アニメ

ラムは生きてる?ロズワールの攻撃を受けた先の結末は?リゼロ2期 48話の感想・ネタバレ

Pocket

2020年3月10日の夜から『Re:ゼロから始める異世界生活』アニメ2期の第48話「血と臓物まで愛して」が放送されましたね!

今回はラムが本気でロズワールのことを愛してるといい、ロズワールを縛り付けていた叡智の書を燃やした、感動する回となっていました。

そんな『Re:ゼロから始める異世界生活』アニメ2期の第48話「血と臓物まで愛して」の気になった点をまとめて、お話ししていこうと思いいます。

よろしければご覧ください。

 

最近のリゼロアニメで気になる記事はこちら!

 

他の考察記事はこちら

 

リゼロ 2期 第48話の感想

第48話 「血と臓物まで愛して」

 

今回は『神回!!』と言っても差し支えないレベルのクオリティでしたよね!

さすがはリゼロの制作陣といったところでしょうか?

エルザとガーフィールの戦いも素晴らしいものでしたが、やはり今回の目玉はラムとロズワールの話ですね。

ずっと故郷を滅したロズワールに復讐したいと思っていたはずのラムがロズワールへの愛を語った所は挿入歌と合間って、かなり感動しました。

ロズワールへの愛故に、叡智の書を燃やすラム』

エキドナへの愛故に、叡智の書を燃やされ怒りラムを殺すロズワール』

今回の2人のテーマは『愛』と言う感じでしたね。

各々の愛する人の為の行動といった感じが泣けてきます。

やはり、さすがリゼロ!と言った言葉しか出てきませんね!

 

さて、今回も気になるところが盛りだくさんでした。

・エミリアとミネルヴァの関係

・ロズワールの攻撃を受けたラムの生死

今回はこの2点が気になったので解説していこうと思います!

 

エミリアとミネルヴァの関係は!?

Image

今回の48話「血と臓物まで愛して」で第三の試練をクリアしたエミリアが魔女の茶会でエキドナに会うはずが、ミネルヴァが代わりにエミリアに会いにきましたね。

そこでミネルヴァがエミリアのお母さんのような感じを匂わせていました。

では、本当にエミリアのお母さんがミネルヴァなのかを調べていこうと思います。

 

今回48話でエミリアに話したミネルヴァの発言・行動をまとめてみましょう。

・魔女のものを食べようとしたエミリアを止めた。

・エキドナの代わりにエミリアに会いにきた。

・強く生きるエミリアに対して「母親とは全然似てない」と発言。

・エミリアの母親のことを「えぇ、よく知ってる。けど話せない。そう言う約束だから」と発言。

・エミリアが母親をフォルトナ母さまだと言った事に対して「あの子の悪巧みもたまにはいい事あるのね」と涙を浮かべる。

「泣く資格なんて今はないの」と発言。

・エミリアを優しく抱きしめ、悪い子と発言。

これらの事を考えるとミネルヴァはエミリアの母親でもおかしくないですね。

 

しかし、個人的にはエミリアの母親はミネルヴァではなく、サテラだと考えています。

ミネルヴァは他の魔女たちよりも嫉妬の魔女サテラと仲がよかったとされていますので、今回のミネルヴァが発言した

「えぇ、よく知ってる。けど話せない。そう言う約束だから」

「泣く資格なんて今はないの」

は仲の良かったサテラとの約束でエミリアに母親の正体を話さないで欲しいと頼まれているのだと考えることができます。

そして、サテラが封印された原因にミネルヴァが関わっていれば「泣く資格なんて今はないの」にも説明がつきますよね。

 

ミネルヴァはエミリアが他の魔女とも茶会をしようと言った時、驚いたそぶりを見せ、嬉しそうに承諾した。

これは、サテラと会うのを想像し、嬉しくなっていたとも考えられるので、順当に行けばエミリアの母親はサテラなのかなと思っています。

 

サテラに関する他の記事を貼っておきますので良かったら見てみてください。

・嫉妬の魔女の正体はレム!?サテラの人格の正体とは別だった?【リゼロ考察】

・虚飾の魔女パンドラの目的の封印は嫉妬の魔女サテラ?リゼロ2期の43話をネタバレ解説!

・【リゼロ考察】サテラがスバルに死に戻りの力を与えるほど執着する理由を徹底解説!

・エミリアとジュースの関係や本当の両親の正体は誰?リゼロ2期の42話をネタバレ解説・考察!

 

ロズワールの攻撃を受けたラムは生きてる!?

画像

今回の48話でロズワールの叡智の書を燃やしたラムがロズワールにより攻撃されましたね。

大好きなエキドナに貰った、エキドナに再開する為の唯一の手段の叡智の書を燃やされカッとなり攻撃してしまったみたいです・・・。

愛する人の形見を燃やされればそうなるのもわからなくは無いですが、さっき好きだと言われた相手を攻撃するのはどうかと思いました。

 

それはさておき、ロズワールの攻撃を受けたラムは生きているのかが気になりますよね。

その答えは 瀕死 です。

かなり大きな魔法を受けたラムは軽症とはいかず、重症の怪我を負います。

叡智の書を燃やされて、カッとなり攻撃をしたロズワールですが、ラムが怪我をするのは本望ではなく、助けようと瀕死のラムにマナを注ぎ込むことで一名を取り留めました

ロズワールは叡智の書が燃え、愛してくれている従者も自らの手で殺しそうになったことで自暴自棄になってしまうが、ラムが復活したことでスバルを見張ると言う名目で協力することになります。

 

ようやくスバルたちの味方になったロズワールは最強の味方として頼もしいですよね!

エキドナの呪縛から解かれたロズワールとラムとの恋模様も期待しつつ、エキドナと再開も楽しみで仕方ないです。

これからの展開が本当に楽しみになりました!




リゼロ 2期の前回(47話)のあらすじ

 

前回はエルザとガーフィールの戦闘から始まり、その場にいたフレデリカを逃すためにエルザを足止めした。

 

場面は変わり、スバルがベアトリスのいる禁書庫に訪れ、ロズワールの屋敷から出ることを説得した。

そして、ベアトリスはスバルに対して自分の求める”その人”なのかを問うが、スバルはそんな訳のわかない”その人”な訳が無いだろ!と言い放つ。

スバルはベアトリスの怒りを買い禁書庫から放り出されてしまう。

放り出されてしまったスバルは、逃げたはずのペトラとオットーと出会す。

オットーたちは逃げようとしたが、魔除けの宝石が効かない魔獣がいることをスバルに話し、一緒に逃げる事になった。

スバルたちは敵のメィリィに見つかってしまい、追いかけられるが、フレデリカがメィリィを足止めすることに成功する。

そして、スバルたちが逃げた先には魔除けの宝石が効かない魔獣・ギルティラウが現れる。

 

場面は変わり、エミリアが聖域の第二の試練に挑戦する。

エミリアはフォルトナとジュースの3人でピクニックに行く、何気ない幸せな日々を見る事になる。

いなくなったはずの2人と楽しい日々を過ごせる事に嬉しく思うが、現実世界にいるスバルたちの役にたちたい、スバルたちと同じような人間にないたいという思いで、試練を乗り越える。

そんなエミリアに、苦言をいうためにエキドナが現れるが、エミリアはフォルトナとジュースとの楽しい時間を見せてくれたことに感謝をされる。

感謝をされたエキドナは目に涙を浮かべ、「君が憎い・・・」とだけ言い、試練を終わらせた。

 

試練を終えたエミリアは墓所の前にアーラム村・聖域の住人たちが待っていたことに驚く。

聖域の試練に向き合ってくれた事に感謝をされ、エミリアと村の住民たちと和解することになった。

そして、エミリアは村の住人の為に、スバルたちの為に、そして、自分の為に墓所の最後の試練へと向かった。

 

リゼロ 2期 第48話のネタバレ

第48話 「血と臓物まで愛して」

Image

記入中…

まとめ

今回は2020年3月10日の夜から放送された『Re:ゼロから始める異世界生活』アニメ2期の第48話「血と臓物まで愛して」についてお話しいたしました。

ロズワールとラムの関係がかなりしっかりと描かれていて、お互いに好きな人のために行動していたのが本当に心をうごされてしまいましたね。

次回のロズワールの屋敷でのスバルとベアトリスの進展も気になるところです!

最近のリゼロは面白い展開が万歳ですので、来週の49話も楽しみで仕方ないですね。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です