アニメ

『蜘蛛ですが、何か?』8話のネタバレ・感想!火龍の攻撃をかわす事ができるのか?

Pocket

蜘蛛ですが、何か?は小説家なろうにて連載されていている大人気作品です。

小説家なろうと言えば、異世界転生作品が多いですよね。

蜘蛛ですが、何か?も異世界転生のジャンルです。

大人気ジャンルを取り扱っていて期待がかかる作品で、今回はそんな『蜘蛛ですが、何か?』8話ネタバレ・感想 などについて調べていこうと思います。

宜しければご覧ください。

 

前回のネタバレ記事はこちら!

 

蜘蛛ですが、何か?8話ネタバレ 転生前の学生生活

 

ボーっとしているシュンにカティアとユーリが話しかけます。

ユーゴーのことについて話し合う二人。

あの日以来ユーゴーは姿を消しました。

前世じゃここまで酷くなかったユーゴー。

少しシュン達も気に掛けたようです。

紅葉狩りをしている学生時代のシュン達。

高校生にもなって公園という行事を小学生みたいと評していました。

教室で話をやっていたほうがいいともしています。

男子たちのサッカー対決が始まりました。

女子たちはみんなで応援しています。

根岸と言う人物は結構怖い雰囲気を放っていました。

シュンが辺りを見渡していると、一人の少女が女子三人組に団体行動をしているのに読書なんて協調性がないと指摘されています。

そこにシュンはジュースが噴き出したふりをして、読書をしている少女を助けました。

シュンは三人組に混ざって柿ジュースの話で盛り上がっています。

先生がみんなを名前で呼んで集めようとしていました。

他の皆は何をやっているのかと、話しているカティア達。

ここにいるのが六人で、亡くなったのが四人。

居場所が分かってこれから会いに行くのが、2人で、居場所が分かっているが手が出せないのが二人だそうです。

キョウヤの行方についてフェリメス尋ねるシュン。

居場所が分かっていないようです。

若葉の場所をフェイが聞いていると、私に場面が転換されます。

蜘蛛ですが、何か?8話ネタバレ 私の魔法実験

 

私は現在ギタリストの様に燃えていました。

そして物理的にもお尻の部分が燃えていたそうです。

HPが0になったところで、MPを犠牲にして忍耐を発動し何とかHPを残しました。

管理者が出てきてこの世界のおかしさに気づいた私。

沢山のスキルを手に入れただけにどんどん試してみたい欲求に襲われることになるのです。

魔法の説明を別の意識に教える私。

叡智には検索の能力もあり、魔法関連について調べるのでした。

魔法には魔力の認識、魔力の操作、術式の構築が必要なようでした。

しかし私はたくさんのスキルを駆使することでこの三つを満たして魔法を発動することが出来るのです。

深淵魔法を放つ私。

地獄の門を使おうとするも、術式の構築が難しすぎて暴発することになるのでした。

魔道の極みがあるはずなのに、おかしいと思いつつも熟練度が達無いという事になるのです。

魔法を試したい私は、別意識と主導権の取り合いをするのでした。

そうしていると三人目の並列意識が出現するのです。

どんどん自分の強さが上がっているのを実感している私の元に地震が起こります。

巨大な崖を覗くと突如蒸気が噴き出します。

いったいこの下で何が起こっているのかと下を覗くと、巨大な上位種の火龍が登場しました。

蜘蛛ですが、何か?8話ネタバレ 火龍登場

 

かなりダメージを追っているも、私を襲ってくるのです。

私は完全に不利だけど頑張ってドラゴンを倒そうとするのでした。

次々とスキルを使って、術式を構築。

そして魔法を放とうとするのです。

回避を続けていく私。

その中で僅かな隙を何とか見つけていく野でした。

毒の耐性が完全に出来上がる前に、早めに勝負を付けたい私。

火流の炎のブレスを弱毒性でガードをしていきます。

着地はマグマでまずいと思った私。

これらは火龍の誘導で私は火龍の口に飲み込まれそうになります。

龍の口にめがけて自分の持ちうる最大出力の毒を放つのでした。

その最中四人目の並列意識が生まれるも、それどころじゃないと三人に怒られてしまいます。

私の渾身の毒玉をとっさにやばいものだと判断した火龍は口を爆発させて、緊急阻止をしました。

私は火龍のまさかの判断能力に驚きつつも、何とかマグマの中でわずかにあった足場に雲の意図を絡めて生き残ることになるのです。

これ以上岩場がなくて、これも火龍の誘導だと気づいた私。

炎のブレスが私を襲います。

場面は変わり若葉は既に亡くなってしまっていることがシュウたちに明かされました。

蜘蛛ですが、何か?8話感想

 

シュウたちの転生前の生活模様が少し明らかになりましたね。

何時の時代の学校でもある、クラスメイトの個性がよく描かれています。

ある人はクラスみんなの脚光を浴びて活躍したり、ある人はそんなクラスメイトを目を輝かせながら応援したり、ある人は不思議オーラを発していたり、ある人は自分の世界観に入り込んでいたり。

シュウたちが本当に転生前は普通の高校生のクラスにいたことが分かりますね。

そんなクラスメイト皆が異世界に転生して、バラバラになっている中で先生自身は大半の皆の状況を把握しているみたいでした。

中ではなくなっていた人もいて、過去回想があっただけにかなり深刻な問題だなと思いましたね。

一方で相変わらず魔法を試している私。

しかしここで強敵火龍の登場です。とにかく強すぎるのですが、つよくなった私に倒せない相手ではないと言うので驚きです。

私と火龍の戦いはデットヒートして、激しい攻防はとてもワクワクしました。

果たして勝敗は如何に、次回はとても楽しみです。

最後は若葉が無くなってしまったことが判明。

かなり深刻な雰囲気ですが、原因が気になるところです。

まとめ

大人気ライトノベル『蜘蛛ですが、何か?』が遂にアニメ化、そして放送されました。

そこで今回は『蜘蛛ですが、何か?』8話ネタバレ・感想についてお話しさせていただきました。

強敵火龍と私が激突、果たして勝負の行方はどうなるのでしょう。

また若葉亡くなってしまったと判明。次々とシュンたちのストーリーも進んでいきます。

今後の展開が楽しみですね。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

前回のネタバレ記事はこちら!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です