未分類

【沙都子ワシ編考察2】聖ルチーア学園で不幸になる?ひぐらしのなく頃に業 19話の感想・ネタバレ

Pocket

2021年2月11日に『ひぐらしのなく頃に業』第18話、「郷壊し編」の其の弐が放送されました!

 

さて、物語の核心にじわじわと迫って参りました…。

 

親友だったはずの梨花と沙都子のすれ違いがさらに悪化して、いよいよ見ていられない気持ちです。

お互いのことを大事に思っていない訳じゃないのに、どうしてすれ違ってしまうのでしょう?

そして、何がきっかけとなって、惨劇を繰り返すひぐらしのなく頃に業の世界へと迷い込んでしまうのでしょう?

そんな先の気になる、「ひぐらしのなく頃に業 猫騙し編」第19話の感想・ネタバレについてお話していこうと思います。

宜しければご覧ください。

 

他のネタバレ記事はこちら!

・古手梨花の自殺・他殺の真意(理由)は?ひぐらしのなく頃に業 4話の感想・ネタバレ

・【綿騙し編考察】お弁当を届けたのは園崎魅音・詩音どっち?ひぐらしのなく頃に業 5話の感想・ネタバレ内容

・【綿騙し編考察2】綿流し編と同じルート?ひぐらしのなく頃に業 6話の考察・感想・ネタバレ

・【綿騙し編考察3】魅音と詩音が共犯!?綿騙し編の結末(ラスト)を完全考察!ひぐらしのなく頃に業 7話の感想・ネタバレ

・【綿騙し編考察4】犯行に及んだのは本当に園崎魅音!?ひぐらしのなく頃に業 8話の感想・ネタバレ

・【祟騙し編考察1】北条悟史(沙都子の兄)の失踪の真実を考察!ひぐらしのなく頃に業 9話の感想・ネタバレ

・【祟騙し編考察2】北条鉄平を殺害する犯人は北条沙都子?ひぐらしのなく頃に業 10話の感想・ネタバレ

・【祟騙し編考察3】大石蔵人刑事の目的(狙い)とは?ひぐらしのなく頃に業 11話の感想・ネタバレ

・【祟騙し編考察4】『雛見沢大災害』を起こす為に古手梨花を殺害?ひぐらしのなく頃に業 12話の感想・ネタバレ

・【祟騙し編考察5】大石蔵人刑事は雛見沢症候群を強制発症させられた?ひぐらしのなく頃に業 13話の感想・ネタバレ

・【猫騙し編考察1】古手梨花が黒幕である理由とは?ひぐらしのなく頃に業 14話の感想・ネタバレ

・【猫騙し編考察2】雛見沢症候群のL5発症者の発症条件とは?ひぐらしのなく頃に業 15話の感想・ネタバレ

・ひぐらしのなく頃に業16話は規制なし(無修正)ではグロ過ぎて見られない?感想・ネタバレ【猫騙し編考察3】

・【猫騙し編考察4】「H173」(注射器)はどこにいった?ひぐらしのなく頃に業17話 感想・ネタバレ

・【沙都子ワシ編考察1】祭囃し編に何か原因が?ひぐらしのなく頃に業 18話の感想・ネタバレ

 

 

ひぐらしのなく頃に業 19話の感想

一緒に合格したはずなのに!?古手梨花と北条沙都子はなぜループをはじめたのか!?

 

今週は、梨花と沙都子が聖ルチーア学園を受験し、学園での新たな生活を送っていく話が描かれました。

 

前回で、前作ひぐらしの要素である雛見沢症候群やダム戦争に続く村の因習が、それぞれに解決を見せてくれました。

そして今回のお話から、昭和59年以降の全く新しいひぐらしに入ったように感じられましたね。

 

しかし、それは必ずしも明るい未来とは限りません

古手梨花と北条沙都子は揃って聖ルチーア学園に受験し、合格するのですが、それからの生活で二人はすれ違うようになってしまいます。

 

これまでのひぐらしと比べると、このの友人同士のすれ違い描写はリアルで生々しさがあり、息が詰まる思いでした。

ひぐらしのなく頃に業は、やはりひと味違いますね・・・。

 

ラストシーンの沙都子が梨花のことを遠巻きに見ているその表情が、また不穏な展開を匂わせて、次回がどうなるのか今から気が気でないです。

さて、とは言えなぜ古手梨花と北条沙都子はだんだんとすれ違うようになってしまったのでしょうか?

二人の心の距離がなぜ開いてしまったのか、今回はそれを見ていこうと思います。

 

二人のすれ違いの始まりは?聖ルチーア学園での古手梨花と北条沙都子について

 

お話の始まりは、古手梨花が北条沙都子に「一緒に聖ルチーア学園を受験しよう」と話を持ち掛けたことがきっかけとなります。

 

梨花は新しい生活を夢見て、沙都子は梨花とずっと一緒にいるために、一緒に受験勉強に励み、聖ルチーア学園を受験します。

その努力の甲斐あって受験に合格し、二人は無事に聖ルチーア学園に入学することができました。

しかし、それから始まる聖ルチーア学園での生活の中で、二人の間に差が生まれ、心の距離が開いていくことになってしまいます。

聖ルチーア学園で、二人はクラスは同じですが、寮は別々の部屋になってしまいました。

そして梨花は、早くから教師や他のクラスメイトの目に留まり、一目置かれる存在となっていきます。

対して沙都子は、他のクラスメイトらから交流の誘いを受けた梨花からの声掛けにも「堅苦しいのは苦手だ」と断ります。

その後も沙都子は、成績の悪化や態度で悪目立ちをしてしまいます。

クラスでも浮いてしまった沙都子は、梨花の心配にも素直に相談することもできません。

 

このようにしてみると、二人が明確にすれ違いをはじめたのは聖ルチーア学園に入学してからのようです。

二人のこの差は何から生まれてしまったのでしょうか?




失われていく一緒の時間。梨花と沙都子が離れていく決定的な要因とは!?

 

今回のお話の中で特に沙都子の心情として現れているセリフがあります。

「すぐに音を上げる」「勉強ごっこもどうせ今だけ」「きっとすぐに飽きる」

梨花が自身の目標に向かって努力しているのに対して、沙都子は度々このような心情を吐露していました。

この時点で、梨花と沙都子には聖ルチーア学園に対する熱量が違うことが分かります。

 

しかし、それでも梨花が受験に向けて努力する姿を見て、沙都子自身も梨花と一緒にいるためにと一緒に受験勉強に励むようになりました。

その成果が実り、二人は晴れて聖ルチーア学園に入学を果たします。

 

なぜ、聖ルチーア学園に入学してからすれ違うようになったのか。

その一つは、やはり熱意の差です。

二人一緒に合格はしたものの、沙都子は梨花と一緒にいるためであり、合格こそがゴールだったのです。

対して梨花は、聖ルチーア学園での新しい生活こそ望んでいたものでした。

そのため沙都子は、聖ルチーア学園での生活そのものに対して価値を見出せていないのです。

 

そしてもう一つとして、寮が別々の部屋であるというところが、この物語を大きく左右させている可能性が考えられます。

沙都子は梨花の望んだ生活を尊重して、また自身の自尊心からか、クラスメイトとの交流や勉学の相談も拒んでしまいます。

そうして段々と交流が薄れ、関係に亀裂が生じてしまいます。

 

もしこれが、せめて寮が同じ部屋だったならどうだったでしょう?

寮で同じ部屋であれば、一緒にいるのが自然なので、他のクラスメイトの目をそれほど気にする必要はなくなります。

たとえ意識に差があっても、雛見沢で一緒に過ごしているうちに受験勉強を二人で励むようになったように、二人で力を合わせて乗り越えようとまた頑張れたかもしれません。

さて、いよいよ物語の核心に迫ってきています。

次回はどのような展開が待っているのでしょうか。

 

ひぐらしのなく頃に業の前回(18話)のあらすじ

 

昭和58年の惨劇を越えて、古手梨花は翌年の昭和59年を迎えます。

 

長い時間が過ぎた中で、雛見沢症候群は安定し、ダム戦争以来残っていた因習も御三家の号令によって完全に終結となりました。

 

そうして雛見沢が明るい兆しを迎える中、梨花は沙都子にある夢を打ち明けるのでした。

ひぐらしのなく頃に業 19話のネタバレ

 

聖ルチーア学園に、沙都子と一緒に入学したいという夢を梨花は打ち明け、沙都子も梨花と一緒にいるためにと勉強に励み、無事合格します。

 

入学してから、梨花は教師やクラスメイトから一目置かれる存在になりますが、一方の沙都子は成績が落ち悪目立ちしてしまいます。

 

次第に梨花とも疎遠になり、学園での生活が窮屈になっていく沙都子は、次第に不満を募らせるようになってしまうのでした。

 

まとめ

今回までで、北条沙都子の動機の部分が大まかに見えてきたと思います。

 

親友と開いてしまった差、それによるしれ違いはとても生々しく、辛い気持ちになってしまいますね…。

 

さて、一方で繰り返しループしてしまうそのきっかけとなった何か、事件はまだ起こっていません。

 

果たして、それは何がきっかけとなって、そして何が起きてしまうのでしょうか!?

 

また次回も、恐ろし楽しみです!!

 

他のネタバレ記事はこちら!

・古手梨花の自殺・他殺の真意(理由)は?ひぐらしのなく頃に業 4話の感想・ネタバレ

・【綿騙し編考察】お弁当を届けたのは園崎魅音・詩音どっち?ひぐらしのなく頃に業 5話の感想・ネタバレ内容

・【綿騙し編考察2】綿流し編と同じルート?ひぐらしのなく頃に業 6話の考察・感想・ネタバレ

・【綿騙し編考察3】魅音と詩音が共犯!?綿騙し編の結末(ラスト)を完全考察!ひぐらしのなく頃に業 7話の感想・ネタバレ

・【綿騙し編考察4】犯行に及んだのは本当に園崎魅音!?ひぐらしのなく頃に業 8話の感想・ネタバレ

・【祟騙し編考察1】北条悟史(沙都子の兄)の失踪の真実を考察!ひぐらしのなく頃に業 9話の感想・ネタバレ

・【祟騙し編考察2】北条鉄平を殺害する犯人は北条沙都子?ひぐらしのなく頃に業 10話の感想・ネタバレ

・【祟騙し編考察3】大石蔵人刑事の目的(狙い)とは?ひぐらしのなく頃に業 11話の感想・ネタバレ

・【祟騙し編考察4】『雛見沢大災害』を起こす為に古手梨花を殺害?ひぐらしのなく頃に業 12話の感想・ネタバレ

・【祟騙し編考察5】大石蔵人刑事は雛見沢症候群を強制発症させられた?ひぐらしのなく頃に業 13話の感想・ネタバレ

・【猫騙し編考察1】古手梨花が黒幕である理由とは?ひぐらしのなく頃に業 14話の感想・ネタバレ

・【猫騙し編考察2】雛見沢症候群のL5発症者の発症条件とは?ひぐらしのなく頃に業 15話の感想・ネタバレ

・ひぐらしのなく頃に業16話は規制なし(無修正)ではグロ過ぎて見られない?感想・ネタバレ【猫騙し編考察3】

・【猫騙し編考察4】「H173」(注射器)はどこにいった?ひぐらしのなく頃に業17話 感想・ネタバレ

・【沙都子ワシ編考察1】祭囃し編に何か原因が?ひぐらしのなく頃に業 18話の感想・ネタバレ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です