アニメ

リゼロ2期43話のネタバレ・感想!フォルトナとジュースの戦いの結末は?

Pocket

大人気ライトノベル『Re:ゼロから始める異世界生活』は世界でも人気を集めている作品ですよね!

リゼロはヒロインが可愛いでも有名ですが、やはり、ダークな部分がしっかり描かれた内容の詰まった作品と言うことが一番です。

遂に始まった後半クール、今回はそんな2期後半クールの42話の感想・ネタバレ などについて調べていこうと思います。

宜しければご覧ください。

 

前回の42話の感想・ネタバレ・考察記事はこちら!

 

【リゼロ】43話ネタバレ シーマが語るメイエルの過去

 

シーマは複製体としての力を消耗し始めて、エミリアが来る前に重要なことをここで話すとします。

リューズの本体であるリューズ・メイエルの過去が今明かされました。

メイエルはその昔ベアトリスと一緒に過ごしていたようです。

そして二人のお母様としてエキドナがいました。

あまりしゃべらないメイエルに軽口をたたくベアトリス。

しかしエキドナに怒られてしまいます。

メイエルはどうやらベアトリスに見とれていたそうでした。

エキドナに怒られて、肩を落とすベアトリス。

頬を膨らます場面も見られます。

ベアトリスは一人でも大丈夫と意地を張りながら、結局一緒に過ごすことになってようです。

家事を行うメイエルに付きまとうベアトリス。

メイエルは振り向くと、何でもないとベアトリスは誤魔化します。

ベアトリスの心中を察したメイエルは掃除を手伝って欲しいと頼む。

待っていたかのように天邪鬼な反応を見せながらベアトリスが応じるのでした。

一緒に家事をしながら、ベアトリスとメイエルはともに絆を深めていった様子です。

ある日メイエルの前に昔のロズワールが現れます。

スバル達の場面に戻り、ロズワールは初代のロズワールで、そしてエキドナは墓所のエキドナと同じなのかという疑問が出現するのでした。

話しを続けるシーマ。

表面上穏やかだった聖域で破綻が起きたそうで、現在の聖域にも多大な影響を及ぼしているようなのです。

 

【リゼロ】43話ネタバレ パンドラ登場

 

一方、エミリアの過去に戻りました。

レグルスが現れたことに声を荒げるジュース。

どうやら精霊の森には手を出さない約束をしていたそうなのです。

そんな約束守るわけがないというレグルス。

その時彼の背後から一人の女性が現れて、口を開きました。

自分が今回の事を促した、そう言う女性にジュースは驚きを示します。

女性はジュースにとって格上の存在のようで、なんで彼女を連れてきたのかレグルスに尋ねます。

レグルスも女性には遜っている様子を見せました。

更に女性は鍵とフーインをこちらによこすように発言し、魔女教の本懐を達成するよう試みるのです。

その時フォルトナが女性に激高し、彼女の名前がパンドラであると判明。

怒涛の氷を生み出す魔法でパンドラを串刺しにするのでした。

更に巨大な氷がレグルスたちを襲うのです。

これで終わりかと思われたとき、レグルスの変わらぬ言い回しの声が聞こえることに。

さらにパンドラも無傷。

ジュースはフォルトナとエミリアを逃がして、自分が時間稼ぎをしようと計画しました。

そんな光景を見ているエキドナは楽しそうに傍観しています。

 

【リゼロ】43話ネタバレ ジュースの覚悟

 

レグルスとジュースが対峙し、ジュースは箱を取り出して何かを始めようとしました。

そんな光景にレグルスは動揺し、パンドラはロマネコンティ司教と呼び、良い旅よと微笑みます。

ジュースが取り出した箱の物質を取り出し、フリューゲルと言う人物に謝りながら自らの身体に物体を取り込むことにするのでした。

ジュースの叫び声が辺りに響き渡り、黒い瘴気がジュースを包みます。

この光景を見たレグルスは馬鹿だと油断しており、パンドラが来るよと言うと、レグルスは空中を振り回され吹っ飛ばされました。

ここから先には通さないと、ペテルギウスのような口調になるジュース。

パンドラは素晴らしいと涙を目に浮かべながら、これから虚飾の魔女として、ジュースを認めるのです。

血眼の目でパンドラに見えざる手を放つジュースを復帰したレグルスが防ぎます。

どうやら魔女因子に不適合なジュースは、それでも無理やり抑え込んでいるようなのです。

ジュースの見えざる手はレグルスには届きません。

千日手と言うエキドナは場所をフォルトナ達のところに移そうとエミリアを促します。

 

【リゼロ】43話ネタバレ フォルトナとエミリアの絆

 

フォルトナに泣きつくエミリア。

そんな光景を見て今のエミリアは悲しみを味わいました。

アーチが来るとフォルトナはフーインが渡ったら世界が滅びるとして、応戦する算段を付けます。

アーチは守り人の指名としてエミリアを連れて逃げることになるのでした。

一人になりたくないと泣きつくエミリアに、フォルトナは自分がずっといつまでも見守っていると抱き着くのです。

フォルトナは”ずっと一緒”と指切りして約束するのでした。

そんな光景を見て現在のエミリアも泣き出すのです。

エミリアと逃げるアーチに謎の黒い物体が襲い掛かります。

足は焼きただれ切断することに。

アーチは走ってと小さなエミリアを逃がします。

その後アーチの全身を黒い物体が覆いました。

 

【リゼロ】43話ネタバレ 圧倒的権能の力

 

レグルス対ジュースはレグルスの圧勝に終わります。

ジュースを踏みつけるレグルスをフォルトナが吹っ飛ばしました。

怒りだすレグルス、そんな彼をとめようとするパンドラ。

するとパンドラにレグルスが怒りだして、攻撃を仕掛けるのでした。

バラバラになるパンドラ。

レグルスはすました顔で自己を正当化します。

この情景を見ても逃げないというフォルトナ。

ジュースに自分は弱いとして共に立ち向かおうと決意を固めました。

依然として怒り狂うレグルスの頭上にパンドラが現れて、妻の元に帰るよう口にすると、事象の書き換えが行われレグルスは消え去ります

そんな情景をみて戦慄するフォルトナ達。

どうやらパンドラは事実の書き換えをできるようで、ジュースの腕も戻っていたようです。

フォルトナとジュースの最大火力の攻撃がパンドラを襲おうとするのでした。

小さいエミリアは皆の記憶を思い起こし泣きながら、フーインの場所にたどり着くのです。

そしてそこにはパンドラがいました。

 

【リゼロ】43話感想 ジュースがかっこいい

 

今回一番かっこよかったのがジュースですね。

魔女因子はおそらく適合しなければ果てしない苦痛を味わう代物なのだと思います。

それでも構わずに接種をして、エミリアやフォルトナ達のために血だらけになりながら戦う姿は本当に痺れました。

そしてペテルギウスの正体もジュースで凄いびっくりですね。

エミリアの過去回と並行してリューズの過去回も挟まれます。

エキドナやベアトリス。

そして何より初代ロズワールとこちらもかなりスバル達に関連していると思いますね。

聖域で起きた被害とは一体どんなことなのでしょう。

ジュースをものともしないレグルス。

作中最強キャラであること間違いなしですね。

しかし、まさかのレグルス以上の存在が登場します。

その名前はパンドラ!

彼女は事象を書き換えることができるのでした。

レグルスの癇癪を止めたのは見事の一言。

しかしフォルトナ曰くフーインを解かせてしまったら世界が崩壊してしまうそうで、考えていることは明らかに悪党ですね。

フーインの場所にいたパンドラはエミリアに何を求めるのでしょう。

後はジュース達の無事を祈るばかりです。

まとめ

大人気ライトノベル『Re:ゼロから始める異世界生活』は世界でも人気を集めている作品の【リゼロ】43話の感想・ネタバレについてお話しさせていただきました。

エミリアの過去回ではとんでもなく強いキャラがたくさん登場し、乱戦になってきました。果たしてエミリア達の運命は如何に。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

前回の42話の感想・ネタバレ・考察記事はこちら!

 

 

 

エミリア陣営
ナツキ・スバル エミリア レム
ラム ロスワール・L・メイザース ベアトリス
オットー・スーウェン ガーフィール・ティンゼル リューズ・オメガ
七大魔女
嫉妬の魔女・サテラ 強欲の魔女・エキドナ 憤怒の魔女・ミネルヴァ
怠惰の魔女・セクメト 暴食の魔女・ダフネ 傲慢の魔女・テュフォン
色欲の魔女・カーミラ 虚飾の魔女・パンドラ 憂鬱の魔人・ヘクトール
大罪司教
ペテルギウス・ロマネコンティ レグルス・コルニアス シリウス・ロマネコンティ
カペラ・エメラダ・ルグニカ ライ・バテンカイトス ロイ・アルファルド
ルイ・アルネブ
三英傑
『初代剣聖』レイド・アストレア 『竜神』ボルカニカ 『大賢人』フリューゲル
王戦候補者
フェルト プリシラ・バーリエル クルシュ・カルステン
アナスタシア・ホーシン
騎士
ラインハルト・ヴァン・アストレア アルデバラン フェリックス・アーガイル(フェリス)
ユリウス・ユークリウス

 

 

 

エピソードのネタバレ記事はこちら!

1章
2章
3章
4章
 
5章
6章

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です