アニメ

『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω』6話のネタバレ・感想!無料動画(見逃し配信)の視聴方法

Pocket

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術は講談社ラノベ文庫によって刊行されていている大人気作品です。

そしてジャンルは現在大人気の異世界転生作品です。

今回はΩが題名について二期が放送されますが、一期は魅力的なキャラクターデザインが非常に人気を誇っていました。

大人気ジャンルを取り扱っていて期待がかかる作品で、今回はそんな『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω』6話ネタバレ・感想 などについて調べていこうと思います。

宜しければご覧ください。

 

 

【異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω】

をみたい方はこちら!

↓↓↓

 

 

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω6話ネタバレ 魔王軍の侵攻

迫りくる魔王軍の魔物たちに人族は蹂躙されていきます。

ラムニテスは魔王族の力の強さに驚いていました。

花嫁として向かえに来たとるす魔王軍大大将のバナクネス、ラムニテスはふざけるなとハーレムを囲むバナクネスに返します。

指輪をはめてラムニテスを嫁にしたいとバナクネスは手を広げるも、ラムニテスはライトニングショットでバナクネスの腹部を撃ち抜きます。

敵将を倒したと歓声が上がりました。

勝ったと思いきや嫁のキスによってバナクネスは復活を果たします。

戦慄するラムニテス、嫁の方向が辺りを覆い兵士達の船が沈んでいきました。

戦況を立て直そうと指令するラムニテスですが、敵配下の奇襲でダメージを負ってしまいます。

兵士たちがラムニテスを助けようとするも、次々と魔王配下に蹂躙されてしまいました。

魔王族による一方的な蹂躙にラムニテスは助けを求めます。

その時辺りに雷鳴が降り注ぎ、ディアヴロの笑い声が辺りに響き渡るのでした。

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω6話ネタバレ やっぱり最強だったディアヴロ 

ディアヴロは自分をさしおいて魔王を名乗る魔王軍が許せないと、殲滅を誓っていました。

ダンジョンで転移を考えるディアヴロ達、ロゼはダンジョンを出たことがないためここでサヨナラとするも、ディアヴロは仲間外れが良くないとしてロゼを連れていくことにします。

ディアヴロの強さは凄まじいもので次々に魔王軍を殲滅していきます。

ディアヴロ達の参戦で人族軍の指揮が一気に上がりました。

ロゼは流石にブラックドラゴンを倒しただけに凄まじい強さで魔王軍を殲滅しています。
ルマキーナは大聖女として怪我人を次々に治療していきました。

ルマキーナはディアヴロを神様だと慕っているようです。

バナクネスはディアヴロをみて倒しかいがあると微笑みます。

ラムニテスはディアヴロの協力にお礼をいいます。

バナクネスを倒さなければいけないと言う事で、ディアヴロはバナクネスを見るととんでもなくイチャイチャしているバナクネスをみて狂った笑いをみせました。

そして葬ってくるディアヴロがバナクネスの元に転移します。

圧倒的ディアヴロの力に次々とバナクネスの配下がやられていきました。

焦りを示すバナクネス、ディアヴロがフレアバーストを仕掛けると、バナクネスは焼き漕げることになります。

三人目の妻をやられ怒り狂うバナクネス、攻撃を次々に仕掛けていくもディアヴロには全く通じません。

レベルが高いことを誇るバナクネス、しかしディアヴロの世界ではレベルが高い上に装備とプレイングが要求されると話しました。

そんな異世界からきたディアヴロにバナクネスは全く通用しません。

ホワイトノヴァを放つディアヴロにバナクネスは一瞬でやられることになるのでした。

魔王様なら勝てるとするバナクネスに、ディアヴロは自分こそが真の魔王だと言い張り、バナクネスが倒されることになります。

ディアヴロはヒロイン達からみんなに喜ばれます。

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω6話ネタバレ ホルンを仲間に!

その後王宮でディアヴロはラムニテスに手厚い歓迎を受けることになりました。

いなくなったホルン、実は裏でならず者に脅されています。

功労者の報酬をよこせとカツアゲを受けるホルン、ディアヴロ達の冒険で自分は強くなったとならず者に歯向かうことにするホルン。

勇気あるホルンの犯行に、ならず者たちがホルンを葬ろうとします。

そこにディアヴロが参戦、ならず者たちをクズのモンスターと評してボコボコにしました。

ホルンは弱くて役に立たない自分を悔いているようで、パーティーも自らぬけようとしていたそうです。

ディアヴロは全然ホルンは邪魔ではなく、好きなだけ自分達のパーティーにいていいとしました。

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω6話感想

ここ数話で聖騎士長と拮抗したり、ディアヴロの力はそこまでではないのかなと思っていたのですが、そんな心配をする必要はないなと感じたのが今回の話でした。

聖騎士長クラスのラムニテスを蹂躙していた魔王軍幹部のバナクネスに、ディアヴロはかなり苦戦するだろうと思っていました。

しかし結果はディアヴロの圧勝、明らかにディアヴロはこれまでの戦いで手を抜いていたのだと思いましたね。それくらい圧倒的な実力でした。

印象的だったのがバナクネスの高レベルをアピールしてきたときの、ディアヴロの返答です。

ディアヴロの価値観は高レベルなのは当たり前で、そこから如何にアイテムや装備を整えて立ち回るかが重要ということでした。

凄く現実世界でもあるあるで、バナクネスがチュートリアルクリアの人だとしたら、ディアヴロはチュートリアル後からが本番のガチプレイヤーと言った感じでしたね。

そりゃああそこ迄力の差がつくだろうなと感じました。

こういったリアルでのゲームプレイの概念が反映されているのも異世界魔王の魅力だなと感じましたね。

やはりディアヴロに欠点は無く、最強だなと思いました。

まとめ

大人気ライトノベル『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』の二期が遂にアニメ化、そして放送されました。

そこで今回は『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』6話ネタバレ・感想についてお話しさせていただきました。

ラムニテス率いる人族の軍がバナクネスの軍勢を前に蹂躙されてしまいます。

そこにディアヴロが参戦し、戦局は大きくひっくり返ることに。

最後はディアヴロがバナクネスに圧勝し、格の違いを見せつけるのでした。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

 

【異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω】

をみたい方はこちら!

↓↓↓

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です