アニメ

受胎九相図(じゅたいくそうず)の残りの呪霊は?アニメ呪術廻戦 23話の感想・ネタバレ

Pocket

2021年3月21日に、アニメ呪術廻戦23話「起首雷同ー弐ー」が放送されました。

23話では、初めて伏黒が領域展開を発動します。

そこで今回は伏黒の領域展開を中心に取りあげていきたいと思います。

よろしければご覧ください。

 

他の呪術廻戦のネタバレ!

・虎杖悠仁は生きてる?伏黒恵は過去に何があった?アニメ呪術廻戦 5話の感想・ネタバレ

・獄門疆(ごくもんきょう)で五条悟を封印?アニメ呪術廻戦6話の感想・ネタバレ

・五条悟の封印計画は成功する?アニメ呪術廻戦7話の感想・ネタバレ

・虎杖悠二を狙う上層部の企みとは?アニメ呪術廻戦 8話の感想・ネタバレ

・七海建人(ナナミン)は死亡フラグがたってる?アニメ呪術廻戦 9話の感想・ネタバレ

・七海建人(ナナミン)vs真人のラストで見せた技とは?アニメ呪術廻戦 10話の感想・ネタバレ

・吉野順平vs虎杖悠二の結果は?アニメ呪術廻戦 11話の感想・ネタバレ

・虎杖悠二が真人の天敵である理由とは?アニメ呪術廻戦 12話の感想・ネタバ

両面宿儺が伏黒恵を気にかけている理由(関係)は?アニメ呪術廻戦 13話の感想・ネタバレ

・呪術師の内通者(裏切り者)の正体とは誰?アニメ呪術廻戦 14話の感想・ネタバレ

・けいていけん(逕庭拳)の悪癖とは?アニメ呪術廻戦 15話の感想・ネタバレ

・禪院真希(ぜんいんまき)の強さ・能力は?アニメ呪術廻戦 16話の感想・ネタバレ

・釘崎野薔薇(くぎさきのばら)の過去に出てきた沙織ちゃんとは?アニメ呪術廻戦 17話の感想・ネタバレ

・高専が守る天元様(てんげん)の正体とは誰?アニメ呪術廻戦 18話の感想・ネタバレ

・東堂葵(どうどうあおい)の術式・領域展開とは?アニメ呪術廻戦 19話の感想・ネタバレ

・九十九由基(つくもゆき)と東堂葵の関係は!?アニメ呪術廻戦 20話の感想・ネタバレ

・高専から奪った呪胎九相図(じゅたいくそうず)とは?アニメ呪術廻戦 21話の感想・ネタバレ

・伏黒津美紀の呪いは夏油傑(加茂憲倫)が関係してる?アニメ呪術廻戦 22話の感想・ネタバレ

 

アニメ呪術廻戦 23話の感想

 

23話では、また濃ゆい呪霊が出てきましたね。

何ですか、あの出で立ちは!?

てゆうか何でそんなに露出してるんですか?何でおねえ言葉なんですか?

ツッコミどころ満載で困ってしまいます。

 

血塗は見かけはグロいけど、キャラ的にはかわいらしいんですよね。

お兄ちゃん見つけて駆け寄っていくし・・・(走り方は犬)

壊相の見てはいけない背中を見たときには、虎杖と一緒になってオロオロしていたのがかわいい。

もう1人のお兄ちゃんは、どんなキャラなのか楽しみですね。

 

受胎九相図(じゅたいくそうず)の残りの呪霊は!?

 

真人によって受肉された血塗たち。

九相図なので9体いるはずなのですが、まだ2体しか出てきていません。

そこで残りの呪霊はどうなっているのかについて、取りあげていきたいと思います。

ここからはネタバレを含みますので、閲覧にはご注意ください。

 

高専が保管していた、呪胎九相図の1~3番が夏油たちによって盗まれました。

そして1~3番は真人によって肉体を得ます。

それが脹相・壊相・血塗です。

この後、脹相が作中に登場しますが、それ以外の呪霊は今のところ出てくる気配がありません。

実は作者によると、他の呪霊は登場しないようです。

4~9番まではすでに死んでいるとのこと。

その亡骸は高専に保管されており、脹相は亡骸を取り戻したいと思っているようです。

 

脹相たちが個性的だっただけに、他の呪霊も見たかったですね。

 

伏黒恵の奥の手とは!?

 

五条は伏黒を鍛えているときに、「君の奥の手のせいかな。自分が死ねば解決できると思っている」と伏黒に伝えます。

五条のいう「奥の手」とは一体何でしょうか?

ここでは伏黒の奥の手について、深掘りしていきたいと思います。

 

以前にも伏黒は、この奥の手を使おうとしていました。

宿儺が虎杖の体を乗っ取り、伏黒が追い詰められた時です。

このときは「布瑠部由良由良八握」と唱えたところで、伏黒が意識を取り戻したため、使うことはありませんでした。

 

では、この奥の手とは一体何なのか?

それは最強の式神「魔虚羅」を呼び出すことでした。

最強の式神であるならば、なぜ普段使わないのでしょうか?

実は使わないではなく、使えないのです。

伏黒の「十種影法術」は、式神を呼び出して調伏することで使えるようになります。

魔虚羅はまだ調伏出来ておらず、使うことができません。

というか、歴代の誰も魔虚羅を調伏できていないのです。

それでも伏黒が魔虚羅を呼び出そうとしたのは、自分が死ぬかもしれないけれど、魔虚羅の力で相手を倒せる可能性があるからでした。

 

これらのことから、魔虚羅を呼び出すのは「奥の手」となっているのです。

 

伏黒恵の領域展開とは!?

 

今回、不完全ながらも伏黒が領域展開を発動させました。

ここでは伏黒の領域展開について、紹介していきたいと思います。

 

領域展開とは術式を必中にするもの。

伏黒の領域展開「嵌合暗翳庭(かんごうあんえいてい)」は、式神を無制限に呼び出すことができます。

式神で敵の動きを止めたり、影で自分の分身を作ることも可能です。

陀艮との戦いでは、領域展開への突入と、脱出口として活躍することになります。

 

本人曰く、まだ相手を閉じ込める程の能力はないそうです。

魔虚羅を調伏出来れば、蝦蟇のように何体も出てくるのでしょうか?

魔虚羅がいっぱい・・・

恐ろしい絵になりそうですね。

 

アニメ呪術廻戦の前回(22話)のあらすじ

 

呪霊による連続刺殺事件が発生。

虎杖たちは調査に乗り出します。

時期や場所はバラバラでしたが、3人とも「自動ドアが開いている」というクレームをつけていました。

3人は同じ中学だったため、友人に話を聞くことにします。

ところが、その友人も同じように殺されていたのです。

 

唯一の手がかりが消え、とりあえず3人が通っていた中学に向かいます。

そこは伏黒も通っていた中学。

意外なことに伏黒は問題児だったようです。

 

用務員の武田によると、彼らはある日行方不明となり、八十八橋で倒れていたことがあるとのこと。

その時に呪われた可能性が出てきました。

夜に八十八橋で待つ虎杖たち。

しかし呪霊は出てきませんでした。

 

コンビニで話していると、伏黒の同級生がやってきました。

どうやら彼女も肝試しに、八十八橋へ行ったようです。

そして、伏黒の姉・津美紀も一緒に・・・

しかも彼女も自分が帰るときだけ、自動ドアが開いていると言うのです。

 

任務の危険度が上がり、1人で八十八橋へ向かう伏黒。

教えてもらった手順通りに進むと、虎杖たちが待っていました。

「頼れよ。友達だろ?」その言葉に押され、3人で向かうことにします。

 

結界へ入ると、フジツボのような呪霊が待ち構えていました。

そこへ新たな呪霊が乱入。

新手を虎杖が引き受け、八十八橋の呪霊は伏黒たちに任せることにしたのです。

 

アニメ呪術廻戦 23話のネタバレ

 

血塗と激しく戦う虎杖。

奴が吐いた血からは煙が上がっていました。

虎杖は毒だと考え警戒します。

 

一方、八十八橋の呪霊と戦う伏黒と釘崎。

しかし相手からの反撃はないものの、数が多いようです。

伏黒が考え事をしていると、結界の外から手が伸びてきて、釘崎が攫われてしまいます。

叫びながら必死に手を伸ばす伏黒。

ですが間に合わず、結界の外に出されてしまいました。

その際に釘崎は、伏黒に今の呪霊に集中するよう言ったのです。

 

それを見た血塗は兄だと分かり、そちらへ向かいます。

虎杖は戸惑いながらも、その後を追いかけました。

血塗が結界の外へ逃げたのを見て止まる虎杖。

伏黒は思っていたよりも楽だったため、「釘崎優先!追え!!」と虎杖を促します。

その言葉に押されて、後を追う虎杖。

 

全ての呪霊を祓った伏黒。

ほっと一息ついていると、上に気配を感じます。

見るともう1体残っていました。

しかも結果界は消えていません。

 

伏黒は1つ疑問に思っていました。

「なぜ今頃になって呪殺を始めたのか?」と。

1人目の犠牲者は6月。

6月といえば、虎杖が宿儺の器になった時期です。

このことから、これは共振だと考えられました。

虎杖が器になったことで、その呪力を解放したのでした。

 

呪霊の圧倒的な力に成す術がない伏黒。

「ここまでか」と奥の手を使おうとします。

ところが途中で止め、やったことのない領域展開を試みたのです。

不完全ながらも領域展開を発動させることに成功。

式神とのコンビネーションで呪霊を追い詰めます。

呪霊は自分の攻撃で領域展開が解除され、勝ったと思い込みました。

その隙をついて背後から玉犬が体を貫き、呪霊を倒したのです。

 

八十八橋の呪霊が倒され、壊相は宿儺の指を手に入れるため、伏黒の方へと向かいます。

何故か正面を向いたまま逃げる壊相。

どうやら背中がコンプレックスのようです。

そこへ血塗と虎杖が現れました。

バッチリ背中を見てしまった血塗と虎杖。

壊相は激怒し、極の番「翅王」を発動させるのでした。

 

まとめ

 

ここまで伏黒の術式について取り上げてきましたが、いかがだったでしょうか?

ここまでをまとめると、

・呪胎九相図は脹相たち以外は、すでに死んでいる。

・伏黒の奥の手は「魔虚羅」を呼び出すこと。

・「嵌合暗翳庭」は、式神を無制限に呼び出せる。

 

次回は壊相・血塗と、本格的な戦いが始まる様子。

「バチ殺し」と怒れる壊相は、どんな術式を使ってくるのでしょうか?

おねえキャラなだけに、個性的な術式な予感。

 

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

他の呪術廻戦のネタバレ!

・虎杖悠仁は生きてる?伏黒恵は過去に何があった?アニメ呪術廻戦 5話の感想・ネタバレ

・獄門疆(ごくもんきょう)で五条悟を封印?アニメ呪術廻戦6話の感想・ネタバレ

・五条悟の封印計画は成功する?アニメ呪術廻戦7話の感想・ネタバレ

・虎杖悠二を狙う上層部の企みとは?アニメ呪術廻戦 8話の感想・ネタバレ

・七海建人(ナナミン)は死亡フラグがたってる?アニメ呪術廻戦 9話の感想・ネタバレ

・七海建人(ナナミン)vs真人のラストで見せた技とは?アニメ呪術廻戦 10話の感想・ネタバレ

・吉野順平vs虎杖悠二の結果は?アニメ呪術廻戦 11話の感想・ネタバレ

・虎杖悠二が真人の天敵である理由とは?アニメ呪術廻戦 12話の感想・ネタバ

両面宿儺が伏黒恵を気にかけている理由(関係)は?アニメ呪術廻戦 13話の感想・ネタバレ

・呪術師の内通者(裏切り者)の正体とは誰?アニメ呪術廻戦 14話の感想・ネタバレ

・けいていけん(逕庭拳)の悪癖とは?アニメ呪術廻戦 15話の感想・ネタバレ

・禪院真希(ぜんいんまき)の強さ・能力は?アニメ呪術廻戦 16話の感想・ネタバレ

・釘崎野薔薇(くぎさきのばら)の過去に出てきた沙織ちゃんとは?アニメ呪術廻戦 17話の感想・ネタバレ

・高専が守る天元様(てんげん)の正体とは誰?アニメ呪術廻戦 18話の感想・ネタバレ

・東堂葵(どうどうあおい)の術式・領域展開とは?アニメ呪術廻戦 19話の感想・ネタバレ

・九十九由基(つくもゆき)と東堂葵の関係は!?アニメ呪術廻戦 20話の感想・ネタバレ

・高専から奪った呪胎九相図(じゅたいくそうず)とは?アニメ呪術廻戦 21話の感想・ネタバレ

・伏黒津美紀の呪いは夏油傑(加茂憲倫)が関係してる?アニメ呪術廻戦 22話の感想・ネタバレ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です