アニメ

スバルが異世界に召喚された本当の理由とは?スバルを召喚した犯人(正体)とは?

Pocket

スバルが異世界に召喚された本当の理由とは?スバルを召喚した犯人(正体)とは?

 

突如として異世界に召喚されたナツキ・スバルが、死に戻りの能力を駆使して最悪の運命を変えていく物語、Re:ゼロから始める異世界生活。

累計発行部数は700万部を超える大人気ライトノベルで、アニメ化もされ第2シーズン13話までが放送されています。

 

リゼロは謎が多く、その謎が解明されないまま新たな謎が浮かび上がり、目が離せません。

その謎の中でも今回は、主人公ナツキ・スバルについて深堀していきたいと思います。

よろしければご覧ください。

スバルが闇堕ち?魔女大罪司教の『傲慢』担当の空席の候補が誰か解説!【リゼロ考察】スバルが闇堕ち?魔女大罪司教の『傲慢』担当の空席の候補が誰か解説!【リゼロ考察】 『Re:ゼロから始める異世界生活』は、大人気ライトノ...
アルデバランの正体スバル・スバルの父という考察とは?死に戻りの能力も所持してる?【リゼロ】【リゼロ】アルデバランの正体スバル・スバルの父という考察とは!?死に戻りの能力も所持してる!? 『Re:ゼロから始める異世界生活』は、...
【リゼロ】ナツキ・スバルの強さ・権能の能力は?正体はフリューゲルか傲慢の大罪司教?【リゼロ】ナツキ・スバルの強さ・権能の能力は?正体はフリューゲルか傲慢の大罪司教? 大人気ライトノベル『Re:ゼロから始める異世界...

スバルが異世界に召喚された理由とは!?

 

引きこもり学生のスバルが、コンビニ帰りに突如として異世界に召喚される事から、物語が始まるリゼロ。

ここではスバルが”なぜ異世界に召喚されたのか”について、考えてみたいと思います。

ここからはネタバレを含みますので、閲覧にはご注意ください。

 

スバルが異世界に召喚された理由については、原作でもまだ明らかにされていません。

ただ気になるのは、その時の状況です。

 

コンビニで買い物を終え帰ろうとしたとき、スバルは目に違和感を覚えたのです。

目を何度かパチパチさせると、異世界に召喚されてしまいます。

文章にすると違和感を感じませんが、えらく簡単に異世界へと来たなと感じました。

異世界への扉は簡単には開かないはずです。

異世界転生ものと言えば、大きな事件や事故、主人公が窮地に立たされて初めて、異世界へと旅立つことができるというのがお決まりのはず。

でもスバルはそこまで追い込まれたり、重大な事件に巻き込まれていません。

 

それなら、どうしてこんな簡単に異世界へ来られたのか?

スバルは以前にも来たことがあるのではないでしょうか。

だから簡単に来ることができた。

 

そして『Re:ゼロから始める異世界生活』というタイトル。

”Re:”死に戻りという見方しかしていませんでしたが、その言葉の通り”再び”と捉えると、「再びゼロから始める異世界生活」となります。

つまり

1度失敗してもう1度異世界生活をやり直す為に、スバルは召喚された

のではないでしょうか。




スバルを異世界に召喚した犯人とは!?

 

スバルが異世界へ召喚された理由は先ほど書きましたが、次に気になるのは

誰がスバルを異世界へ呼んだのか

です。

スバルは自分の意思で異世界へのゲート潜ったわけでもなければ、事故に巻き込まれ異世界へと飛ばされたわけでもありません。

そうなると、第三者によって連れてこられた可能性が高いです。

では誰が連れてきたのか?

 

可能性が高いのは、嫉妬の魔女・サテラでしょう。

スバルに死に戻りの能力を与えたのはサテラだという事が、エキドナ発言で明らかになりました。

だとすると、サテラがいスバルを異世界に連れてきたときに、死に戻りの能力も一緒に与えたと考えるのが自然ではないでしょうか。

 

サテラ以外の人物が連れてきたとなると、サテラはスバルが異世界に来たことを察知し、居場所を探し出して能力を与えなければなりません。

そんな都合よく見つからないと思うので、サテラ以外の人物が連れてきた可能性は低いと考えます。

ただ、サテラが誰かに連れてくるように頼んだとしたら、サテラ以外の人物の可能性も出てきますが、それほどすごい能力を持つ人物がいるとは思えません。




スバルと嫉妬の魔女との関係とは!?

 

スバルを異世界へ連れてきたのが嫉妬の魔女・サテラだとすると、この2人の関係が気になりますよね。

という事で、ここではスバルと嫉妬の魔女との関係に迫ってみたいと思います。

 

サテラはまだ登場回数が少なく、スバルとのハッキリとした関係は明らかになっていません。

今の段階で分かっているのは、サテラが一方的にスバルを愛しているという事だけです。

サテラは魔女因子を取り込んだ時に、新たに魔女人格が生まれますが、どちらの人格もスバルのことを愛しています

 

一方、スバルの方はサテラのことをよく知らず、勝手に愛してると言われて、見事なぐらいの拒絶反応を見せています。

そりゃそうですよね、望んでもいないのに死に戻りの能力を与えられたり、「愛してる」と狂ったように囁きながら自分を取り込もうとしてきたら、誰だって拒否反応をしますよね。

しかもサテラとは顔見知りでもないのに・・・

 

まだまだ謎が多い2人の関係ですが、サテラについては最終章で明かされると作者の長月先生が書いていたので、楽しみしたいと思います。




スバルと異世界の関係とは!?

 

先ほど、スバルは過去に異世界にへ来たことがあるのではと書きましたが、ここではスバルと異世界の関係について、考えてみたいと思います。

 

過去に一度、来たことがあるならば、どうしてずっといなかったのでしょうか?

もちろん異世界は本来いるべき場所ではないので、帰る手段が見つかったから帰ったというのは納得できます。

そうなると、何故もう一度異世界へ来たのか説明がつきません。

他に理由があるのではないでしょうか?

 

そこで思い出してほしいのは、世界樹に刻まれていた文字です。

そこには「フリューゲル参上」と書かれていました。

第1シーズン5話で、レムから文字を教わっているときにスバルも「ナツキ・スバル参上」と書いていたのです。

異世界の文字は日本語と異なるため、「フリューゲル参上」と書いたのは日本人という事になります。

そして同じような文言を書いていたとなると、フリューゲルはスバルではないでしょうか。

 

これらのことから、スバルはフリューゲルと名乗り異世界で暮らしていましたが、世界の崩壊または自身が死んでしまったため現実に戻され、世界を救うためにもう一度異世界に召喚されたと考えます。




まとめ

ここまでスバルが異世界に来たことを中心に取り上げてきましたが、いかがだったでしょうか?

ここまでをまとめると

・スバルが異世界に来たのは、異世界生活をやり直すため

・スバルを召喚したのは、嫉妬の魔女・サテラ

・嫉妬の魔女はスバルを一方的に愛している

・スバルはフリューゲルとして異世界に来ていた

 

どれも確証がないので、こういう考え方もあるのかと思って頂ければ幸いです。

原作やアニメを見て、スバルがなぜ異世界に来たのかについて考えを巡らせてみてはいかがでしょうか。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

エミリア陣営
ナツキ・スバル エミリア レム
ラム ロスワール・L・メイザース ベアトリス
オットー・スーウェン ガーフィール・ティンゼル リューズ・オメガ
七大魔女
嫉妬の魔女・サテラ 強欲の魔女・エキドナ 憤怒の魔女・ミネルヴァ
怠惰の魔女・セクメト 暴食の魔女・ダフネ 傲慢の魔女・テュフォン
色欲の魔女・カーミラ 虚飾の魔女・パンドラ 憂鬱の魔人・ヘクトール
大罪司教
ペテルギウス・ロマネコンティ レグルス・コルニアス シリウス・ロマネコンティ
カペラ・エメラダ・ルグニカ ライ・バテンカイトス ロイ・アルファルド
ルイ・アルネブ
三英傑
『初代剣聖』レイド・アストレア 『竜神』ボルカニカ 『大賢人』フリューゲル
王戦候補者
フェルト プリシラ・バーリエル クルシュ・カルステン
アナスタシア・ホーシン
騎士
ラインハルト・ヴァン・アストレア アルデバラン フェリックス・アーガイル(フェリス)
ユリウス・ユークリウス

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です