アニメ

【リゼロ2章】完全ネタバレ解説!3巻の激動の一週間編で全ての謎が解ける!

Pocket

【リゼロ2章】完全ネタバレ解説!3巻の激動の一週間編で全ての謎が解ける!

 

『Re:ゼロから始める異世界生活』は、大人気ライトノベルが原作のTVアニメになります。

最近では2020年7月から2期前半が始まり、9月に終了。

そして、2021年1月にリゼロ2期後半がスタートします。

今回はリゼロに興味を持った人のために、エミリアと並んでメインヒロインの1人となるレムが初登場する2章「怒涛の一日目編」のネタバレをしていこうと思います。

よろしければご覧ください。

 

 

他のネタバレはこちら!

1章
2章
3章
4章
 
5章
6章

 

【リゼロ2章】5度目!【ネタバレ】

 

2巻の途中で、自らの手で命を絶ったスバル。

そして3巻で4度目の復活を遂げると、明るく振舞う事にしたのです。

ここでは、5度目のスバルの屋敷内での様子をお話しします。

 

目を覚ますと目の前にラムとレムがいたので、スバルはその事に喜びつつ、仲良くやろうと言いました。

そしてエミリアとも会うと、まずはロズワール、レム、ラムから信頼を得つつ、呪術師を倒すと決意しました。

まずは働かせてもらう事で、信頼を得ようとします。

その日のスバルの働きをラムはロズワールに伝えるも、仕事は出来ないけど何処か前向きで、エミリアから聞いている感じとは違ったと困惑しながら報告したのです。

ロズワールは今はまだ様子を見て、場合によって動かないといけないけどレムには先走らせないようにしてと伝えます。

次の日もスバルは張り切って仕事をするも、エミリアは不安を感じており、パックも表向きは良いけど、内面はボロボロだからいずれ擦れると呟いたのです。

実際、スバルは明るい感じでエミリア達に接するも、心の中では失敗は出来ないと言う思いに駆られていました。

思わず嘔吐したり、5度めがあるとは限らないと思いながら仕事をするスバルの元にエミリアが現れ、彼を自分の元に来させると膝枕をします。

明らかにスバルは疲れていると感じたエミリアは大変だったねと言うと、スバルはこれまで抑えてきた思いを吐露しながら泣き出し、泣き終わると眠りについたのです。

エミリアはスバルを部屋まで連れていき、ベッドに寝かせ、やって来たレムにスバルは良い子だと言います。

その夜、スバルはベアトリスの元を訪れて、協力してほしいと頼み、何とか協力を取り付けたのです。

そして呪術のことを聞き、発動した場合は防ぎようがないけど、その前なら防げるとベアトリスは教えます。

更に呪術を発動させるには呪術を与える対象に接触する事だと教えてもらったスバルはふもとの村に住んでいる誰かだと察し、ベアトリスにお礼を言うと共に魔女の事も聞きます。

ベアトリスは嫉妬の魔女のサテラについて話し始め、その話を聞いたスバルは部屋から出てきます。

その際にパックに出会い、サテラについて話を聞いてもらうとエミリアがあの時サテラを名乗ったのは自分を危険から遠ざける事かと察したのです。

そしてエミリアがやって来て、体調は大丈夫かと聞かれたのでスバルは大丈夫と言ったのです。

その際、エミリアが精霊術使いなのを知るスバル。

そしてパックから相手の視界を封じるシャマクをスバルは教わる事にしますが、失敗します。

原因はスバルが自分のゲートを制御出来てないからでした。




リゼロ2章】全ての元凶【ネタバレ】

 

ラムとレムと共に買い出しに出かけるスバル。

その際に、全ての元凶が明らかになります。

ここでは、その元凶との戦いの様子について見ていきます。

 

ラムとレムと買い物に行きつつ、村にいる若作りババア、青年団、ラムレム親衛隊、ムラオサ、子供達に触れないように気をつけようと決意するスバル。

しかし、子供に好かれるので触れざるを得ないので、自分を囮にして呪術師をおびき出そうとします。

そして子供達が可愛がっている子犬に会いに行くも、子犬はスバルを警戒して噛みついたのです。

それからラムとレムと合流し、屋敷に戻ると入れ替わるようにロズワールが外出します。

すぐさまベアトリスがいる禁書庫に行くと、彼女に呪いを受けていると宣告されます。

呪いはベアトリスの手で破壊されるも、呪いを受けた位置で犯人が分かったスバルは村へと急ぎます。

その際にラムとレムを何とか説得し、レムが同行する形で向かいます。

村に行くと子供達がいなくなっていて、スバルはこれまでの経緯から森にいると判断して向かうと、結界が切れていました。

結界が切れると魔獣が出てくるとレムが言うと、スバルはあの子犬は魔獣で噛みついた相手に呪術をかけていると察したのです。

そして結界の奥に進むと呪術で弱っている子供達がいて、しかも他の子供も更に奥にいる事を知ってこの場をレムに託して、奥へと向かいます。

奥に行くと、前のループで戦った魔獣がいて、子供に襲おうとしていたのです。

爪と牙対策に厚い布地で腕を覆うと、魔獣を挑発して注意を引き付けると前回の戦いの経験を元に倒し、子供を助けます。

しかし、魔獣の群れが現れて窮地になりますが、レムが駆けつけて一時優勢になります。

そして結界へと向かうも、子犬が魔力を発動させて土砂流を起こしてスバルとレムにダメージを与えます。

これによってレムは我を失い、モーニングスターをメイスに変えてかつ角を生やしたのでまるで鬼のように敵達を倒していくのです。

それでも長く持たず、しかも子犬もまた魔力を発動しようとしていたのでスバルは阻止しようとするもあちこちから魔獣が出てきて、噛みつかれます。

しかし、エミリアとパックが駆けつけたので事なきを得たのです。

パックの言葉から呪術も解除されたのを知り、安堵するスバル。

ラムも現れ、結界を修復し、ベアトリスも力を貸してくれた事をスバルに伝えます。

更にベアトリスがやって来て、魔獣ことジャガーノートにスバルが噛みつかれた際に呪いがつけられ、後々死んでしまう事を告げられたのです。

しかもかなり複雑な感じになっているので、ベアトリスでも解呪できませんでした。

そしてレムが残ってジャガーノートを殲滅しているのを知り、スバルとラムは戦場へと向かいます。

再び自分の魔女の匂いを囮にして、ジャガーノートを引き寄せてラムに攻撃をさせつつ、共に逃げます。

そこへレムが現れるも、完全に暴走していて、スバルの言葉も届く事なくひたすらにジャガーノートを蹴散らします。

ラムから今のレムに生えている角に衝撃を与えれば元に戻ると言われたので、スバルはラムを投げて、レムがキャッチしたと同時に動き出します。

子犬の妨害を受けながらも、スバルはレムの角に衝撃を与えて正気に戻します。

自分のせいでスバルに呪いがつき、その罪滅ぼしとして1人でやろうとしていたレムをスバルは叱責すると、自分を囮にしてレムとラムを逃がしたのです。

残ったスバルはシャマクを使って時間を稼いでいると、ロズワールが現れたのだが、限界だったのかスバルは意識を失います。




【リゼロ2章】一件落着【ネタバレ】

 

意識を失ったスバルですが、何とかループを脱出する事が出来ました

ここでは、ループを脱出したスバルの様子について見ていきます。

 

意識を取り戻すと目の前にはレムがいて、彼女の口からロズワールがジャガーノートを一掃して、スバルの呪いも解け、村も平和になった事が明らかになります。

しかし、スバルに傷跡が残り、マナも枯渇気味になっているのでその事を詫びるレム。

落ち込んでいるレムをスバルは励ましたのです。

その後、エミリアの元へと行くと、彼女はほったらかしにされていたので不機嫌になっていました。

何とかご機嫌を取って、デートの約束を取り付けたのです。




まとめ

今回はリゼロ3巻、激動の一週間編のネタバレ、解説をしてきましたがどうでしたか?

今回は合計5回命を落としましたが、それでもループから脱出出来て良かったです。

エミリアともデートを取り付けたようですし、万々歳でしょう。

次回はどんな話になるか、お楽しみにしていてください。

 

 

 

エミリア陣営
ナツキ・スバル エミリア レム
ラム ロスワール・L・メイザース ベアトリス
オットー・スーウェン ガーフィール・ティンゼル リューズ・オメガ
七大魔女
嫉妬の魔女・サテラ 強欲の魔女・エキドナ 憤怒の魔女・ミネルヴァ
怠惰の魔女・セクメト 暴食の魔女・ダフネ 傲慢の魔女・テュフォン
色欲の魔女・カーミラ 虚飾の魔女・パンドラ 憂鬱の魔人・ヘクトール
大罪司教
ペテルギウス・ロマネコンティ レグルス・コルニアス シリウス・ロマネコンティ
カペラ・エメラダ・ルグニカ ライ・バテンカイトス ロイ・アルファルド
ルイ・アルネブ
三英傑
『初代剣聖』レイド・アストレア 『竜神』ボルカニカ 『大賢人』フリューゲル
王戦候補者
フェルト プリシラ・バーリエル クルシュ・カルステン
アナスタシア・ホーシン
騎士
ラインハルト・ヴァン・アストレア アルデバラン フェリックス・アーガイル(フェリス)
ユリウス・ユークリウス

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です