アニメ

『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω』1話のネタバレ・感想!無料動画(見逃し配信)の視聴方法

Pocket

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術は講談社ラノベ文庫によって刊行されていている大人気作品です。

そしてジャンルは現在大人気の異世界転生作品です。

今回はΩが題名について二期が放送されますが、一期は魅力的なキャラクターデザインが非常に人気を誇っていました。

大人気ジャンルを取り扱っていて期待がかかる作品で、今回はそんな『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω』1話ネタバレ・感想 などについて調べていこうと思います。

宜しければご覧ください。

 

【異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω】

をみたい方はこちら!

↓↓↓

 

 

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω1話ネタバレ プロローグ

 

二人の少女が魔物から逃走しています。

魔物が二人の少女を襲おうとすると、一人の少女が片方の少女を庇い消え去ってしまうのでした。

実は魔物は召喚獣で、その主が少女の元にやってきました。

神に祈りだす少女に、召喚士は嘲笑って、キノコの魔物を召還しました。

そして少女の身柄が捕らえられていると、少女を助けに何者かが現れます。

その姿は本作の主人公ディアヴロでした。

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω1話ネタバレ ディアヴロ無双

 

場面は変わりいつもの三人組が、ディアヴロは順調に魔王を演じられていて、すっかりシュラとレムに懐かれているのです。

ディアヴロは飛翔魔術を使って巨大な大木を動かすのでした。

大木に乗っかってディアヴロが空を飛んでいると、突如巨大な光が差し込まれます。

その方向に行くと、大木からディアヴロが落ちて、さっきの場面に戻るのでした。

ディアヴロはあられもない姿になった少女を見て顔を赤らめます。

召喚士はキノコがやられてしまい、発狂していました。

少女の名前はルマキーナで自分の姿に気づいて恥ずかしがります。

そこでディアヴロは自分のマントを羽織らせてあげるのでした。

すっかりディアヴロの事をルマキーナは神様だと思っている様子。

自分は神様ではないと言い張るディアヴロ、しかしルマキーナも一歩も引きません。

二人のやり取りにしびれを切らした召喚士は、怒り出すのでした。

何故ルマキーナを狙うのかとディアヴロが尋ねると、なにやらビショスと言う人物に雇われたから狙っているとします。

そしてハンターワームを召還、何やらレベルが60でかなりの強者なようでした。

更に下からレベル80のハンターワームが召喚されて、ディアヴロは倒し甲斐があると笑みを浮かべます。

エアロシュレッターを発動し、ハンターワームを倒すディアヴロ、召喚士に対しても、同時召喚と元素魔術に秀でており、中々やると認めているようでした。

元素魔術を連発できるわけがないと召喚士が焦り、沢山の魔物を召還。

しかしクロスブリザードでディアヴロは魔物を全滅させることに成功するのです。

そして召喚士物とも全て氷付けに。

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω1話ネタバレ ルマキーナは大主神官様!?

 

ルマキーナはディアブロに感謝をして意識を失いました。

シュラとレムが現場に駆け付けると、ルマキーナにディアブロが襲い掛かっているようなっ情景になってディアブロは誤解を必死に説くのです。

召喚士は氷付けになりながら復讐の機会を伺っているよう。

ルマキーナが目覚めると、ディアブロは自分の肌を見たから神様でなければならないとします。

ルマキーナの教えで肌を見られたら夫婦にならなければならないとすると、レムとシュラが対抗意識を燃やしだすのでした。

駆け付けたディアブロは神様かどうかとルマキーナに尋ねられると、察するがいいと堂々と主張するのです。

その問いに答えるルマキーナは自らを大主神官だと明かし、神様に仕えるもので、背中の紋章が光輝きます。

大主神官は何やら教会で一番偉い人で、シュラとレムは驚きました。

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω1話ネタバレ 新たな旅へ

 

教会最高位のルマキーナがなぜ聖騎士襲われていたのか、教会を取り仕切るビショスが教会排除を画策していたようなのです。

王都から魔王城に向かい聖騎士長バデューサに会いに行こうと旅をしていた様子のルマキーナ、命の危険を感じつつも目的地に向かうとするのでした。

ルマキーナの話を聞くと、シュラとレムは自分達が付き添ってあげるとします。

擦り寄るシュラとレムの目を背けつつも、できるだけ強力な力を持つ協会とは対立したくないと考えるディアブロ。

しかし目的地ジルコンタワーに送り届けるだけなら問題ないとして、力強く力を貸すとするのでした。

するとビスケットを欲しいとエデルガルド達が現れて、魔と神のオーラでルマキーナと対立しそうになります。

2人を沈めたのはディアブロでした。

エデルガルド達は宿屋に預けることに。

またこれからの旅をギルドにもいうのでした。

ディアブロたちを見送るクルム、シュラの弓を強化してくれたみたいです。

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω1話感想

 

冒頭に襲われていた二人は聖教会の二人で離反者の襲撃を受けていたみたいでした。

刺客の召喚士はかなり強力な魔物を出してきて、ルマキーナ達は大ピンチに、迫力ある演出を感じましたね。

それで相方の方がハンターワームに食べられてしまい、かなりショッキング、ルマキーナのピンチはディアブロが救いました。

召喚士はかなりの手練れのようで、ハンターワームのレベルは最高で80にも上りました。

しかし流石のチートなディアブロ。

元素魔法と言う高等魔術を使いまくってハンターワームを軽く倒してしまうのでした。

ディアブロ無双が今期も始まったなと感じましたね。

ルマキーナの正体はなんと教会最高位の大主神官なようでした。

そんな人物を襲うビショスはかなり手ごわそうですね。

ディアブロ自身も協会はかなりの権力を持っているから戦いたくないとしています。

とは言えルマキーナを見送るくらいならと結局付き添うことになる一行。

この決断がどんな展開を生むのか今後に期待したいです。

旅するディアブロたちを見送ってきたクルム。

彼女は可愛らしいみたい見た目とは裏腹にとんでもない強さの魔王なのでした。

流石に強すぎる故に今回は現地待機になったなと感じてしまいましたね。

まとめ

大人気ライトノベル『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』の二期が遂にアニメ化、そして放送されました。

そこで今回は『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』1話ネタバレ・感想についてお話しさせていただきました。

大主神官ルマキーナをジルコンタワーに送り届けるため、ディアヴロ達の新たな旅が始まります。

ルマキーナを狙う協会は国の中でも屈指の権力者。

今回如何にディアヴロと言えど一筋縄ではいかないかもですね。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

 

【異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω】

をみたい方はこちら!

↓↓↓

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です