アニメ

『蜘蛛ですが、何か?』6話ネタバレ・感想 勇者ユリウスの戦いの結末は?

Pocket

蜘蛛ですが、何か?は小説家なろうにて連載されていている大人気作品です。

小説家なろうと言えば、異世界転生作品が多いですよね。

蜘蛛ですが、何か?も異世界転生のジャンルです。

大人気ジャンルを取り扱っていて期待がかかる作品で、今回はそんな『蜘蛛ですが、何か?』6話ネタバレ・感想 などについて調べていこうと思います。

宜しければご覧ください。

 

前回のネタバレ記事はこちら!

 

蜘蛛ですが、何か?6話ネタバレ VSウナギ

 

シュンはユリウス兄様の自慢をフェイにたくさんしていました。

本当にユリウスのことを誇らしく思っている様子。

場面は何とユリウスたちの勇者部隊へ!

次々と魔物を倒していき、討伐対象は蜘蛛の魔物となっているのでした。

中層にいる私はナマズがおいしくて上機嫌です。

索敵のスキルに注目する私。

かなり自分でも高いと感じていました。

その時ウナギの魔物が登場します。

かなりのステータスで、絶体絶命でした。

その時私の予見の能力が発動。

次々に攻撃を交わしていきました。

しかし範囲攻撃を受けてしまいます。

そんな中でウナギのMPが消費されるのを見るのです。

遂に炎のブレスが直撃しようとすると、ぎりぎりで回避を果たします。

陸に出てきたウナギは私と互角の戦いを繰り広げることになりました。

そして隙をついて毒を口にぶち込む私。

無事にウナギを倒すことに成功するのです。

しかし生命変位の能力で復活と、新たなスキルを手に入れるウナギ。

私は最期の力を振り絞ってウナギを打倒しようとします。

HPは残り僅か、ぎりぎりで無事ウナギを倒すことに成功するのでした。

私はさらにレベルアップして、格上のウナギを倒したことで、自分の強さを自覚するのです。

蜘蛛ですが、何か?6話ネタバレ 私のさらなる進化

 

その後どうやって進化するか思い悩みました。

ゾア・エレを選ぶ私。

ウナギの鱗を使ってシェルターにして、進化する隙を自分の身を護る繋ぎとするのです。

進化した私は、かなりステータスが向上し、とげとげしい見た目になるのです。

ウナギの料理を始める私。

気が付けばウナギを完食しました。

どんどんスキルをゲットしていく私。

試しに探知のスキルを使ってみると、凄まじく広大な周囲の土地を把握することができるのです。

また並列意思レベル1を手に入れた私は、完全に別の意志で違うことを思考できるようになるのでした。

戦闘中でも役に立つようで、かなり強くなったと感じて、魔王でも勇者でも怖くないと感じるよう。

蜘蛛ですが、何か?6話ネタバレ ユリウスの戦い

 

場面はユリウスに切り替わり、冒険者の皆はユリウスを尊敬しているようです。

そんなユリウスの元にグレーターパラセクトが三体現れ、その奥に真っ白い悪夢の残滓が登場するのでした。

戦闘が始まると、凄まじい攻撃の押収が始まります。

ユリウスの魔法がほとばしり、次々とグレーターパラセクトを撃破していきました。

しかし悪夢の残滓はそう簡単にはいかず、ユリウス曰く平均ステータスがすべて2000は超えていると感じているよう。

素早い動きに恐ろしいタフさに、苦戦を強いられるユリウスたち。

その時何かにおびえる悪夢の残滓の隙をついて、ユリウスたちが無事倒すことに成功するのでした。

帰宅をしようと試みるユリウス。

その中で悪夢の残滓がおびえていた原因を求めていたようです。

場面は切り替わり、謎の集団がフライングをしたとある人物を感知している描写が描かれるのでした。

蜘蛛ですが、何か?6話ネタバレ ユーゴ―の堕落

 

シュンはクラスメイトにユリウスの素晴らしい武勇伝を語って、上機嫌です。

クラスメイトもすっかり素敵であると、シュンを誇らしいと感じていました。

その時カティアがシュンを呼び留めて、場所を移します。

教室のドアを荒く開けて、出ていくユーゴー。

どうやら王国の王子として生まれたはずの自分がここまで不遇であるというのが納得いかないようなのです。

教室を出ていくユーゴーをみて、カティアは何も起こらなければいいと、複雑な心境を感じたようなのでした。

そして窓ガラスに思いっきり拳を叩きこんで、粉砕してしまうのです。

そしてこの世界を自分の世界としてシュンは、自分の世界にはいらないと、凄まじい憎しみを纏った表情で心にとめるのでした。

蜘蛛ですが、何か?6話感想 

 

ユリウスの事をシュンは本当に好きなんだと思いましたね。

皆に自慢気に話すシュンを見ていると、微笑ましい気持ちになるのでした。

一方でナマズと死闘を繰り広げる私。

遂に討伐に成功し新たな進化を果たすのです。

その姿はどこかとげとげしく、どんどん可愛らしい蜘蛛の造形から遠ざかってきた気がしましたね。

しかし索敵能力はとんでもなく高く、遠くの地形迄索敵できるようになった描写は驚きでした。

そしてなんとユリウス本人が登場です。

どうやら蜘蛛の魔物を討伐しに来た様子で、ひょっとしては私の事かなと思ってしまいました。

ユリウスのパーティーの顔触れはかなり歴戦の勇者感が出ていて、流石シュンの兄だなと思いましたね。

ユリウスたちが討伐しに行ったのは、悪魔の残滓でした。

光り輝くその姿は神秘的でしたが、ユリウスパーティを追い込んだその実力は恐ろしいものでした。

私の進化系な気がしたのですが、実際どうなのか凄い気になるところです。

その後場面が切り替わり、謎の強力勢力が登場したのですが、明らかに強そうなオーラを放っています。

そろそろインフレが始まりそうな気がしましたね。

そして今回はCパートがありました。

シュンを恨む、ユーゴーがかなりやばそうでしたね。

そろそろ事件を起こしそうな気がしたのでした。

次回も楽しみです。

まとめ

大人気ライトノベル『蜘蛛ですが、何か?』が遂にアニメ化、そして放送されました。

そこで今回は『蜘蛛ですが、何か?』6話ネタバレ・感想についてお話しさせていただきました。

私は着々と成長しています。一方ユリウスが初登場、インフレを予感させました。

更にユーゴーがいよいよやばい気がします。

私がさらなる成長を見せてくれたので今後が楽しみですね。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

 

前回のネタバレ記事はこちら!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です