アニメ

エキドナが3回目の魔女の茶会で話したい事とは!?リゼロ2期 第34話の感想・ネタバレ

Pocket

エキドナが3回目の魔女の茶会で話したい事とは!?リゼロ2期 第34話の感想・ネタバレ

2020年9月2日に『Re:ゼロから始める異世界生活』第34話「らぶらぶらぶらぶらぶらぶゆー」が放送されましたね!

今回は魔女たちがスバルと話したり、現実世界で嫉妬の魔女が登場したり、ロズワールが福音書(叡智の書!?)を持っていたり、と謎が深まる回でした!

そんな第34話「らぶらぶらぶらぶらぶらぶゆー」の感想・ネタバレについてお話していこうと思います。

宜しければご覧ください。

リゼロ2期 第34話の感想

第34話 「らぶらぶらぶらぶらぶらぶゆー」

 

今回初めて死に戻りのルールが明確になった気がしますね!

死に戻りは魔女の妄執で、それが続く限り回数制限はない。

スバルを死なせない力で、過ちを許さない力。

スバル以外は死んでも関係がなく、多くの犠牲を許容して運命を変えればその犠牲を取り戻すチャンスは巡ってこない。

こんな感じですかね!?

この過ちを許さない力が一番、酷な力ですよね・・・。

自分は嫌なことから逃げてきた人生なので、それが逃げられないなんて考えられないです。

スバルはこれからも妥協が許されない人生になったなんて、かわいそうだな。

けど、スバルはそれでも吹っ切れて、全てを見捨てないことを覚悟するなんて、メンタルがいかれてる気がします。

これはエキドナもびっくりですね。笑

 

それと、魔女達全員可愛いすぎる!

ミネルヴァが助けてくれたところとか本当に好きなタイプのキャラでした!

あと、ダフネの声が東山奈央さんってところが本当にポイント高い!わかりますよね!?笑

そして、シンプルにエキドナは可愛い!

でも、やっぱり魔女たちは怖い部分もあるんだよな・・・。

テュフォンが腕とか足を千切ったり、スバルをバラバラにした所とか怖さの方が強いですね。

ダフネは言ってることは間違っていないんですけど、言い方が怖いしBGMも本当に怖い・・・。

でも、大兎の習性や倒し方を教えてくれるし、本当にどっちなのかわからない。

魔女たちがこれからスバルを助けてくれるのかが見ものですね!

そして、エキドナが帰り際に3回目の茶会で話したいことって何なの!?

結構大切なことっぽかったんですけど・・・。

まぁ、これもその内わかるし楽しみに待ちますか。




 

嫉妬の魔女がついに出てきましたね!

愛してるの所、イヤホンで聞いてたからホラーゲームみたいでちょっと怖かったです。笑

嫉妬の魔女はほとんどエミリアの格好してて、目だけが本気パックの目に似ていたような気がしたんですけど、何か関係があるんですかね!?

しかも、今回は死に戻り前にスバルを殺したガーフィールが助けてくれるなんて、本当に毎回違うことが起こりすぎてるでしょ・・・。

レムたちをエルザから救って、聖域の人たちを大兎から守ったり、ガーフィールを説得させたり、聖域のクリアに、ベアトリスの件など、今回はやることが多すぎて全部見捨てない方法が自分には見つけられない。

それでも、スバルは全てを解決するなんて、結局スバルの作戦が毎回凄すぎるんですよね!

今回の最終的な作戦がどんなものなのか、楽しみで仕方ないですね!

 

 

最後に、ロズワールが持っていたのは福音書!?それとも叡智の書!?

完全にロズワールはスバルが死に戻りしていた事を知ってる感じでしたよね!

というか、スバルと一緒に死に戻りをしている風なことを言っていましたが、自分では死に戻りできないが、スバルが死に戻りすればロズワールも一緒に記憶が戻っているということですか!?

それとも、ロズワールが持っていた福音書(叡智の書!?)にスバルが死に戻りをしていると書いてある的なことなんですかね!?

ロズワールが謎を産み続けてくれますね・・・。

どうせ考えてもわからないし、先のアニメを楽しみに待つしかないですね!

【リゼロ】ロズワール・L・メイザースの強さ・能力は?エキドナとの関係や目的は?【リゼロ】ロズワール・L・メイザースの強さ・能力は?エキドナとの関係や目的は? 累計発行部数700万部を超える、大人気ライトノベル...

 




リゼロ2期の前回(33話)のあらすじ

前回の「命の価値」はロズワールにベアトリスがなぜ福音書を持っているのかを聞きに行くと、魔女教徒ではないし、福音書ではなく叡智の書に近しい物だと言う。

「ロズワールは質問しろと言っていた。このことをベアトリスが聞けば反応があるはずだ。」

なんのことかわかっていないスバルに「これでは足りないか・・・。」と言い

「自分がその人だ。そして、ベアトリスに質問をさせ、それを肯定しなさい。そうすれば、きっとベアトリスは見方になってくれる。」

と言い、会話は終了します。

そして、ロズワール邸へ向かう途中、獣化したガーフィールに追いかけられ、アーラム村の人に助けられながら、聖域の外に出ようとします。

しかし、獣化したガーフィールがとんでもなく強かった為、守ってくれていた、オットーやアーラム村の人たちが犠牲になり、スバルまでもが殺されそうになるが、スバルの持っていた輝石が反応し、転移して助かります。

気を失っていたスバルが目覚めると、外は雪で真っ白になっていて、そこで出会ったウサギに手を差し出すと、大量のウサギが出てきて食べられてしまいました。

死に戻りしたスバルは聖域の墓所の中で魔女の茶会に呼ばれ、エキドナと会話をする。

その中で、エキドナはスバルが死に戻りをしている事を知っている素振りで、さらには死に戻りをしていることを話しても大丈夫な事に気付き、今まで溜まっていたものが溢れ出て、号泣しました。




リゼロ2期 第34話のネタバレ

第34話 「らぶらぶらぶらぶらぶらぶゆー」

今回はエキドナとの会話から死に戻りの制限がないことがわかるが、それと共に自分が納得すれば多くの犠牲を払っていても死に戻りできるチャンスがなくなる事も知る。

スバルは死に戻りについて聞いた後、大兎を倒す方法を聞くためにエキドナに『暴食の魔女ダフネ』に合わせて欲しいと言う。

それを受け入れたエキドナは自身の体を依代にダフネに交代しようとするが、『傲慢の魔女テュフォン』が『暴食の魔女ダフネ』を押しのけて出てきてしまう。

『傲慢の魔女テュフォン』はスバルのことをバラバラにしてしまうが、『憤怒の魔女ミネルヴァ』が出てきて自身の能力でスバルを治してくれる。

そして、遠回りをしたが『暴食の魔女ダフネ』がスバルの前に姿を洗わせてくれ、大兎のことを教えてくれました。

スバルはエキドナとの会話に戻り、次に魔女の茶会に来るにはどうしたら良いか聞くと、2回目の茶会に来た時よりも『知りたい』と強く願えば茶会に参加できると言われる。

さらに、帰り際にはエキドナから「3回目の茶会では話したいことがある」と言われ現実世界に戻りました。

現実世界に戻ったスバルは、謎の影に覆われた世界に驚き、そこで出会った『嫉妬の魔女サテラ』に驚愕します。

『嫉妬の魔女サテラ』に追いかけられるが、それをガーフィールが助け、共に逃げることになります。

最後のCパートでロズワールが

「君が地獄を歩むならば、私は喜んで同道しよう。君が地獄を生きるのならば私はその地獄をこそ望もう。次は間違えないようにね・・・ナツキスバル。」

と完全にスバルの死に戻りについて何か知っている感じを出して死を受け入れました。




まとめ

2020年9月2日に『Re:ゼロから始める異世界生活』第34話「らぶらぶらぶらぶらぶらぶゆー」が放送されましたが今回も良かったですね!

魔女たち可愛いし、嫉妬の魔女の出現に、ロズワールの発言の意味などの複雑な回となっていましたね!

他のアニメでも面白いところをやっているので最近のアニメ界隈は盛り上がっていますね!

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

 

エミリア陣営
ナツキ・スバル エミリア レム
ラム ロスワール・L・メイザース ベアトリス
オットー・スーウェン ガーフィール・ティンゼル リューズ・オメガ
七大魔女
嫉妬の魔女・サテラ 強欲の魔女・エキドナ 憤怒の魔女・ミネルヴァ
怠惰の魔女・セクメト 暴食の魔女・ダフネ 傲慢の魔女・テュフォン
色欲の魔女・カーミラ 虚飾の魔女・パンドラ 憂鬱の魔人・ヘクトール
大罪司教
ペテルギウス・ロマネコンティ レグルス・コルニアス シリウス・ロマネコンティ
カペラ・エメラダ・ルグニカ ライ・バテンカイトス ロイ・アルファルド
ルイ・アルネブ
三英傑
『初代剣聖』レイド・アストレア 『竜神』ボルカニカ 『大賢人』フリューゲル
王戦候補者
フェルト プリシラ・バーリエル クルシュ・カルステン
アナスタシア・ホーシン
騎士
ラインハルト・ヴァン・アストレア アルデバラン フェリックス・アーガイル(フェリス)
ユリウス・ユークリウス

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です