アニメ

獣化するフレデリカの変身シーンが!?ベアトリスが助けた理由は!?リゼロ2期 第31話の感想・ネタバレ

Pocket

獣化するフレデリカが変身シーンが!?ベアトリスが助けた理由は!?リゼロ2期 第31話の感想・ネタバレ

2020年8月12日に『Re:ゼロから始める異世界生活』第31話「少女の福音」が放送されましたね!

今回はロズワール邸に戻ったスバルたちがエルザと戦闘になり、スバル以外全滅になるという、一番残酷な回でしたね。

そんな第31話「少女の福音」感想・ネタバレについてお話していこうと思います。

宜しければご覧になってください。

リゼロ2期 第31話 感想

第31話 「少女の福音」

何で今回の死に戻りだけ話が噛み合わないのか謎すぎるんですけど・・・

いつもは一度起こった事は、大体そのまま進むのに今回は全てが違う未来になっているって事は理由があるとは思いますけどね。

でも、エルザが来るところは同じな所はやっぱりリゼロのダークな部分が出ていますよね。

しかも、2回目は魔獣まで・・・次の死に戻りからエルザと魔獣出てきたらもう攻略するのにラインハルト連れてこないと勝てないやん。

しかも、今回ベアトリスに助けられて、死ねないのにしどうすんの!?って感じですよ。

 

まぁ、どこかのタイミングで死に戻りして全員助けるんでしょうけどね。

今回は情報収集的な事をしてから死に戻りするのかな!

情報収集したスバルは最強だけど、今回、死に戻りしても違う未来になっちゃうからどうすんのかなって感じですよね・・・

ベアトリスがスバルを助けた意味もきっとあるだろうし、スバルはラムやペトラ、フレデリカが殺されているのに助けに来なかったベアトリスについて怒ってそうですしね。

本当に謎だらけですね。

早くこの後味悪いゾーンを抜けて、幸福ゾーンに入って欲しいです!

そして、全員無事に聖域の試練を攻略して欲しいと思います。

あと、ガーフィールが死に戻り前と後で態度が変わっているのも気になりますよね。

死に戻りしたら魔女の残り香が濃くなるから、レムに殺された時みたいにガーフィールが警戒しているからなのかな?とか思って見たり。

しかも、敵対することになったら、獣化したフレデリカであんなに強そうだったのに、ガーフィールが獣化したらとんでもないことになりそうですからね!

スバルなんかワンパンですよね。

今回は、可愛いシーンがあんまりなかったのが残念ですけど、ダークゾーンは仕方ないと割り切ります。

そうは言っても、ペトラとかエミリアを抱き寄せるところは「ええやん!!」とか思いましたけどね!

あと、フレデリカの獣化シーンはご馳走様ですっ!

 

次回はもっと可愛いシーンもたくさんある事を祈って1週間を楽しみに待ちたいと思います。




リゼロ2期の前回(30話)のあらすじ

「惑わされながらも聖域の試練をクリアしたスバルにエキドナから聖域の開放の条件は3つの試練を突破することだと告げられます。

第一の試練を突破し現実に帰ってきたスバルは横で苦しそうにパニックになるエミリアを連れて聖域をでます。

そして、オットー、ラム、ガーフィールとスバルが話し合っているとリューズが話に参加し、聖域の住人は契約があり試練を受けることができないと言います。

そして、2回目の聖域の試練も失敗に終わったエミリアを抜きで、スバル、ロズワール、ラムの三人で話し合いが始まる。

そして、魔女教が来ることがわかっていたはずなのに、自分だけ戦いに参加しなかったロズワールを責めるスバル。

それに対して

「私は私が魔女教と退治せず済むように、それらの事態を誘導した。私が解決してしまえば今回のエミリア様にも、君の手柄にもならないからね」

と発言する。

その発言にスバルは怒りをあらわにするが「今日はここまでだ」と素直に話し合いを終わらせる。

場面は変わり、スバルはエミリアに聖域の開放はエミリアがやらないと意味がないと伝え、それに応えるかのようにエミリアは「甘やかさないで」と返します。

そして、一度アーラム村の人たちだけでも村へ返すことになり、スバルも同行する。

ついでに、レムの顔を見るために屋敷に戻ると、腸狩りのエルザに腹を斬られ死んでしまうスバル。




リゼロ2期 第31話 ネタバレ

第31話 「少女の福音」

セーブポイント

 

エルザに腹を裂かれたスバルは自身が聖域の試練の1つ目をクリアした直後に死に戻りのセーブポイントが上書きされました。

そして、今回のエミリアが苦しんでいるときには強く抱きしめ、落ち着かせます。

落ち着きを取り戻したエミリアが起きてきて

「スバルがいてくれたからかな。今は試練の話をしなくちゃ。」

とスバルに頼っている発言をし、試練の話へ話を戻します。

スバルは自分が聖域の試練を受けて1つ目の試練を突破したことを話し、1つ目の試練が過去を見せられたことを話します。

聖域の試練が3つあるということを話し、エミリアに

「俺が君の代わりに残りの試練に挑んでクリアしても良いって提案」

と言うが、それをガーフィールがエミリア以外が聖域の試練に受けるのを反対し、しかもスバルにだけには絶対クリアさせないと言います。

死に戻りをする前はスバルがクリアすればいいと言っていたのにも関わらず、死に戻り後になれば、全く反対の事を言い出します。

そして、エミリアも「スバルは私には任せられないって思うの?」と言い、思っていた反応と違って、エミリアを傷つけてしまったことに焦るスバル。




ロズワール邸に戻る準備

 

さっきのスバルが聖域の試練をクリアすることに反対した理由をガーフィールとリューズに尋ねるとロズワールがエミリアの手で聖域の試練をクリアすることを望んでいるからと話す。

場面は変わり、スバルはロズワールのもとに自分では折り合いが悪くなりそうだからアーラム村の人々だけでも村へ帰すことをリューズたちに話して欲しいとお願いをしにきていました。

そしてもう一つ、アーラム村の人たちに村の人たちが安全だと伝えに行きたいし、フレデリカが何かを企んでいることも調べに行きたいと言います。

ラムを連れて、ロズワール邸へ戻ることになるスバルだが、見送りに来たガーフィールから輝石を貰えないことに疑問を感じながらも、ラムのおかげでなんとか輝石を受け取る。

ロズワール邸へ帰還している途中で、レムのこと忘れ記憶に穴が空いたような感覚がして浮かない顔をするラムに、今まであったことやレムの存在のことを全て話すスバル。

フレデリカは味方!?

 

ロズワール邸についたスバルはペトラのお出迎えに屋敷で何も起こってなかったことに安堵し、ペトラを抱きしめます。

そして、ラムをレムのところに連れていき、ラムは二人だけにして欲しいと頼む。

スバルはレムの部屋から出ると、フレデリカが結界の張り治しから帰ってきていて、二人で話をすることになり、輝石をフレデリカに見せます。

転移の罠のことをフレデリカに尋ねると何も知らない様子で、転移がフレデリカの仕業ではないことがわかり、ラムも合流して話をする。




エルザ襲来

フレデリカの誤解が解けたすぐにエルザがペトラを人質に部屋に入ってきて、戦闘になります。

フレデリカとラムの連携でペトラを取り返し、エルザに傷を与えると同時に部屋から脱出しようとするが投げナイフでスバルとフレデリカが負傷します。

そのまま逃げれば、助かる可能性はあったがスバルとフレデリカ、ペトラがレムとベアトリスを助ける選択をし、フレデリカは獣化してエルザと戦うことになりました。

一方、スバルたちはレムを救出すべく、レムの部屋に向かうが、そこには魔獣の姿があり、追われてしまいます。

禁書庫の番人

 

魔獣を食い止めるためにラムが抑え、スバルとペトラはレムの部屋に向かおうとするが、エルザとフレデリカの戦闘の影響で屋敷が崩れてしまいます。

意識を飛ばしかけたが、何かに巻き込まれ屋敷の中に飛ばされてしまい、側を見るとペトラの死体がありました。

そして、レムのところへ向かうとエルザに見つかり、フレデリカの死について教えられます。

レムだけは殺させないと、自身の死を覚悟し、レムの部屋へ入るとそこはベアトリスが管理する禁書庫でした




まとめ

2020年8月12日に『Re:ゼロから始める異世界生活』第31話「少女の福音」が放送されましたが、きっちり今回もおもしろかったですね!

リゼロは本当にハズレ回が少ない気がしますよね!毎回ブラック気味ですけど・・・

次回も、面白そうな内容なので楽しみに待ちたいと思います。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

 

エミリア陣営
ナツキ・スバル エミリア レム
ラム ロスワール・L・メイザース ベアトリス
オットー・スーウェン ガーフィール・ティンゼル リューズ・オメガ
七大魔女
嫉妬の魔女・サテラ 強欲の魔女・エキドナ 憤怒の魔女・ミネルヴァ
怠惰の魔女・セクメト 暴食の魔女・ダフネ 傲慢の魔女・テュフォン
色欲の魔女・カーミラ 虚飾の魔女・パンドラ 憂鬱の魔人・ヘクトール
大罪司教
ペテルギウス・ロマネコンティ レグルス・コルニアス シリウス・ロマネコンティ
カペラ・エメラダ・ルグニカ ライ・バテンカイトス ロイ・アルファルド
ルイ・アルネブ
三英傑
『初代剣聖』レイド・アストレア 『竜神』ボルカニカ 『大賢人』フリューゲル
王戦候補者
フェルト プリシラ・バーリエル クルシュ・カルステン
アナスタシア・ホーシン
騎士
ラインハルト・ヴァン・アストレア アルデバラン フェリックス・アーガイル(フェリス)
ユリウス・ユークリウス

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です