アニメ

『蜘蛛ですが、何か?』7話のネタバレ・感想!闇に堕ちたユーゴーの結末は?

Pocket

蜘蛛ですが、何か?は小説家なろうにて連載されていている大人気作品です。

小説家なろうと言えば、異世界転生作品が多いですよね。

蜘蛛ですが、何か?も異世界転生のジャンルです。

大人気ジャンルを取り扱っていて期待がかかる作品で、今回はそんな『蜘蛛ですが、何か?』7話ネタバレ・感想 などについて調べていこうと思います。

宜しければご覧ください。

 

前回のネタバレ記事はこちら!

 

蜘蛛ですが、何か?7話ネタバレ 絶好調な私

またまた新しいスキルを手に入れた私、特に邪眼系スキルの中二病さに魅力を感じていたようです。

沢山の中から何を取るか決めかねている中で、呪いの邪眼を使うことになるのでした。

そして試しにカエルに対して邪眼を発動すると、一発で倒すことに成功するのです。

レベル10になったスキルを見ながら、更なる好奇心を私は見せるのでした。

蜘蛛ですが、何か?7話ネタバレ 課外授業

 

シュンたちは行方不明の他のクラスメイトの話をしています。

どうやらそのうちの四人は既に亡くなっているそう。

先生は皆をこの広い世界で、探してくれていたようで、不明の三人の転生先は秘密としています。

先生はスキルを危険だから鍛えない様に言いました。

その理由は明かしてくれません。

課外活動に参加することになるシュン。

その目的は魔物の生息する環境を体験することでした。

今回の森では最低クラスの魔物しか存在していないようです。

シュンだけカティア達とは違ってオリザ先生の班になり、ユーゴーと一緒になることに。

スーは一日シュンとは慣れるだけでかなり不安がっています。

転生者同士、この機会にユーゴーとの関係修復を目指しているみたいです。

どうやらフェイは使い魔禁止の課外活動には参加できず、ご立腹のようでした。

蜘蛛ですが、何か?7話ネタバレ 遂に動き出すユーゴー

 

シュン達の班が野営地につきました。

フィリヌスが弱音を吐いたふりをしていると、ユーゴーがステータスが高いくせにとツッコミを入れます。

クラスメイトがシュンへの尊敬の言葉をかけていると、ユーゴーが間が悪そうな表情をしました。

約束を取っているシュンの元に、騒音が鳴り響きます。

現場に向かうと、ユーゴーがいました。

どうやらクラスメイトをユーゴーが葬ってしまったそう。

更にユーゴーが自分の世界で自分が君臨するために、シュンを葬ろうとします。

スキルがあれば何でもできる夢のようなこの世界。

そしてシュンはこの世界にはいらないとしました。

シュンはユーゴーのパラメーターを見て、かなりの強さを感じます。

ユーゴーはあれから積極的にスキルを取り入れていたよう、ユーゴーはレベルもスキルポイントも使っていないシュンの事を知っており、勝てると踏んでいるよう。

この暴虐的な振る舞いはさらに王となる自分には許されるともしていました。

ユーゴーはどうやら手下と、魔物を手配して他の班員も消し去ろうとしていたそう。

ユーゴーを異常だとするシュン。

しかしここは日本ではなく秩序なんてないとユーゴーはします。

次々に追い詰められていくシュン。

ユーゴーは地龍を倒したのは間違えだったとし、シュンにとどめを刺そうとしました。

その時先生フェリメスの風魔法がユーゴーに直撃。

全ての計画をフェリメスは打ち破り、そして支配者のスキルを使い、ステータス低下を使い、更にスキルを全て剥奪するのです。

先生は普通の生活を送るようにユーゴーに進めるのでした。

スキルは危険であるとするフェリヌス。

蜘蛛ですが、何か?7話ネタバレ 新たな局面へ

 

その一方で、私は順調にスキルアップを取得していっています。

二つの視覚を持ったり、意思を複数もててたり、次々とスキルを使いこなしていきました。

絶好調な私の元に、突然不思議な音がなり、叡智のスキルを始めとして、次々とスキルが統合されています。

このことに不自然さを始めて感じた私。

この世界の管理者に私は管理されていて、初めて君の悪い恐怖を感じるのでした。

一体この後自分はどのように行動していけばいいのか、私の脳裏に迷いが生じます。

一方スキルやステータスを剥奪されたユーゴーは荒れていました。

部屋を破壊しフェリヌスに対する復讐を持ち勝っている様子。

その時何者かがユーゴーに近づき、転生者のよしみで助けてあげるとするのでした。

そして笑みをこぼしてユーゴーは悪魔でも何でも乗ってやるとするのです。

蜘蛛ですが、何か?7話感想 

 

相変わらず私は次々とスキルを習得していっていますね。

正に順調すぎると言えるほどにです。

やはりでかいのが意思を複数操ることのできるスキルです。

一人で複数人分の思考ができるという事は、あらゆることが複数倍の効率でできるという事、かなりのチートスキルだと思います。

とは言え、複数の私が心の中で話し合っている様子は可愛らしすぎますね。

そしてシュンサイドの話では、ユーゴーがついに動き出しました。

前回ガラスを割った時から危ないなと思ったのですが、それでも本当にシュンを葬りに来たとは驚きですね。

この世界の王だと完全に勘違いしたユーゴー。

力を隠していたフェリヌス先生に力を剥奪されてしまいました。

完全に王だと思っているのに先生には歯が立たないその様子は、少し可哀そうでしたね。

一方で私は、あまりに増えすぎるスキルに、この世界に違和感を覚えるのでした。

増えたスキルは一体だれが管理をしているのか、この世界の核心に気づいてしまったそうで、近々私の元に大きな異変が起きそうな気がします。

そしてフェリヌスの復讐に燃えるユーゴーの元に何者かが現れます。

とことん闇落ちしていくユーゴーにこれは逆に面白いキャラだなと感じさせられたのでした。

まとめ

大人気ライトノベル『蜘蛛ですが、何か?』が遂にアニメ化、そして放送されました。

そこで今回は『蜘蛛ですが、何か?』7話ネタバレ・感想についてお話しさせていただきました。

私はこの世界の違和感に気づく一方で、ユーゴーは謎の人物とシュン達への復讐を誓いました。

物語は新たなステージに来た気がしますね。

今後の展開が楽しみですね。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

前回のネタバレ記事はこちら!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です