アニメ

【リゼロ】『竜神』ボルカニカとルグニカ王国との盟約とは?強さ・魔女との関係は?

Pocket

【リゼロ】『竜神』ボルカニカとルグニカ王国との盟約とは?強さ・魔女との関係は?

『Re:ゼロから始める異世界生活』は、大人気ライトノベルが原作のTVアニメです。

2020年7月に2期前半が始まり、9月に終了しました。

そして、2021年1月に2期後半がスタートします。

作中で名前は良く出ますが、出てくることがほぼ無いボルカニカ。

ボルカニカってどんなキャラ?と思う方もいるはずです。

そこで今回は、リゼロに登場する三英傑の一人、神龍ボルカニカについて解説していきます。

宜しければご覧ください。

【リゼロ】『大賢人』フリューゲルの正体はスバル?シャウラとの関係・強さ・加護は!?【リゼロ】『大賢人』フリューゲルの正体はスバル?シャウラとの関係・強さ・加護は!? 『Re:ゼロから始める異世界生活』は、大人気ライト...
【リゼロ】レイド・アストレアの正体は?『初代剣聖』の強さ・復活の真相とは?【リゼロ】レイド・アストレアの正体は?『初代剣聖』の強さ・復活の真相とは? 「リゼロ」内の強いキャラで思い浮かべるのがラインハルト・ア...

【リゼロ】『竜神』ボルカニカとは!?

まずは、ボルカニカがどのようなキャラかを見ていきたいと思います。

 

ボルカニカは、400年前に嫉妬の魔女サテラを封印した一人です。

つまり、年齢は400歳以上ということになります。

三英傑で、「賢者シャウラ」「神龍ボルカニカ」「初代剣聖レイド」と名前は知られていますが、シャウラから「皮肉屋」と言われています。

エキドナへの嫌がらせ用に魔法器ミーティアを作ったり、剣聖レイドに返り討ちにあったりと、周りからはあまり良くされていません。

原作ではレイドやシャウラは登場しており、どのような人物なのか分かりました。

しかし、ボルカニカは登場しないので、スバルが読んでいた絵本の龍でしか想像できません。

ですが、シャルラから「皮肉屋」と言われたり、嫌がらせ用にミーティアを作ったりすることから、性格はあまり良く無いかもしれません。




【リゼロ】『竜神』ボルカニカの強さ・加護や権能の能力は!?

 

神龍ボルカニカですが、名前は何度も原作で出てきます。

しかし、登場することはありません。

そんなレアキャラであるボルカニカ。

彼はどのくらいの強さなのか、見ていきましょう。

 

リゼロ外伝「剣鬼戦歌」は、「剣鬼恋譚」から数日後の続編ストーリーになります。

ヴァラキア帝国の息子ストライドは、龍の牙を用いてルグニカ国民20人の生贄の血で、邪龍バルグレンを召喚しました。

バルグレンは3つ首の龍です。

バルグレンの吐息はすべてを焼き尽くします。

ヴェルヘルムも攻撃しますが、倒すことはできませんでした。

しかし、ボルカニカは犠牲になった人々の傷を癒します

それだけでなく、バルグレンによる火災を鎮火。

さらに、青い浄化の息吹でバルグレンを消滅させました。

400年前に嫉妬の魔女サテラを賢者シャウラ、剣聖レイドと共に封印していることからも、戦闘力は高めです。

初代の剣聖レイドと互角と考えると、現剣聖であるラインハルトと、同等のレベルではないかと考えられます。




【リゼロ】『竜神』ボルカニカとルグニカ王国との盟約とは!?

神龍ボルカニカは初代ルグニカ王国との盟約を交わしたとして、王選の場面でも何度か出てきます。

その盟約については詳しくは語られていませんが、解説していきたいと思います。

 

戦争に終止符を打った盟約

400年前に、当初のルグニカ王はボルカニカと盟約を結び、戦いに終止符を打ちました。

盟約の内容ですが、ルグニカ王国の繁栄とだけ書かれていますが、詳しいことは分かっていません。

原作の3章で、ドラゴンは『自分と意思の疎通が可能な存在と盟約を結んだのではない。その人物が王国を背負う人間であったから盟約を結んだ』とあります。

ボルカニカは、ルグニカ王だったから盟約を結んだということになります。

 

王族不在時の盟約

ルグニカ王国の王族が亡くなり、後継ぎが不在の時についても盟約によって、どのようにするのか記されています。

ボルカニカと盟約してから、ルグニカ王国となりました。

ルグニカ王国には龍との盟約を語り継ぐ宝珠がありますが、それをはめ込んだ紋章は資格にふさわしい者の中で輝くとされています。

それが今の王選候補です。

王選の候補者5人は、神龍ボルカニカと新たに盟約を交わす存在として、選ばれました。




【リゼロ】『竜神』ボルカニカと魔女たちとの関係は?

今までの解説から、嫉妬の魔女サテラ、強欲の魔女エキドナと関わりがあったことは分かったと思います。

実はもう一人、関わりを持った魔女がいます。

それは怠惰の魔女セクメトです。

ボルカニカは、このセクメトに対して苦手意識を持っています。

なぜなら、セクメトはボルカニカをタコ殴りにした後、大漠布の中へ墜落させられたからです。

そのため、嫉妬の魔女の対抗勢力に、故人の魔女で一番強いセクメトではなく、エキドナが置かれるようになりました。




まとめ

今回は、ボルカニカの強さやルグニカ王国との盟約について解説しましたがどうでしたか?

三英傑の一人で、リゼロでラインハルトと同格の強さを持ってると思われるボルカニカ。

魔女との関わりもありますが、原作でも出番がほとんどありません。

しかし、重要なキャラクターであることは間違いないので、もっと活躍する場面が増えて欲しいと思う人もいるはずです。

ボルカニカの活躍する場面が増えるのを楽しみに待ちましょう。

 

 

 

エミリア陣営
ナツキ・スバル エミリア レム
ラム ロスワール・L・メイザース ベアトリス
オットー・スーウェン ガーフィール・ティンゼル リューズ・オメガ
七大魔女
嫉妬の魔女・サテラ 強欲の魔女・エキドナ 憤怒の魔女・ミネルヴァ
怠惰の魔女・セクメト 暴食の魔女・ダフネ 傲慢の魔女・テュフォン
色欲の魔女・カーミラ 虚飾の魔女・パンドラ 憂鬱の魔人・ヘクトール
大罪司教
ペテルギウス・ロマネコンティ レグルス・コルニアス シリウス・ロマネコンティ
カペラ・エメラダ・ルグニカ ライ・バテンカイトス ロイ・アルファルド
ルイ・アルネブ
三英傑
『初代剣聖』レイド・アストレア 『竜神』ボルカニカ 『大賢人』フリューゲル
王戦候補者
フェルト プリシラ・バーリエル クルシュ・カルステン
アナスタシア・ホーシン
騎士
ラインハルト・ヴァン・アストレア アルデバラン フェリックス・アーガイル(フェリス)
ユリウス・ユークリウス

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です