アニメ

【リゼロ4章】完全ネタバレ解説!アニメ2期後半のストーリーはどうなる!?【14巻】

Pocket

【リゼロ4章】完全ネタバレ解説!アニメ2期後半のストーリーはどうなる!?【原作14巻】

『Re:ゼロから始める異世界生活』は、大人気ライトノベルが原作のTVアニメになります。

最近では2020年7月から2期前半が始まり、9月に終了。

そして、2021年1月にリゼロ2期後半がスタートします。

2期の後半がどうなるのか、今からとても楽しみです。

今回は、リゼロ2期後半がどのような話になるのかを解説していきます。

アニメはまだ放送されておらず、原作の内容になるのでネタバレが苦手な方は、ページから離れてください。

それではご覧ください。

 

他のネタバレはこちら!

1章
2章
3章
4章
 
5章
6章

 

【リゼロ4章】驚愕!!エミリアの知られざる過去!?【小説14巻】

 

アニメ2期前半で、エミリアは聖域解放第一の試練を受けてきましたが突破できず、心が壊れるほど追い込まれてしまいました。

14巻は、試練に挑むエミリアの知られざる過去が明らかになります。

ここでは、エミリアの過去から見ていきましょう。

 

それは、エリオールの森が氷漬けになる前の頃。

エルフたちと静かな生活をしていた幼少時代のエミリアには、本当の両親が何かしらの理由で傍にいません。

本当の両親の代わりに、フォルトナがエミリアの面倒を見ていました。

フォルトナは、エミリアを本当の娘のように溺愛していました。

そして、エミリアもフォルトナのことが大好きだったのです。

エミリアの口癖で「すごーく」とありますが、これはフォルトナの影響によるものでした。

記憶はパックによって封じ込められていましたが、大好きな母代わりのフォルトナの口癖は、しっかりと覚えていたのでした。

試練ではエミリアとフォルトナとの、穏やかな日々が書かれていましたが、魔女パンドラが現れることにより、状況が一変します。




【リゼロ4章】ネタバレ注意!!ジュースの正体はあの男!?【小説14巻】

 

母代わりをしていたフォルトナには、ジュースという恋人がいました。

このジュースという男ですが、実は魔女教の一員なのです。

そしてジュースの正体は、リゼロを知っている人ならお馴染みの「あの男」でした。

ここではジュースについて見ていきましょう。

 

みんなから大切に育てられた幼少時代のエミリア。

ですが、時々フォルトナから『お姫様部屋』と呼ばれている部屋からの外出が,

禁止される習慣がありました。

ところがある日、こっそり部屋から抜け出せる道を発見し『お姫様部屋』から脱出に成功します。

外に出るとそこには黒衣の集団がいました。

その中で、フォルトナと親しげに話す黒衣の男「ジュース」というキャラが出てきます。

エミリアはジュースと出会い友達になり、その関係性がフォルトナにも知れ渡ります。

そして、このジュースがスバルが最初に会った怠惰の大罪司教ペテルギウスだったのです。

ジュースはエミリアやフォルトナを物凄い慕っていました。

そんなジュースが大切な彼女らを守るための力を得た結果、みんなが知るペテルギウスが生まれるのでした。

【リゼロ】エミリアの強さ・権能や加護の能力は?正体や過去にあった出来事とは?【リゼロ】エミリアの強さ・権能や加護の能力は?正体や過去にあった出来事とは? 大人気ライトノベル『Re:ゼロから始める異世界生活』...

 




【リゼロ4章】リューズの過去!?聖域の結界と憂鬱の魔人!!【小説14巻】

 

シーマが語った聖域の本来の目的、リューズが魔水晶に取り込まれるきっかけに、憂鬱の魔人ヘクトールの存在がありました。

ここでは憂鬱の魔人ヘクトールについて見ていきましょう。

 

聖域に結界を作られるキッカケとは!?

ある脅威が迫っているシーンで、エキドナを含む全員がその脅威に対して、重要な選択を迫られます。

それは聖域から脱するか否かというもの。

エキドナはその脅威に対抗する手段として、強力な結界を作る構想まで完成させました。

しかし、それを実行するだけの準備が不足していました。

そこに最終手段としてリューズが以前、ベアトリスから聞いたことある内容をヒントに『自分を生贄にすればその結界を完成させることができることを察し提案します』

亜人として外の世界で惨めな思いをしていた頃に比べ、エキドナたちによって作られた聖域で十分平和な時間を過ごせたリューズ。

自らの人生を聖域に捧げることに、何のためらいもないことをエキドナに伝え、結界の再構築の実行に移ります。

 

憂鬱の魔人ヘクトール

結界構築までの時間稼ぎをしている初代メイザース。

魔法使いとして10代ですでに魔法の最高位にまで達した実力を持ってしても、目の前の脅威に対してはなす術もありませんでした。

初代メイザースが、その脅威を「魔人ヘクトール」と口にします。

初代メイザースが時間稼ぎをしている間、隠れていたリューズの気配がヘクトールにバレ、危うくやられてしまう寸前でエキドナが登場。

エキドナとヘクトールはお互いに交流があったようです。

一体なぜ、敵対関係になってしまったのか?

そしてスバル達に過去の記憶を話し終えたリューズ。

7つの大罪「傲慢・嫉妬・憤怒・怠惰・強欲・暴食・色欲」以外の「憂鬱」というワード。

スバルの世界で有名な7つの大罪に冠する魔女たちがこの世界では存在しないことが確認できました。

しかし、実は7つ以外に「憂鬱・虚飾」という2つの大罪が存在していたこと。

つまり、「憂鬱の魔人」以外に「虚飾の魔人」が存在する可能性が浮上してきます。

「憂鬱の魔人ヘクトール」がどれだけ危険な存在なのかが感じられます。

【リゼロ】憂鬱の魔人ヘクトールの正体を考察!ロズワールかクリンドの可能性あり!?憂鬱の魔人ヘクトールの正体を考察!ロズワールかクリンドの可能性あり!? 憂鬱の魔人ヘクトールとはエキドナとの関係が深いためアニメ「リゼ...




まとめ

今回は、リゼロ14巻の内容について解説してきました。

エミリアの過去、ジュースとペテルギウス、憂鬱の魔人ヘクトールと盛りだくさんの内容だった14巻。

来年冬に放送されるリゼロ2期後半での内容になると思われます。

アニメで放映されるのを、楽しみに待ちましょう。

 

 

 

エミリア陣営
ナツキ・スバル エミリア レム
ラム ロスワール・L・メイザース ベアトリス
オットー・スーウェン ガーフィール・ティンゼル リューズ・オメガ
七大魔女
嫉妬の魔女・サテラ 強欲の魔女・エキドナ 憤怒の魔女・ミネルヴァ
怠惰の魔女・セクメト 暴食の魔女・ダフネ 傲慢の魔女・テュフォン
色欲の魔女・カーミラ 虚飾の魔女・パンドラ 憂鬱の魔人・ヘクトール
大罪司教
ペテルギウス・ロマネコンティ レグルス・コルニアス シリウス・ロマネコンティ
カペラ・エメラダ・ルグニカ ライ・バテンカイトス ロイ・アルファルド
ルイ・アルネブ
三英傑
『初代剣聖』レイド・アストレア 『竜神』ボルカニカ 『大賢人』フリューゲル
王戦候補者
フェルト プリシラ・バーリエル クルシュ・カルステン
アナスタシア・ホーシン
騎士
ラインハルト・ヴァン・アストレア アルデバラン フェリックス・アーガイル(フェリス)
ユリウス・ユークリウス

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です