アニメ

九十九由基(つくもゆき)と東堂葵の関係は!?アニメ呪術廻戦 20話の感想・ネタバレ

Pocket

2021年2月27日に、アニメ呪術廻戦20話「規格外」が放送されました。

20話に出てきた、東堂の退屈を覆した謎の女性。

今回はその女性を中心に取り上げていきたいと思います。

よろしければご覧ください。

 

他の呪術廻戦のネタバレ!

・虎杖悠仁は生きてる?伏黒恵は過去に何があった?アニメ呪術廻戦 5話の感想・ネタバレ

・獄門疆(ごくもんきょう)で五条悟を封印?アニメ呪術廻戦6話の感想・ネタバレ

・五条悟の封印計画は成功する?アニメ呪術廻戦7話の感想・ネタバレ

・虎杖悠二を狙う上層部の企みとは?アニメ呪術廻戦 8話の感想・ネタバレ

・七海建人(ナナミン)は死亡フラグがたってる?アニメ呪術廻戦 9話の感想・ネタバレ

・七海建人(ナナミン)vs真人のラストで見せた技とは?アニメ呪術廻戦 10話の感想・ネタバレ

・吉野順平vs虎杖悠二の結果は?アニメ呪術廻戦 11話の感想・ネタバレ

・虎杖悠二が真人の天敵である理由とは?アニメ呪術廻戦 12話の感想・ネタバ

両面宿儺が伏黒恵を気にかけている理由(関係)は?アニメ呪術廻戦 13話の感想・ネタバレ

・呪術師の内通者(裏切り者)の正体とは誰?アニメ呪術廻戦 14話の感想・ネタバレ

・けいていけん(逕庭拳)の悪癖とは?アニメ呪術廻戦 15話の感想・ネタバレ

・禪院真希(ぜんいんまき)の強さ・能力は?アニメ呪術廻戦 16話の感想・ネタバレ

・釘崎野薔薇(くぎさきのばら)の過去に出てきた沙織ちゃんとは?アニメ呪術廻戦 17話の感想・ネタバレ

・高専が守る天元様(てんげん)の正体とは誰?アニメ呪術廻戦 18話の感想・ネタバレ

・東堂葵(どうどうあおい)の術式・領域展開とは?アニメ呪術廻戦 19話の感想・ネタバレ

 

アニメ呪術廻戦 20話の感想

 

東堂やっぱりすごいですね~

その言動にイラっと来ることもありますが・・・

その強さと頭の切れは大したものです。

虎杖と游雲の位置を入れ替えるところでは、「何手先を読んでいるのだろう」と感心してしまいました。

戦いながら相手を目的の場所に連れていくなんて凄すぎます!

 

ラストでは真人が宿儺の指を持って登場。

また善からぬことを企んでいそうですね。

 

幼少期の東堂に声をかけた女性は九十九由基(つくもゆき)!?

 

過去の回想で、東堂に声を掛けた1人の女性。

彼女は一体誰なのでしょうか?

その正体に迫ってみたいと思います。

ここからはネタバレを含みますので、閲覧にはご注意ください。

 

 

東堂に声を掛けた女性は九十九由基

たった4人しかいない特級術師の1人です。

 

彼女は渋谷事変で帰って来るまで、海外を放浪していました。

その目的は呪力の研究。

九十九は呪霊の生まれない世界を作ることなのです。

 

そして彼女は夏油が離反するきっかけを作った人物でもあります。

夏油は九十九の「呪霊のいない世界を作るべき」という考えから、「非術師を皆殺しにすればいい」と考えるようになったのです。

 

九十九由基(つくもゆき)と東堂葵の関係は!?

 

九十九由基がどんな人物かは分かりましたが、東堂とはどのような関係なのでしょうか?

ここではその関係について、明らかにしたいと思います。

 

東堂が小学3年生の時、河原でボーっとしているところに声を掛けたのが九十九でした。

この出会いがきっかけとなり、東堂は術師を目指すことになります。

彼曰く「退屈が裏返る予感がした」と。

そして高専に進学するのです。

 

また渋谷事変では領域展開をしようとした真人に対して、簡易領域展開で身を守ろうとしました。

その術は九十九由基から教わったもの。

このことから2人は師弟関係であることが分かります。

 

さらに注目すべきは2人の口癖。

東堂も九十九も女性の好みを聞いているのです。

「どんな女が好みだい?」「どんな女が好みだ」ほぼ同じセリフですね。

このことから2人の親密性の高さが伺えます。

もしかすると、師弟以上の関係があるのかもしれません。

 

九十九由基(つくもゆき)の術式・強さは!?

 

九十九由基はどんな術式を使うのでしょうか?

ここでは九十九の強さ・術式について取り上げていきたいと思います。

 

実は未だに九十九の戦闘シーンがなく、術式や強さについては分かっていません。

ただ回想シーンに手がかりが描かれていました。

東堂の過去に登場した九十九は、体の周りに式神のような生物が描かれています

このことから呪霊を操る操術師か、式神使いという事になるでしょう。

 

そして九十九は、日本にたった4人しかいない特級術師の1人。

あの夏油や五条・乙骨と同じ階級なのです。

強さはどのくらいか分かりませんが、相当の実力がないとなれないはず。

 

登場シーンがあまりに少なく謎が多い九十九。

どんな術式でどのくらい強いのか楽しみですね。




アニメ呪術廻戦の前回(19話)のあらすじ

 

呪言で足止めし、攻撃して距離を取る。

こうして帳の外を目指す伏黒たち。

しかし狗巻の喉がつぶれ、倒れてしまいます。

 

真希が駆け付け游雲で花御を吹き飛ばし、伏黒との連携でダメージを与えます。

ところが呪いの種子を受けて伏黒は呪力を出せず、真希も捕まってしまいました。

絶体絶命のピンチに陥り、伏黒は無理やり呪力を出そうとします。

それを止める真希。

東堂と虎杖が救けに来たからでした。

 

同じく駆けつけたパンダに避難を依頼し、東堂と虎杖が花御と戦います。

東堂は虎杖が黒閃を決めるまでは、手を出さないことに。

真人が向こうの仲間だと知り、怒りをたぎらせる虎杖。

そのことで呪力が乱れ、黒閃が決まりません。

そのことに気付いた藤堂が、頬を張って怒りを収めるようアドバイス。

怒りの消えた虎杖は、極限まで集中力を高めて黒閃を決めたのです。

 

余裕の消えた花御は、温存していた左腕を開放。

花御は凄まじく広い範囲を攻撃してきました。

攻撃を交わしながら、同時攻撃を試みる虎杖たち。

しかしその瞬間に呪力を解かれ、足場にしていた木が消えて、宙に投げ出されます。

逃げ場のない状態で攻撃を仕掛けられますが、反発力を利用して回避。

 

一進一退の状況の中、東堂はついに術式を開示します。

 

アニメ呪術廻戦 20話のネタバレ

 

強敵の花御に対して、術式を解禁することにした東堂。

術式を説明している暇はなく、花御に向かっていく2人。

しかし油断していた東堂は根に足を掴まれ、棘に向かって投げられてしまいます。

体が棘に突き刺さる寸前で東堂が手を叩くと、東堂と花御の位置が入れ替わったのです。

棘に突き刺さる花御の身体。

これが東堂の術式「不義遊戯」です。

 

位置を入れ替えながら、絶え間なく攻撃を浴びせる虎杖と東堂。

手を叩くたびに2択を迫られる花御は、手も足も出ません。

連続攻撃の中で黒閃を決める虎杖。

1発だけではなく、2度3度と黒閃を決めたのです。

4回目を当てようとした時、花御が反撃しようとします。

その瞬間、東堂は手を叩いたため、花御は入れ替えを警戒。

しかし手を叩いただけで、術式は発動せず虎杖は4連続で黒閃を決めたのです。

 

そこへ襲い掛かる呪いの種子。

東堂は花御の位置を入れ替え、虎杖を逃がします。

東堂に迫る呪いの種子。

体に力を入れ、さらに呪力で守ろうとする東堂。

その時、脳内の高田ちゃんが呪力を使うことに警鐘を鳴らしたのです。

東堂は呪力を解き、呪いの種子を無効化しました。

 

東堂の術式の対象は、生物だけに留まりません。

そして東堂たちは、伏黒たちが戦っていた場所まで戻ってきます。

そこに眠る特級呪物「游雲」と虎杖の位置を入れ替え、游雲を顔面に叩きつける東堂。

それでも花御は倒せません。

 

追い込まれた花御は、周りの植物の命を吸い上げます。

その命を呪力に変換し、左腕から放つ「供花」を発動。

しかしこのままでは避けられるので、領域展開を同時に発動しようとします。

ところが帳を解除した五条によって、領域展開は無効化されてしまうのでした。

 

供花は発動できず帳も解除され、花御は撤退することにします。

追撃しようとした虎杖を東堂は止めたのです。

そこへ組屋を捉えた五条の、虚式「茈」が花御に襲い掛かります。

周りの地面は抉られ、花御の生死は確認のしようがありませんでした。

 

花御を心配する真人。

その手には、宿儺の指が握られていました

 

まとめ

 

ここまで九十九由基を中心に取り上げてきましたが、いかがだったでしょうか?

ここまでをまとめると、

・幼少期の藤堂に声を掛けたのは九十九由基。

・九十九と虎杖は師弟関係。

・九十九の術式はおそらく操術師か式神使い。

 

ようやく終わった花御との戦い。

真人たちは何やら目的を達したようで・・・

彼らは奪った宿儺の指をどうするつもりなのでしょうか?

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

他の呪術廻戦のネタバレ!

・虎杖悠仁は生きてる?伏黒恵は過去に何があった?アニメ呪術廻戦 5話の感想・ネタバレ

・獄門疆(ごくもんきょう)で五条悟を封印?アニメ呪術廻戦6話の感想・ネタバレ

・五条悟の封印計画は成功する?アニメ呪術廻戦7話の感想・ネタバレ

・虎杖悠二を狙う上層部の企みとは?アニメ呪術廻戦 8話の感想・ネタバレ

・七海建人(ナナミン)は死亡フラグがたってる?アニメ呪術廻戦 9話の感想・ネタバレ

・七海建人(ナナミン)vs真人のラストで見せた技とは?アニメ呪術廻戦 10話の感想・ネタバレ

・吉野順平vs虎杖悠二の結果は?アニメ呪術廻戦 11話の感想・ネタバレ

・虎杖悠二が真人の天敵である理由とは?アニメ呪術廻戦 12話の感想・ネタバ

両面宿儺が伏黒恵を気にかけている理由(関係)は?アニメ呪術廻戦 13話の感想・ネタバレ

・呪術師の内通者(裏切り者)の正体とは誰?アニメ呪術廻戦 14話の感想・ネタバレ

・けいていけん(逕庭拳)の悪癖とは?アニメ呪術廻戦 15話の感想・ネタバレ

・禪院真希(ぜんいんまき)の強さ・能力は?アニメ呪術廻戦 16話の感想・ネタバレ

・釘崎野薔薇(くぎさきのばら)の過去に出てきた沙織ちゃんとは?アニメ呪術廻戦 17話の感想・ネタバレ

・高専が守る天元様(てんげん)の正体とは誰?アニメ呪術廻戦 18話の感想・ネタバレ

・東堂葵(どうどうあおい)の術式・領域展開とは?アニメ呪術廻戦 19話の感想・ネタバレ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です