受けるわで困惑気味のレベッカ。

シキはさっきの男が博士じゃないのかと尋ねます。

しかしレベッカは否定。

でも、どこか似ている気がします。

 

ネットで調べようとしますが繋がりません。

不思議に思っていると、ニュースが流れてきました。

ブル―ガーデンにギルドができたニュースのようです。

その内容に凍り付くレベッカとハッピー。

それもそのはず、ギルドができたのは50年前だからです。

 

外に出たレベッカはさらに驚きます。

街頭ビジョンには「X442」、宇宙歴442年を表しています。

しかし現在は宇宙歴492年のはず。

やはりここは50年前のノーマのようです。

 

となるとさっきの男はワイズ博士。

しかし追うわけにはいきません。

過去では何もしてはいけないからです。

 

と、そこへシビルたちが現れました。

逃げるシキたちに、ミサイルが迫ります。

エーテルギアの力で躱すシキ。

先回りしたシビルがパンチを繰り出します。

重拳で跳ね返すシキ。

相手が倒れている隙に逃げ出しました。

 

バーに来たシキたち。

そこへワイズが現れました。

レベッカが状況を説明しますが、信じてもらえません。

とりあえず、シビルの仲間ではない事は伝ったようです。

 

シビルのことを尋ねると、これ以上首を突っ込むなと釘を刺されます。

未来から来たなら尚更、と。

ワイズが振り返ると、盗んだケースがありません。

慌ててケースを探すワイズ。

それはシキが盗んでいました。

次の瞬間、シキは天上から落ちてしまいます。

急に力が入らなくなったからです。

と、ケースが開き、中から「ピーノ」というロボットが現れます。

すると辺りの電気が落ちてしまいました。

ピーノの電磁パルスの影響です。

 

ピーノはご主人の声で起きたものの、ご主人はいない様子。

「シビルの事か?」という言葉を聞いて、ピーノはおかしくなります。

怯えた様子で、出て行ってしまいました。

ワイズは金儲けに利用できると、後を追っかけていきます。

 

とりあえず船に戻り、ブールガーデンに戻ることにしたシキたち。

シキの手には先程のケースとB.キューブが・・・。

レベッカが取り上げようとするとキューブが起動。

そこにはシビルがピーノをいじめる映像が映っていました。

その様子に激怒するシキ。

ピーノを取り返す決意をします。

 

まとめ

 

ここまでシャオメイを中心に取り上げてきましたが、いかがだったでしょうか?

ここまでをまとめると、

・シャオメイが持つ時詠みの力は、マザーから授かった。

・惑星ミルディアンの時は止まっており、星から離れると来た時と同じ時間が続いていく。

 

ピーノを助けるため、シビルと戦う決意をしたシキたち。

この先にどんな戦いが待っているのでしょうか?

今後の展開に期待です。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

 

【EDENS ZERO】

をみたい方はこちら!

↓↓↓

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です