アニメ

主婦もヤクザも関係なし?ママさんバレー対決!極主夫道 エピソード4の感想・ネタバレ

Pocket

2021年4月8日からNetflixで『極主夫道』が配信を開始しています!

今回はエピソード4についてです。

現在配信されている話数では、ついに折り返しとなりました。

なんだかんだ馴染んでいる…と言うより、馴染みすぎて逆に可笑しい、そんなお話が多かったような?

そんな『極主夫道』エピソード4の感想・ネタバレについてお話していこうと思います。

宜しければご覧ください。

極主夫道 エピソード4の感想

主婦もヤクザも関係なし!?ママさんバレー対決!!

すっかり他の主婦さんらとも仲良くなっていた龍さんは、ある日ママさんバレーに参加していました。

龍さんは掛け声が人一番気迫があり、とても元気な姿が目立ちます!

「ここに玉撃ち込まんかいッ!!」

言い方(笑)

この辺りはいつもの龍さんですねw

その日は後に、別のチームからの誘いでバレーの試合をすることになっていました。

その相手を待っていると、そこに現役ヤクザと思しき見た目の男たちが体育館に突然入ってきます

何事かと見ていると、なんと彼らが今日の試合の相手「くまさんベアーズ」だったのです

チーム名かわいい…

龍さんの参加するママさんバレーチーム対くまさんベアーズの熱い試合が繰り広げられます。

白熱した末に勝利したのはくまさんベアーズでした。

最後には互いに健闘をたたえ合い、集合写真を一緒に撮るのでした。

なんて平和な世界なんでしょう。

一世一代の大勝負!?その名は福引券ッ!!?

ある日、いつもより早く仕事が終わった美久は、帰り道の商店街で買い物中だった龍さんと合流します。

龍さんは何やら大事な勝負があると言うので、美久はそれについて行きます。

金物店やクリーニング店など行く先々で、龍さんは例のモノを求めます。

果たしてその例のモノとは、なんと商店街のスタンプラリーのことでした…!?

その日のスタンプラリーをコンプリートした龍さんと、良かったねと返す美久との温度差w

しかし、龍さんの本当の目的は別にあります。

それは、スタンプラリーとの交換で挑戦できる一世一代の大勝負、福引です!

3等の掃除機を狙い、福引を引きます。

そして引いたのは、5等のぬいぐるみでした。

狙いの3等を引けなかった龍さんに、福引のおじさんは勝ち誇ります。

しかし龍さんは、ぬいぐるみに喜ぶ久美を見て、「嫁さんの笑顔がほんまの1等」だと胸を張るのでした

打ち解けたいお義父さん…。キャッチボールに誘ってみると?

ある日、たまたま家の近くに来ていたということで、美久の両親がやってきます。

急な来訪にも、龍さんはすぐさまおもてなしにカヌレとダージリンを用意します。

おしゃれなおもてなしに、龍さんと美久とお義母さんは3人話が盛り上がります。

しかし、話題について来れないお義父さんは、どうにか龍さんと打ち解けられないかと自分からペットや趣味の話を切り出します

しかし龍さんには、「犬=刑事」や「歌う=自白」と、話が噛み合いません。

なにその誤変換

お義父さんは諦めず、龍さんをキャッチボールに誘います。

お義父さんの投げるボールをキャッチしては、手渡しで返す龍さん。

キャッチボールってのは、そうじゃないんだよ…

お義父さんの説得の末、龍さんもようやくボールを投げ返してくれそうです。

内角低めのスライダー豪速球ッ!!?

お義父さんはギリギリのところでミットで受け止めます。

なんというか、まだまだ普通のキャッチボールもままならない龍さんでした。

極主夫道(エピソード3)のあらすじ

かつて「剛鉄の虎」と恐れられた虎次郎は、刑期を終えて出所するのですが、既に所属していた自分の組は解散していました。

虎二郎は帰る場所もなく、クレープ屋となって働き始めます。

そんなある日、そこへ龍さんと雅がたまたま立ち寄ります。

二人が出会いで一触即発となると、その場で手作りスイーツ対決が始まるのでした。

極主夫道 エピソード4のネタバレ

ある日、龍さんは付き合いのある主婦友だちのママさんバレーに参加していました。

そこへ、おそらくどこかのヤクザグループである男たちのバレーチーム「くまさんベアーズ」がやってくると、交流試合をすることになります。

お互いに譲らないレシーブと激しいスパイクの打ち合いで、試合は白熱します。

激戦の末に「くまさんベアーズ」が勝利しますが、互いの健闘をたたえ合い、最後にはみんなで集合写真を撮るのでした。

まとめ

今回は龍さんが周囲の人たちととても馴染んできている、そんな話がよく見られました。

周りの人も龍さん慣れしてきたという感じで、「くまさんベアーズ」とも仲良くなるママさんバレーチームや、スタンプラリーで「例のもの」発言をする面白い人たちがいたりしました。

それが逆に可笑しいので、龍さんの周りはどこまでいっても面白みが耐えないのかもしれないですね!

また次の回の龍さんがどうなっているか、とても楽しみです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です