アニメ

【リゼロ】39話のネタバレ・感想!スバルとロズワールの賭けの結果(結末)は?

Pocket

【リゼロ】39話のネタバレ・感想!スバルとロズワールの賭けの結果(結末)は?

大人気ライトノベル『Re:ゼロから始める異世界生活』は世界でも人気を集めている作品ですよね!

リゼロはヒロインが可愛いでも有名ですが、やはり、ダークな部分がしっかり描かれた内容の詰まった作品と言うことが一番です。

遂に始まった後半クール、今回はそんな2期後半クールの39話の感想・ネタバレ などについて調べていこうと思います。

宜しければご覧ください。

 

オットーが殴る(怒る)理由・原因とは?リゼロ2期 第38話の感想・ネタバレオットーが殴る(怒る)理由・原因とは?リゼロ2期 第38話の感想・ネタバレ 2020年9月30日に『Re:ゼロから始める異世界生活...
パックが契約を破棄(解除)した理由とは?リゼロ2期 第39話の感想・ネタバレ・考察パックが契約を破棄(解除)した理由とは?リゼロ2期 第39話の感想・ネタバレ・考察 前回の38話から1クールの間が空き、2021年1月...

【リゼロ】39話ネタバレ ロズワールとの賭け!

 

スバルはオットーに自分を頼るようにと激励されます。

死に戻りの能力で得た情報はオットーには話せないスバル、もどかしさの中で殴り合いに発展したりします。

しかしオットーの体術はかなり秀でており、スバルは返り討ちに会ったりしました。

最後の周回にすると決意するスバル、ロズワールと再び対面します。

前回追い詰められ、絶望したスバル、しかしすぐに戻ってきたことからロズワールは驚きを示します。

スバルの周回を最後にするという提案を信じられないロズワール。

死に戻りを使っていくらでも誤魔化せるというも、そんな事をスバルはするはずがないだろと断言します。

ロズワールが仕掛けてきた聖域と屋敷の両方を襲う驚異、両方ともスバルは解決してやると意気込みました。

更にはエミリアを王にし、その光景を一緒に見る味方にロズワールを誘います。

ここまでの自分の行いが許されるはずもないと信用していないロズワール、あまりに強欲なスバルの主張にスバルの背景にエキドナを彷彿させました。

スバルは二つの問題解決に急ぐ一方で、ロズワールは叡智の書の記述を満たす動きをさらに推し進めるとします。

そして三日後に屋敷襲撃と雪が起きることをスバルに伝えるのでした。

【リゼロ】ロズワール・L・メイザースの強さ・能力は?エキドナとの関係や目的は?【リゼロ】ロズワール・L・メイザースの強さ・能力は?エキドナとの関係や目的は? 累計発行部数700万部を超える、大人気ライトノベル...

 

【リゼロ】39話ネタバレ  リューズの謎

 

ラムと話すスバル、状況理解をしているうえで、いまだにロズワールの事を信頼してる様子です。

スバルはオットーにこれから起きる途方もない出来事を話します。

それでもついてきてくれるというオットー、これまで勝ち目のあるものにのみ乗ってきたが、勝ち目のないものに乗るのは初めてだというのでした。

リューズ・メイエルの実験場に訪れたスバル、聖域解放を望むか否かの認識に食い違が怒りました。

今回のリューズは自らをリューズ・アルマと名乗ります。

スバルはガーフィールのことを聞かれると、衝突は避けられないとします。

マナを消耗するために、リューズは四人で交代制にして監督者をしています。

ただしリューズ・シーマは役割から問題行動を起こして追放されたため、現在は三人で回していることになっています。

ガーフィールの名前、そして彼の試練の過去についてはシーマが知っているとし、かなりの重要人物であることが判明しました。




【リゼロ】39話ネタバレ  エミリアの過去

 

エミリアの元に訪れたスバル、試練で弱り切った彼女に寄り添ってあげました。

エミリアが応戦に参加した理由には彼女の過去が関係しており、その昔一緒に暮らしていた同種の仲間たちが氷付けにされてしまい、パックと一緒に溶けるのを待っていたそうです。

しかし溶けないまま、ロズワールが現れて玉座に座れば、皆を溶かせると言われ説得されたようでした。

エミリアに危険が及ぶと出現するパックの契約を利用して、スバルはパックを呼び寄せました。

パックはエミリアの試練突破のために自ら契約破棄をし、消滅するパックを見て、エミリアは泣きつきました。

エミリアは夢の中で過去の自分とフォルトナと言う人物を垣間見ます。

翌日エミリアが失踪したことで、みんな大騒ぎします。

ガーフィールは必至の表情で、リューズの元に行くも彼女はいなくて、メイエルの実験場でオットーと遭遇しました。

悪だくみの代役者として自分が請け負うと強い表情をするオットー。

一方エミリアは墓所にいて、彼女の側にスバルが寄り添っていたのでした。

【リゼロ】エミリアの強さ・権能や加護の能力は?正体や過去にあった出来事とは?【リゼロ】エミリアの強さ・権能や加護の能力は?正体や過去にあった出来事とは? 大人気ライトノベル『Re:ゼロから始める異世界生活』...

 

【リゼロ】39話感想 スバルの逆転劇が始まる!?

 

先ずはオットーとスバルの取っ組み合いから始まりました。

オットーは意外に武術をわきまえており、トンチンカンをぶん殴って吹っ飛ばした実力を持つスバルも手も足も出ずにびっくりしました。

前半にユージンと言った回がありましたが、正にユージンらしい熱のこもったスバルに対する激励だなと思いましね。

スバルは死に戻り故に、話せる情報が少ないです。

なので理解者でないとそのぶっ飛んだ発言を信じることはできないと思います。

オットーはそんな数少ないスバルの理解者になれそうですね。

前回スバルはロズワールに衝撃の事実を伝えられました。

屋敷を襲わせたのも自分で、スバルを全ては磨くためとのこと。

そんな狂人ぶりに発狂したスバル、しかし時経たずにすぐ戻ってきたスバルに驚くロズワールの反応には無理もないなと思ってしまいました。

ぶっ飛んだもの同士の、途方もない勝負、正に賭けと言う言葉が似あう話だと思いましたね。

スバルはロズワールすらも一緒に仲間にするつもりで、器のでかさを感じました。

そんなスバルにさりげなくアドバイスをするロズワール、このお互いを認めた正式な対決と言った感じが凄い良かったです。

リューズの仕組みも明らかになります。監督者は全部で四人、シーマだけ白い服なので判別しやすいですね。

そしてシーマこそ、ガーフの記憶や過去を知り、聖域解放のキーキャラとなってくるようで、どうなって来るか楽しみです。

エミリアの過去とパックの消失、試練を乗り越えるためのパックとの別れは泣けました。

そしてフォルトナとはいったい何なのか、こちらも気になるところです。

今回で死に戻りを最後にするというスバル。

次回がますます楽しみです。




まとめ

大人気ライトノベル『Re:ゼロから始める異世界生活』は世界でも人気を集めている作品の【リゼロ】39話の感想・ネタバレについてお話しさせていただきました。

徐々に明らかになってきた謎に注目が集まりますね。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

 

エミリア陣営
ナツキ・スバル エミリア レム
ラム ロスワール・L・メイザース ベアトリス
オットー・スーウェン ガーフィール・ティンゼル リューズ・オメガ
七大魔女
嫉妬の魔女・サテラ 強欲の魔女・エキドナ 憤怒の魔女・ミネルヴァ
怠惰の魔女・セクメト 暴食の魔女・ダフネ 傲慢の魔女・テュフォン
色欲の魔女・カーミラ 虚飾の魔女・パンドラ 憂鬱の魔人・ヘクトール
大罪司教
ペテルギウス・ロマネコンティ レグルス・コルニアス シリウス・ロマネコンティ
カペラ・エメラダ・ルグニカ ライ・バテンカイトス ロイ・アルファルド
ルイ・アルネブ
三英傑
『初代剣聖』レイド・アストレア 『竜神』ボルカニカ 『大賢人』フリューゲル
王戦候補者
フェルト プリシラ・バーリエル クルシュ・カルステン
アナスタシア・ホーシン
騎士
ラインハルト・ヴァン・アストレア アルデバラン フェリックス・アーガイル(フェリス)
ユリウス・ユークリウス

 

 

1章
2章
3章
4章
 
5章
6章

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です