アニメ

函谷関を落とす作戦とは!?キングダム3期8話の感想とネタバレ

Pocket

アニメ『キングダム』は秦国に誕生した若き王・嬴政が、彼の剣である信と共に、中華を統一するまでの物語です。

今回は函谷関を落とすと豪語した、媧燐の作戦を中心に取りあげていきたいと思います。

よろしければご覧ください。

 

【キングダム3期】

をみたい方はこちら!

↓↓↓

 

 

キングダム3期8話の感想

 

信を男として意識してしまった可了貂、かわいかったですね~

頬を赤らめドギマギしている様子がキュンとします。

ですが信は可了貂のことを女の子として全く見ていません!

あんなにかわいい子がそばにいるのに・・・

 

可了貂を軍師としてちゃんと見ているのは分かります。

ですが、もうすこし女の子として扱っては欲しいなと切実に思いました。

 

函谷関を落とす作戦とは!?

函谷関を落とす作戦があると豪語した媧燐。

消耗戦を続ければ函谷関が落とせると言っていましたが、それだけではないでしょう。

ここでは函谷関を落とす作戦の詳細について、取りあげていきたいと思います。

ここからはネタバレを含みますので、閲覧にはご注意ください。

 

媧燐の作戦は、秦軍を消耗させて弱体化したところに、全軍で総攻撃を仕掛けて函谷関を落とすというもの。

 

媧燐は初日に万極、臨武君を失ったことを重く受け止めていました。

だからこそ主力を温存し、弱ったところを全軍で叩くという作戦を李牧に提案したのです。

 

しかし作戦はそれだけではありませんでした。

媧燐軍の一部を密かに函谷関の裏手へと派遣していたのです。

函谷関を内側から抜き、陥落させるのが狙い。

媧燐は奇襲部隊が見つからないように、いくつもの策を巡らせていました。

 

・戦象を使って相手を引きつけつつ、砂煙を起こして目くらましをする。

・砂煙の後ろに秦軍を囲む完璧な布陣で、秦軍を追い詰める。

これら全てが奇襲部隊のための目くらましだったのです。

 

さすが李牧が認める武将。

恐ろしいまでの策略です。

 

媧燐の作戦は失敗に終わった!?

 

媧燐の策略通り、函谷関の裏手を奇襲部隊が襲います。

果たして思惑通り、函谷関を落とすことができるでしょうか?

 

結論から言うと作戦は失敗に終わります。

なぜなら王翦軍が、救援に現れたからです。

しかし王翦軍は山岳地帯で、オルド軍と戦っていたはず。

どうやってきたのでしょうか?

 

オルドは王翦軍の主力を見失っていました。

午前の戦いで王翦軍に背後を取られ主攻を失ったオルドは、慎重になっていました。

王翦軍が放棄した要塞に立て籠もります。

立て籠もった隙に、王翦軍は函谷関へとむかったのです。

 

王翦軍が函谷関に着いたとき、陥落寸前のところまで追い詰められていました。

函谷関の門を塞ぐ大岩を引きずり出していたのです。

岩が無くなれば門を開けられ、正面にいる魏軍が雪崩れ込んでしまいます。

 

楚軍が最後の大岩に手をかけたとき、王翦軍が現れ楚軍を殲滅させました。

こうして函谷関は窮地を脱し、媧燐の作戦は失敗に終わったのです。

 

媧燐の作戦は失敗しましたが、実は函谷関を陥落させるチャンスはあったのです。

救援に現れた王翦軍は1万。

このときに燕軍が函谷関の裏手に総攻撃を仕掛けていれば、函谷関は陥落したのです。

ですが王翦は、オルドが総攻撃を仕掛けることはないと読んでいました。

王翦の読み通り、オルドは立てこもったまま勝機を逃がしたのです。

 

媧燐の作戦は見事でしたが、合従軍に足を引っ張られる形となってしまいました。

オルドもバカ呼ばわりされていましたが、最大のチャンスを自分のせいで潰してしまったので、文句は言えませんよね。

 

キングダム3期7話のあらすじ

 

万極と対峙する信。

信は長平の怨念に恐れをなします。

それでも隊長として、恐怖を振り払い万極軍に向かっていきました。

 

軍師の可了貂は、拠点を作りながら飛信隊の隊員を集めていました。

隊を立て直すため、仲間と共に信の元へと急ぎます

 

激突する信たちと万極軍。

そこへ飛信隊の仲間が駆け付けました。

可了貂が隊を立て直します。

ようやく見えてきた勝機。

しかし信の様子が何か変です。

 

どこかボーっとしています。

信は戦争の渦を止める手立てを考えていました。

考えていると、答えを知る人物にたどり着きます。

その人物こそが嬴政でした。

 

信に迷いが消え、万極へ猛然と斬りかかります。

追い詰められた万極は、味方のところへ逃げようとしました。

ですが退路を断たれ、信と万極の一騎打ちが始まりました。

 

万極の懐は深く、信は一太刀浴びてしまいます。

斬られた痛みをこらえ、信は万極を討ち取りました。

万極の死の間際、信は「長平のようなことはしないし、させない」と約束します。

「俺も怨念となって地の底からずっと見ている」

そう言って、万極は息を引き取ったのです。

 

キングダム3期8話のネタバレ

 

秦国咸陽にもたらされた函谷関死守の報告。

報告を聞いた文官たちは喜びに沸きます。

 

一方飛信隊では武功を上げたのに、みんなの気持ちは沈んでいました。

万極から長平のことを聞かされたからです。

将軍首を上げた信でさえ、一人空を見上げています。

そこへ藨公将軍が現れ、「飲むぞ!小童」と酒をあおります。

 

「今日の勲功者はお前だ」と信に酒を突き出す藨公将軍。

後ろを率いての戦いは見事だったと信を褒めます。

藨公将軍は飛信隊の失った兵力を補充し、さらに500人隊を2つ信に与えました。

「この大戦で化けてみせろ」

そう期待を込めて・・・

 

昨日敗北した楚の一軍は、第二軍の将・媧燐の元に集められました。

「臨武君の手垢がついた無能どもは要らないんだよ」

と言って、残った一軍だけで戦えと命じます。

しかも騰を討ち取れなかったら、全員斬首にすると脅したのです。

 

言葉通り第二軍を動かさない媧燐。

そこへ楚軍総大将・干明が現れ、二軍を動かさない理由を問い質します。

媧燐は作戦ですよと答えました。

「秦将なんてチンケなものを討つ作戦じゃありません。函谷関を落とす作戦ですよ」

と言って不敵な笑みを浮かべるのでした。

 

媧燐は函谷関を落とす作戦を、合従軍の本陣に伝えます。

作戦を聞いた李牧は、媧燐の力を認めたのです。

各国の軍は媧燐の作戦通り消耗戦に徹します。

2日目も3日目も・・・

 

6日目まで同じような消耗戦が繰り返されました。

そして7日目。

ついに韓軍が動き出します。

 

魏軍の前に出て、函谷関に向けて矢を放ちました。

弓なら高所の方が有利だと高をくくる張唐軍。

しかし矢が掠った兵たちは、次々と倒れていきます。

韓軍が放っていたのは毒矢だったのです。

 

張唐は兵士を弓の届かない所へ避難させます。

張唐が指示する声を聞き、韓軍の成恢は張唐の位置を特定。

成恢は床子弩を準備させます。

そして巨大な毒玉が、張唐めがけて飛んでいったのです。

 

まとめ

 

ここまで媧燐の作戦について取り上げてきましたが、いかがだったでしょうか?

ここまでをまとめると、

・媧燐は奇襲部隊を函谷関裏手に派遣し、函谷関を落とす作戦を立てていた。

・王翦が救援に現れたため、媧燐の作戦は失敗に終わった。

 

韓軍の毒矢にやられ、次々と倒れていく張唐軍。

しかも毒玉が飛んできているので心配です。

何事もなければいいのですが・・・

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

 

【キングダム3期】

をみたい方はこちら!

↓↓↓

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です