アニメ

エルザ・グランヒルテの正体が呪い人形(吸血鬼)だから死なない?【リゼロ考察】

Pocket

【リゼロ】エルザが死なない理由は正体が呪い人形(吸血鬼)だから?

2012年から連載が始まり、アニメやゲームにもなった大人気ライトノベルである『Re:ゼロから始める異世界生活』!

リゼロは敵味方問わず沢山の個性的で魅力的な登場人物がいる事で有名ですが、主人公のナツキ・スバルが周囲の人間の死を回避するために奮闘する姿も見ごたえがあるのではないでしょうか

今回はそんな人気作品に登場し、スバル達の前に何度も障害として立ち塞がった妖艶で美しく強い暗殺者であるエルザ・グランヒルテが死なない理由は吸血鬼だからなのかを始め、過去と強さについて調べていこうと思います。

宜しければご覧ください。

 

他の考察記事はこちら

 

 

【リゼロ考察】エルザ・グランヒルテの正体は呪い人形(吸血鬼)!?

 

まず最初にエルザ・グランヒルテの正体は吸血鬼なのではないかとの事ですが、簡潔に言えば…。

吸血鬼です

という事です。

正確には半ヴァンパイアになれる加護の力で、吸血鬼に近い能力を発揮するので生粋の吸血鬼ではありません。

この事に関しては本人は如何呼ぶかは自由だと言っています。

本人は吸血鬼と言うよりは暗殺者として動いているので、吸血鬼とかと呼ばれようが正直どうとかはどうでもいいと言う事なのかもしれませんね。




【リゼロ考察】エルザ・グランヒルテの過去は!?

 

次にエルザ・グランヒルテの過去についてですが、かなり凄惨なものです。

北国のグテスコと言う場所で生まれ落ちましたが、この国は元々貧富の差が激しい国ですので子供を捨てる事は日常茶飯事です。

エルザ・グランヒルテの場合は何らかの事情で親がおらず、孤児になってしまいました。

孤児になってしまったので、何としても生き残り、命を繋ぐために盗みを働いたりしていたのです。

そんなある日、店で盗みをしようとした際に店長に見つかり、暴行をされようとしていました。

抵抗するためにエルザ・グランヒルテは近くにあったガラスの破片を手にして、それを振るう事で店長の腹を切り裂いて始末したのです。

続けて腹を手術しているかのように捌くと、中にあった臓物や大量の血を見て、かなりの興奮を覚えました。

この事からエルザ・グランヒルテは腹を捌く事に快感を覚えると共に、暗殺者になった際に腹を捌いて始末していったので、『腸狩り』と言う異名がつくようになりました。




【リゼロ】エルザの強さは!?

 

最後にエルザ・グランヒルテの強さについてですが、異名がついている事から暗殺者としてかなりの強さを得ています。

主人公のスバルも確認できる範囲で言えば、3度も彼女に始末されています。

二本のククリ刀を武器としていて、衣装の中に幾つも隠し持っています。

暗殺者故に身体能力も抜群で、エミリアの契約精霊であるパック、獣人の血を持つクォーターのガーフィール、作中最強クラスのラインハルトと戦い、互角以上に渡り合える高さを誇っているのです。

彼女が羽織っているマントは魔法攻撃に関しては、一度だけ攻撃を防ぐ事が出来る術式が仕組まれています。

そして吸血鬼故に凄まじい回復力を誇っていて、首を切断されない限りは心臓を貫かれてもピンピンしています。

エルザ・グランヒルテの能力をまとめると・・・

・暗殺者として相応しい抜群の身体能力。

・圧倒的な再生能力。

・一度だけ魔法攻撃を無効化する術式が施されたマント。

・二本のククリ刀を使う。

という事になります。




まとめ

大人気ライトノベル『Re:ゼロから始める異世界生活』に登場するエルザ・グランヒルテが死なない理由は吸血鬼だからなのかを始め、過去と強さについてお話しさせていただきました。

これでエルザ・グランヒルテが死なない理由を始め、彼女の過去や強さや権能の恐ろしさが分かったのではないかなと思います。

何で殺しの道を究めちゃったのと思いますが、劣悪な環境で育った事を踏まえれば、盗みや殺しをしなければ生きていけなかったのでしょうね。

実際、エルザ・グランヒルテが育った環境は生きるためなら何でもしないといけないし、死なないためには自分の身は自分で守れないといけないと思いますので、店の店長を始末したのをきっかけに殺しの道を進むしかなかったのだと思います。

そして暗殺者はただ暗殺するのではなく、暗殺者なりのポリシーを持ち合わせていますが、エルザは腸を切り裂く事に快感を持ってしまったの事で、始末する相手の腸を切り裂く事をポリシーとしたのかなと思いますね。

暗殺者とはいえ、ラインハルトと互角に渡り合っていましたので、その事を踏まえるといっぱしの戦士になっていれば、かなりいい戦士になったんじゃないかなと思いますし、非常に惜しいなと思いましたね。

第4章で火の中で命を落としたとされていますが、彼女の能力から察するに死んでおらずむしろ火傷だけで済んでいそうで、もしかしたら何処かで生きているかもしれませんね。

もしそうだとすれば、今度は何処を拠点にしていて、一体何を目論んでいるのか気になるところですね。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

 

エミリア陣営
ナツキ・スバル エミリア レム
ラム ロスワール・L・メイザース ベアトリス
オットー・スーウェン ガーフィール・ティンゼル リューズ・オメガ
七大魔女
嫉妬の魔女・サテラ 強欲の魔女・エキドナ 憤怒の魔女・ミネルヴァ
怠惰の魔女・セクメト 暴食の魔女・ダフネ 傲慢の魔女・テュフォン
色欲の魔女・カーミラ 虚飾の魔女・パンドラ 憂鬱の魔人・ヘクトール
大罪司教
ペテルギウス・ロマネコンティ レグルス・コルニアス シリウス・ロマネコンティ
カペラ・エメラダ・ルグニカ ライ・バテンカイトス ロイ・アルファルド
ルイ・アルネブ
三英傑
『初代剣聖』レイド・アストレア 『竜神』ボルカニカ 『大賢人』フリューゲル
王戦候補者
フェルト プリシラ・バーリエル クルシュ・カルステン
アナスタシア・ホーシン
騎士
ラインハルト・ヴァン・アストレア アルデバラン フェリックス・アーガイル(フェリス)
ユリウス・ユークリウス

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です