アニメ

エルザは誰の指示でスバルを襲ったの!?リゼロ2期 第30話の感想・ネタバレ

Pocket

エルザは誰の指示でスバルを襲ったの!?リゼロ2期 第30話の感想・ネタバレ

2020年8月5日に『Re:ゼロから始める異世界生活』第30話「踏み出した一歩」が放送されました。

今回はエミリアが試練を受けて何度も苦しんだり、ロズワールが意味ありげなことを言ったり、エルザが出てきたり、謎の多い回でしたね!

そんな第30話「踏み出した一歩」の感想・ネタバレについてお話ししていこうと思います。

宜しければご覧になってください。

リゼロ2期 第30話 感想

第30話 「踏み出した一歩」

おぉ!今回はオープニングありましたね!

2期始まってまだ2回目のちゃんとしたオープニングが見れましたね!

次回もちゃんと放送されたらいいですね!

さて、今回の良いところはとりあえずエキドナが可愛すぎだし、ちょっぴり怖いですね!

個人的にエキドナの制服姿が本当に可愛いのもポイント高いですね!

 

しかし、何を考えているか分からないところがゾッとさせますし、何がしたいのかまだわからないですよね。

これから出てくる情報を楽しみに待つしか無いですね。

それと、エミリアがついにデレた!?

スバルとエミリアの距離が縮まってきているのも嬉しいですね!

エミリアがスバルの袖を掴むところとか、星の下で二人で話すところとか、尊すぎてニヤケが止まらないですよね!

 

これからの二人の関係が深まるのが楽しみですね!

そして、ロズワールが何を考えてるかわからないですね。

完全に何か隠しているし、なんかスバルの力のことを知っているかのような口ぶりなのも気になりますよね!

「私が解決してしまえば今回のことはエミリア様の手柄にも、君の手柄にもならないかーらね」

ってスバルが死に戻りして何度もやり直して解決することを知っていたみたいな表情だったっし、本当に何考えてるかわからない。

スバルが怒るのもわかりますよね

ラムもめっちゃロズワールを守るのも怪しいですよね。

ただ、従順な従者というだけかもしれませんが・・・

そして最後に出てきたハラワタ狩りのエルザが襲ってきたのもタイミング的に狙ってた感じがしますよね。

 

これから、リゼロ特有の後味悪い時期が来るのかと思うと少し残念ですね。

スバル、今回は早く解決してくれよ!?




リゼロ2期の前回(30話)のあらすじ

聖域の試練に巻き込まれたスバルは過去と向き合うことになります。

夢の中で過去に戻ったスバルは仲の良い父親と母親のいる自宅で父親にプロレス技をかけられ、目が覚めます。

スバルは元の世界では引きこもりだったため、それを心配した父親がスバルを天気の良い外に散歩へ誘います。

「あのさぁスバル、話変わるけど好きなことかいる?」

と散歩の途中にスバルに問う父親ですが、スバルは「なんで・・・なんで今日はこんな話する気になったんだよ。別に何の特別な日だったりしないじゃんか。今日はただのグリンピース記念日だ。」と返します。

その質問に父親は「今朝のお前の面構えがちっとましに見えてよ。」と異世界で色々経験したスバルが今までとは違うことに気がついた様子でした。

スバルは異世界で出会ったエミリアやレムのことを思い出し、「好きな子できたよ、だから俺はもう、大丈夫だ!」と今までの自分とは違うことを話しました。

そして、今まで追いかけてきた父親の背中を追いかけるのではなく、自分の道を行くことを決心する。

学校に行くと父親と別れるスバルは着替えるため自宅に戻る。

そこで、母親と話していると、自分のことを全て理解してくれていることを知り、自分らしくある事を教えてくれる母親に、長いこと会えないが二人の両親のことはずっと思っている事を伝えようとするがうまく伝えられないスバル。

それに対して、母親は「何かして欲しいから産んだわけじゃないんだよ。何かしてあげたいから産んだの。」と返します。

そして、異世界に行く前に最後にかけられた「行ってらっしゃい」に返事しなかったスバルは、ここで「行ってきます」と返事を返すことができます。

学校の教室に着くと、そこには制服を着たエキドナが待ち構え、「思ったより随分と早く着いたね、ようこそ。自分の過去と向き合う時間は君に何をもたらしたかな?」と話す。




リゼロ2期 第30話 ネタバレ

第30話 「踏み出した一歩」

エキドナを思い出す

 

「ここは何なんだ?」と質問するスバルに

「資格を持つ君が墓所に入った、だから試練が始まった。それだけのことだよ聞こえなかったかい?まず過去に向き合え、と。」返します。

そして、スバルの記憶を頼りに限りなく忠実に作った虚構の世界だと告げられ、スバルの親までもスバルの理想だというエキドナ。

しかしスバルは、「がんばれ」も「行ってらっしゃい」も全部嘘なわけない、馬鹿にするなと言い返します。

すると、エキドナは「本当の意味でこの試練は終わりだ、次の設問に期待したいところだね」と今までの話が惑わしだったかのようなことを言います。

そして、聖域の開放の条件は3つの試練を突破することだと告げられる。

最後にスバルはこの試練をクリアするのはエミリアだとエキドナに伝える。

苦しむエミリア

試練から帰ってくると苦しんでいるエミリアがいて、試練を思い出してさらにパニックになり、お父さんとパックの名前を叫びます。

場面は変わり、スバルとラム、オットー、ガーフィールで聖域の中の人を連れ出す話をしていると、リューズという聖域の代表を名乗る女性が魂の抜け殻にはなりたくないといいながら部屋に入ってくる。

そして、結界を抜けても魂だけが残り抜け殻になってしまうということを説明するリューズ。

スバルはなぜ自分たちで聖域の試練を攻略しないのかを聞くと、聖域の住人への契約があり試練を突破できないことを語る。




目覚めるエミリア

 

目覚めたエミリアは前日の聖域で取り乱したことを謝り、スバルの袖を掴む

すっかり聖域の試練がトラウマになってしまったエミリア。

場面は変わり、ラムが聖域の開放に反対している人もいることを話し、リューズ、ガーフィール、フレデリカのことを信用していないと話し、誰が敵かわからないから気を張るように話すラム。

そして、今回も聖域の試練を突破できなかったエミリア。

ロズワールの思惑

 

エミリアを外し、ロズワール、ラム、スバルの3人でエミリアを手助けするという話し合いが始まる。

その中で、スバルは魔女教が来ることを知っているにも関わらす、自分だけ戦いに参加しなかったをずワールに怒りをあらわにする。

ロズワールはスバルが守ったじゃないかと告げる。

なぜエミリアに情報を渡さなかったのか、魔女教の襲撃時にいなかったのかをロズワールは

「私は私が魔女教と退治せず済むように、それらの事態を誘導した。私が解決してしまえば今回のエミリア様にも、君の手柄にもならないかぁらね」と言う。

それは結果論だと、自分が何もできないクズのままだったらどうしたんだと返すスバル。

それを「信じていたから」と一言で返すロズワール。

怒りをあらわにしたスバルに「今日はここまでだ」と言い話し合いが終わる。




ロズワール邸

 

聖域の開放はエミリアがやらないと意味がない、というスバルに聖域の開放が自分の役目だ、甘やかさないでというエミリア。

そして場面は変わり、アーラム村の人たちだけでも村へ帰すことに成功したのでスバルとオットーの聖域を出入りできる二人で送る事になる。

道中までついてきたガーフィールに聖域の試練をエミリアでなくスバルが突破するように話し、苦しんでるエミリアが可哀想だと告げる。

スバルはエミリアの本音が気になり始める。

そんな中、ロズワールの屋敷に戻ってきたスバルは屋敷の様子を見に戻る。

しかし、戻っても屋敷には誰もいないことに気付き、レムを心配し、部屋に向かいます。

その道中にハラワタがりのエルザに腹を斬られ死んでしまうスバル




まとめ

2020年8月5日に『Re:ゼロから始める異世界生活』第30話「踏み出した一歩」が放送されましたが、今回は謎がいろいろ出てきましたね!

次回からのリゼロは死に戻りが増えそうなので後味が悪くなあるんですかね。

次回からも楽しみに1週間待ちましょう!

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

 

エミリア陣営
ナツキ・スバル エミリア レム
ラム ロスワール・L・メイザース ベアトリス
オットー・スーウェン ガーフィール・ティンゼル リューズ・オメガ
七大魔女
嫉妬の魔女・サテラ 強欲の魔女・エキドナ 憤怒の魔女・ミネルヴァ
怠惰の魔女・セクメト 暴食の魔女・ダフネ 傲慢の魔女・テュフォン
色欲の魔女・カーミラ 虚飾の魔女・パンドラ 憂鬱の魔人・ヘクトール
大罪司教
ペテルギウス・ロマネコンティ レグルス・コルニアス シリウス・ロマネコンティ
カペラ・エメラダ・ルグニカ ライ・バテンカイトス ロイ・アルファルド
ルイ・アルネブ
三英傑
『初代剣聖』レイド・アストレア 『竜神』ボルカニカ 『大賢人』フリューゲル
王戦候補者
フェルト プリシラ・バーリエル クルシュ・カルステン
アナスタシア・ホーシン
騎士
ラインハルト・ヴァン・アストレア アルデバラン フェリックス・アーガイル(フェリス)
ユリウス・ユークリウス

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です