アニメ

『蜘蛛ですが、何か?』21話の無料動画(見逃し配信)の視聴方法を紹介!内容のネタバレ・感想も!

Pocket

蜘蛛ですが、何か?は小説家なろうにて連載されていている大人気作品です。

小説家なろうと言えば、異世界転生作品が多いですよね。

蜘蛛ですが、何か?も異世界転生のジャンルです。

大人気ジャンルを取り扱っていて期待がかかる作品で、今回はそんな『蜘蛛ですが、何か?』21話ネタバレ・感想 などについて調べていこうと思います。

宜しければご覧ください。

 

 

【蜘蛛ですが、何か?】

をみたい方はこちら!

↓↓↓

 

 

蜘蛛ですが、何か?21話ネタバレ 黒幕は管理人!?

シュンは顔を洗いながらユーゴについて考えます。

ハイリンスは帝国国軍が来るのは二日からだろ緊張をほぐします。

ユーゴの軍はその頃エルフ族軍を次々と葬っていました。

アサカとクニサキはハイリンスに同志として受け入れられます。

その頃結界が貼られクニヒコが魔剣を見せました。

しかし結界は壊れずエルフの結界の強固さを感じました。

カティアは帝国軍の内通者を探すことを提案しました。

ユーゴの洗脳の可能性があるとするも、エルフたちは聞いてくれません。

アンナに一族の恥さらしと吐き捨てる場面も。

フェリメスは警護を外してシュン達の前に話を聞いてもらいたいとしました。

自分達が転生者であることを明かすフェリメス、自分達は転生者特有のスキルの多彩さで人並外れた強さを得ていたとします。

ハイリンスは状況を理解したものの、なぜ自分達の世界に来たのかと尋ねました。

するとフェリメスは古くから伝わる神の伝承を話しました。

エルフは昔から神の管理者とされていて、強いスキルを持つ転生者がやられてその力が神に奪われない様に保護していたとフェリメスは分析します。

管理者こそユーゴを操っていた黒幕だとフェリメスは分析、彼の傍らにいたソフィア、彼は管理者の側に着いた転生者の一人だそう。

ユーゴは利用されているだけで、生徒たちがこんな争う情報になって悲しくみんな気お付けてとしました。

蜘蛛ですが、何か?21話ネタバレ 開戦の合図

ハイリンスの帝国軍侵攻阻止の話がありました。

本当の最悪は根岸のやばさを話す面々、魔法を無効化して無類の強さを誇り、更に向こう側にも転生者がいるかもしれないというのでした。

カティアの分析ですが二人のうち片方は向こう側についている可能性が高いと言うのです。

そんな思い雰囲気の中草間の存在をみんな忘れていて笑いが起きました。

ハイリンスは皆に目的を話し出しました。

勝たなければならないこの状況、自分達は撤退を視野に入れて自分達は最後まで叩かす必要はないとします。

しかしシュンは見過ごすことはできないとすると、ユーリはなるほどと微笑みます。

早速作戦が始まる中で、侵入者が入ってきたようです。

何やら草間が現れたようで、皆はお前は敵なのかとすると、そのようなのでみんなでとらえに行きました。

草間のスキルは忍者、皆で囲んでとらえるも全く捉えられません。

そして去り際に炸裂剣を放ち転移陣を破壊しました。

魔剣の魔力を炸裂させたようでみんなを結界の中に閉じ込めました。

しかしカティアは真の目的は違うところにあるとすると、外が紫色の結界に閉じ込められることになります。

どうやら結界が無効化されてしまったようです。

遂に始まった戦争、フェリメスはエルフ族としての誇りとして実力を見せてやるとしました。

蜘蛛ですが、何か?21話ネタバレ フェリメスVSユーゴ!

両者の戦いが始まる中で、フェリメスの名簿にはユーゴの命が尽きることが記述されていました。

フェリメスとユーゴの戦いが始まりました。

ソフィアが参戦しようとするも、手出しは必要ないとユーゴはします。

フェリメスの魔法がユーゴの魔剣に弾かれてしまいます。

ユーゴは相手を操るスキル色欲と倒した相手を奪う強欲のスキルを持っていて、これによりユーゴの強さは急激に上がりました。

フェリメスが追い詰められていく中で、クラスメイトの一人を葬りました。

続いてユーゴには結界を発動するフェリメス、結界内部から空気が抜ける決壊にユーゴは苦しみます。

しかしフェリメスの下からクエイクの魔法が放たれます。

ソフィアがそこで参戦し遂にフェリメスにユーゴの剣が迫ります。

自分は先生をできていたのかとするフェリメス、ユーゴの剣を防いだのがシュンでした。

蜘蛛ですが、何か?21話感想

今回蜘蛛子さんが見れなくてちょっと残念でした。

あのバタバタ騒がしい感じが毎週の癒しだったんですけどね。

また人間サイドの話だけだったので、どこか無双することが出来なくて歯がゆさを感じてしまいますね。

ユーゴ陣営の黒幕は管理人であるとフェリメスが明かしました。

そしてユーゴとソフィア以外にもクラスメイトが管理人側についているというのです。

元クラスメイト同士の戦いはかなり心苦しいですね。

またシュン達の転移者ならではの強いスキルのメリットが、相手にも転移者がいると亡くなるなと感じました。

そんなことを感じたのがVS草間戦です。

まったく草間は強そうに感じないのですが、スキル忍者により全く全員がかりでも捉えることが出来ず、さらに炸裂剣の威力が強力でした。

転移陣を破壊され結界も無効化される、エルフの作戦は悉く見抜かれてましたね。

それでもフェリメスは諦めずに戦争の指揮を執っていて、凄くかっこよかったです。

しかし前半あれだけの強さを誇っていたフェリメスも大罪スキルで強化されたユーゴにかなり追い詰められてしまいました。

やはり管理人サイドは何かと強いスキルを保有していると言えますね。

しかしフェリメスも流石でユーゴ自体は結界で倒せそうでした。

ソフィアの介入が入ったことで結果的には負けてしまいましたが、やはりフェリメスの実力はかなりの物だと言えると思いましたね。

そしてフェリメスのピンチに駆けつけたシュン、凄い主人公らしさが出ていましたが、どこ迄活躍するのか楽しみになってきました。

まとめ

大人気ライトノベル『蜘蛛ですが、何か?』が遂にアニメ化、そして放送されました。

そこで今回は『蜘蛛ですが、何か?』21話ネタバレ・感想についてお話しさせていただきました。

フェリメスがシュン達にユーゴ達の背後にいる黒幕が管理人で、ソフィアの他にも転生者が味方にいるかもしれないとします。

予想は当たって草間が襲撃をしてきて、開戦ののろしが上がりました。

検討するフェリメス、ユーゴーを追い詰めるもソフィアにやられてしまいます。

ピンチのフェリメスを救うたのはなんとシュンでした。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

 

【蜘蛛ですが、何か?】

をみたい方はこちら!

↓↓↓

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です