EDENS ZERO

ワイズの新たな力とは!?EDENS ZERO 6話の感想とネタバレ

Pocket

EDENS ZEROは主人公シキが、願いを何でも叶えてくれるという「マザー」を目指す、宇宙を舞台にした冒険の物語です。

6話でワイズも、エーテルギアの使い手であることが判明します。

そこで今回はワイズを中心に取り上げていきたいと思います。

よろしければご覧ください。

 

 

【EDENS ZERO】

をみたい方はこちら!

↓↓↓

 

 

EDENS ZERO 6話の感想

 

今回は謎が残る回でしたね。

エルシーがいる部屋にシキが辿り着きますが、部屋にいたのは姿を似せたガイコツ。

という事は本物のエルシーは、宇宙戦艦にいないことになります。

本物はどこにいるのでしょうか?

気になりますね。

 

最後に出てきたガイコツも印象的。

しゃべっていたこともあり、すっかり騙されてしまいました。

振り返って、目がキラーンと光る姿は不気味でした。

きれいな赤髪にガイコツとは・・・

 

ワイズは新たな力を手に入れる?

 

今回明らかになったワイズの力。

ワイズの力は後にパワーアップすることになります。

ここではどのような力を手に入れるのかについて、紹介していきたいと思います。

ここからはネタバレを含みますので、閲覧にはご注意ください。

 

ワイズの新たな力を取り上げる前に、今の能力を振り返ってみたいと思います。

ワイズが持つエーテルギアの力は「マキナ・メイカー」。

機械を自在に改造できる能力です。

物知りのロボットに力の使い方を教えてもらい、3年かかって会得しました。

 

その後ワイズが手に入れたのは「アーセナルスーツ壱式(いちしき)」

ハーミットが開発した、特殊武装外骨格です。

このスーツを着ることで、ワイズの改造する力を引き出すことができるのです。

状況に合わせ、武器を改造することが可能になりました。

ただし、アーセナルスーツはエーテルの消費が激しく、長く戦うことはできません。

 

エーテルの残量が無くなると同時にスーツも消えてしまうため、注意が必要です。

初めて使ったときは、レベッカの前で裸になってしまいました。

エーテルの残量をうまくコントロールしないと、恥ずかしい目に遭ってしまうのです。

 

現在のシビルはどうしているのか?

 

50年前のシビルは警察に捕まりましたが、現在のシビルはどうしているのでしょうか?

ここでは現在のシビルについて、探っていきたいと思います。

 

現在シビルはベリアル・ゴアでバーを営んでいます。

ベリアル・ゴアとは、悪党の巣窟・ギルストの1区画だった場所。

巨大な戦艦で、戦艦自体が都市になっています。

 

シビルは昔の面影はあるものの、威圧的な雰囲気はなく穏やかな印象。

髪形は変わっていませんでしたが、シワができ髭も生えています。

一番変わったのは目元でしょう。

吊り上がっていた目が垂れ下がり、おじいちゃんという言葉がピッタリな顔に。

 

変わったのは顔だけではありません。

シキたちを安全なところに匿ったりと、すっかり良い奴になっていました。

年を取って丸くなった感じです。

シキたちも驚いていましたが、人って変われば変わるものだなとつくづく思いました。

 

EDENS ZERO 5話のあらすじ

 

ピーノを取り戻すため、シビルのアジトへ向かうシキたち。

アジトではワイズが、ピーノを取り戻していました。

そこへシキたちが乱入。

シキは重力波と重拳乱舞のコンボで手下を倒します。

戦っている隙に逃げ出すワイズ。

 

追いかけるシキたちに鉄の塊が・・・

レベッカを突き飛ばして逃がしますが、シキは鉄の塊の下敷きに。

ナイトギアに乗り込み、ワイズを追うシビル。

フットブラザーズに、レベッカを捉えろと命じます。

 

地下に落ちたシキ。

マイケルと似たロボットを見つけ、必死に直そうとします。

ですが直せずに寿命を迎えてしまいました。

「あなたに会えてよかった」

そう言葉を残して旅立ちます。

 

フットブラザーズと戦うレベッカ。

鋼鉄の足に苦戦します。

そこへシキが戻り、重旋脚で仕留めたのです。

シキはすぐさまピーノたちの元へ向かいます。

 

ナイトギアに追い詰められるワイズたち。

ピーノにEMPを使うよう頼みますが断られます。

ミサイルを放とうとするナイトギア。

その時シキが操縦席にいたシビルを蹴り落としたのです。

さらに拳を命中させ、落下するシビル。

 

ところが強化アームで拳を地面に叩きつけ、その反動でシキにパンチを当てます。

吹き飛ばされるシキ。

痛みをこらえながら、シビルに魔械流重弾を叩き込んだのです。

 

シビルを倒した次の瞬間、ナイトギアがシキを拘束。

シキもろとも自爆するようです。

シキのピンチにピーノが立ち上がります。

EMPでナイトギアを止め、自爆を回避しました。

 

シビルを倒しましたが、ピーノは嬉しそうではありません。

シキが優しい言葉をかけ、ピーノはようやく笑顔を見せたのでした。

 

EDENS ZERO 6話のネタバレ

 

シビルたちは全員捕まり一件落着。

ハッピーはピーノに質問します。

自分と同じ時代のアンドロイドが、なぜ50年前の世界にいるのかと。

記憶を消され答えられないピーノ。

ご主人に会えれば、思い出せそうだと言います。

レベッカはご主人に心当たりがあるようです。

 

ピーノの最終メンテナンスをしたのはワイズ博士。

元の世界に戻れば、何か分かるかもしれません。

ピーノは記憶を取り戻すため、シキたちについて行きます。

 

船に戻ってきたシキたち。

そこへ警察が追いかけてきました。

惑星の外に逃げようとしますが、雲から先に行けません。

未知の力に押し戻されているようです。

 

ワイズが操船室に入ってきました。

船を渡せば逃がすと、持ちかけてきたのです。

「分かった。この船やるよ」

所有者でもないシキが答え、交渉が成立します。

シキに腹を立てるレベッカ。

ですが「もっといい船を手に入れないと」、と言われ渋々了承します。

 

操縦席に座るワイズ。

エーテルギアを発動させ、リアルタイムで船を改造します。

改造した船で、ノーマを脱出することができました。

 

と、ワイズ博士から通信が来ました。

レベッカを心配してかけてきた様子。

なぜならノーマは進入禁止惑星に指定されたからです。

博士によるとノーマは「時喰み」によって、50年という年月を奪われました。

時喰みに食われた星は時間が巻き戻り、元に戻す方法はありません。

そのため多くのノーマ人が星を出たのです。

 

「ご主人」とつぶやくピーノ。

博士は整備したに過ぎないと答えます。

ご主人は魔王と言っていた気がすると博士は伝えました。

 

ワイズ博士は若い自分を見つけ言いました。

時喰みに喰われた星は新たな事実となる。

どちらのワイズも正しい、と。

どうやら過去のワイズが、現在のワイズ博士に影響を与えることはないようです。

 

電波妨害で、通信が切れてしまいました。

モニターには巨大戦艦が・・・

宇宙海賊が現れ、シキたちの船は拿捕されてしまったのです。

旗を見たレベッカは、恐怖に顔を引きつらせます。

巨大戦艦は七つの海を制した大海賊、エルシー・クリムゾンの物だったのです。

 

エルシーは船を奪い、シキたちを惑星ギルストで売り渡すようです。

ギルストは悪党の巣窟。

レベッカは泣き出してしまいました。

 

そんな中シキは、エルシーの船を略奪すると啖呵を切ります。

驚くレベッカたち。

シキは1人で飛び出していきました。

 

船に着いたシキは、奇妙な生物と遭遇。

体は人間、腕はタコのような形をしています。

奇妙な生物の正体は、擬態型パラサイト・二―テルS4。

シキは興奮しながら、パラサイトを次々と倒していきます。

エルシーがいる部屋に辿り着くと、エルシーの姿をしたガイコツがいたのです。

 

まとめ

 

ここまでワイズとシビルについて取り上げてきましたが、いかがだったでしょうか?

ここまでをまとめると、

・ワイズは後にアーセナルスーツを手に入れ、武器などを自在に変化できるようになる。

・シビルはバーを営み、良い奴になっていた。

 

次回はいよいよエルシーと対決。

(と言っても偽物ですが・・・)

この勝負に勝ち、シキたちは戦艦を奪取することができるのでしょうか?

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

 

【EDENS ZERO】

をみたい方はこちら!

↓↓↓

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です