アニメ

【リゼロ】虚飾の魔女パンドラの強さ・権能の能力は?その目的・正体とは一体?

Pocket

【リゼロ】パンドラの強さ・権能の能力は?その目的・正体とは一体?

大人気ライトノベル『Re:ゼロから始める異世界生活』は世界でも人気を集めている作品ですよね!

リゼロはヒロインが可愛いでも有名ですが、やはり、ダークな部分がしっかり描かれた内容の詰まった作品と言うことが一番です。

前半クールが終わり2期も残すところ後半のみ、今回はそんな2期後半クールに出てくるパンドラの強さ・権能の能力・魔女や魔女教徒との関係などについて調べていこうと思います。

宜しければご覧ください。

【リゼロ】パンドラとは!?

             虚飾の魔女パンドラ

 

能力 「虚飾」の魔女因子
髪型 白金の長髪
服装 白い衣
容姿 見たものすべてが震える美少女
性別 女性
性格 友好的で上品な話し方しかし言動と行動が一致していない薄っぺらな論理を扱う利己的
イメージカラー 白と金

400年以上前から存在している「虚飾の魔女」。

その全貌は謎に包まれていて、魔女教の中では口に出すことすら許されない禁忌の存在として語られています。

魔女教内ではかなり地位が高いようであのレグルスも敬語接している人物でパンドラによると思われる被害が以下のようになります。

エリオール大森林では、エミリアの叔母フォルトナをジュースの見えざる手に対して権能の書き換えを使うことで殺害します。

白鯨大征伐では優勢の王国の戦況をひっくり返して敗北させ、その後テレシアを戦死させた疑惑がかかっています。

さらには城塞都市ガークラ陥落では八つ腕のクルガンの戦死にも関わっていている様子。

各国の英雄クラスを次々と葬っている裏で暗躍しているという、リゼロ世界でもかなり黒幕的立ち位置にいそうな人物です。

その権能も相まり現在の生存の可能性はかなり高いと考えられます。




【リゼロ】パンドラの思想は?

穏やかで友好的な態度、相手には丁寧で上品な言葉を使用します。

足掻く力に対して心からの称賛を送り、特に人生の困難を切り開いていく愛の力を素晴らしいものとして捉えています。

一見真摯な彼女の態度、しかし理論はまさに利己的で支離滅裂となっています。

そんな証拠として足掻く姿は美しいとして自らが他人の人生を全て滅ぼし台無しにしたうえでのこの発言をしています。

つまり自らの自己満足のために他人を意に介さない、そして自分の思想を正しいと思う質の悪さは大罪司教同様の異常者であると言えます。

やはり大罪司教に属する人間、魔女は関わって話いけない人種と言ったところですかね。

【リゼロ】憂鬱の魔人ヘクトールの正体を考察!ロズワールかクリンドの可能性あり!?憂鬱の魔人ヘクトールの正体を考察!ロズワールかクリンドの可能性あり!? 憂鬱の魔人ヘクトールとはエキドナとの関係が深いためアニメ「リゼ...




【リゼロ】パンドラの強さ・権能の能力は?

魔女因子虚飾の権能、事象を好き放題に自分好みに書き換えることができるまさしくその名にふさわしい能力です。

例えばこの場にその人がいなかったという事にするとその人物が起こした事柄がきれいさっぱりなかったことになってしまいます。作中ではこんなシーンがありました。

エリオール大森林での出来事。レグルスとともに現れたパンドラ、ジュースはエミリアとフォルトナを逃がします。

そんな彼に対して魔女因子が適合しないのを構わずに黒い小箱の中の因子を無理やりジュースに取り込ませさせました。

その後レグルスと戦闘し敗北するジュース、とどめをパンドラが止めようとしたことからレグルスの反撃を受け死亡します。

次の瞬間何もなかったかの如く再び姿を表すパンドラ、そしてレグルスはここにはいなかったと言い出すとレグルスの姿が消え去るのでした。

その後エミリアの元に現れたパンドラ、フォルトナによって攻撃を受けるも再び復活、追撃にはなぜかジュースが現れ応戦し彼の見えざる手がフォルトナをパンドラの書き換え能力によって捉えてしまうのでした。

この時ジュースの精神が崩壊したようです。

あのレグルスですら手玉に取ってしまうパンドラの恐ろしい能力。

まさしく作中最強クラスであのラインハルトにも勝てるのではと噂されています。

更にタチが悪いのが、その権能に周囲の意識は違和感がないように補完してしまうため気づかれることがないことです。

強欲の魔女エキドナ曰く、生き残ることに突出した魔女、現在表舞台でスバル達の前には現れていませんが、生存している確率が高いことが分かります。

また戦死したテレシアやクルガンを意志のない傀儡として仕立てあげたりしたと噂されています。

白鯨討伐のために戦場に出陣したテレシア、そんな彼女のもとにパンドラが現れ、テレシアは意識を失います。

テレシアが消えた元凶はパンドラでした。

第五章プリステラではカペラの屍兵として登場したテレシア、屍兵の原理は「不死王の秘蹟」という術です。

更にパンドラは城塞都市ガークラにて当時のヴォラキア帝国最強の八つ腕のクルガン殺害に関与しており、このクルガンもテレシアと同時に屍兵として現れたことから、この不死王の秘蹟をパンドラが使えるかもしれないという事が考えられるます。

それに関連してシリウス、フォルトナ説なども浮上しているようです。

また先生とロズワールたちが呼んでいるこの人物は果たしてエキドナなのか、不死王の秘蹟とエキドナ、パンドラここら辺の因果関係も怪しい気がしますね。

更には三大魔獣黒蛇を誘導させることも可能にします。

しかし黒蛇を誘導する際に自在には操れないことから彼女の能力には何か誓約があるように思われます。

果たしてそれは何なのか、テレシアを撃った際に、ラインハルトに剣聖の加護が映ったのと何か関連性がありそうです。

【リゼロ】ラインハルト・ヴァン・アストレアの加護の能力・強さは?ヴィルヘルムとの不仲な訳は?【リゼロ】ラインハルト・ヴァン・アストレアの加護の能力・強さは?ヴィルヘルムとの不仲な訳は? 『Re:ゼロから始める異世界...




【リゼロ】パンドラ他の魔女とのつながりは!?

 

八つの枢要罪は七つの大罪の元となったもの、本来ならここに「虚飾」「憂鬱」が入っていたのですが、「憂鬱」「怠惰」に、「虚飾」「傲慢」に含まれるという事から、この二つがなくなり新たに嫉妬の魔女の「嫉妬」が含まれたようでした。

他の魔女とパンドラは基本的に友好関係にあります。

しかし強欲の魔女エキドナは彼女のことをあまりよく思っていない様子。

知識を好む魔女にとって彼女の事実の書き換えと言う行いはあまり好ましく思われなかったのだと思いましたね。

【リゼロ】エキドナの特性・正体は?ifルートや過去・三英傑との関係や伏線も?【リゼロ】エキドナの特性・本性は?ifルートや過去・三英傑との伏線も? 大人気ライトノベル『Re:ゼロから始める異世界生活』は世界...
【リゼロ】ミネルヴァの強さ・権能の能力は?人物像や過去に何があった?【リゼロ】ミネルヴァの強さ・権能の能力は?人物像や過去に何があった? 大人気ライトノベル『Re:ゼロから始める異世界生活』は世界でも人...
【リゼロ】セクメトの強さ・権能の能力は?人物像や壮絶な過去とは?【リゼロ】セクメトの強さ・権能の能力は?人物像や壮絶な過去とは? 大人気ライトノベル『Re:ゼロから始める異世界生活』は世界でも人気を...
【リゼロ】ダフネの強さ・権能の能力は?人物像や過去には何があった?【リゼロ】ダフネの強さ・権能の能力は?人物像や過去は? 大人気ライトノベル『Re:ゼロから始める異世界生活』は世界でも人気を集めている...
【リゼロ】テュフォンの強さ・権能の能力は?人物像や過去には何があった?【リゼロ】テュフォンの強さ・権能の能力は?人物像や過去は? 大人気ライトノベル『Re:ゼロから始める異世界生活』は世界でも人気を集...
”無貌の花嫁”カーミラの権能の能力(効果)とは?カーミラがスバルに見方した理由など”無貌の花嫁”カーミラの権能の能力(効果)とは?カーミラがスバルに見方した理由など 2020年7月から始まった『Re:ゼロから始め...




まとめ

大人気ライトノベル『Re:ゼロから始める異世界生活』は世界でも人気を集めている作品のパンドラの強さ・権能の能力・魔女教との関係についてお話しさせていただきました。

明らかに魔女教のリーダー格であるパンドラ、彼女の意思こそが魔女教の意思だとするとその目的とはいったい何なのでしょうか。

魔女教の目的はサテラの復活だと現状では思われるため、それに関連するパンドラ、現在パンドラは生死が不明ですが、もし生きていたとしたら機が熟したタイミングで再登場するかもしれません。

そして400年前の大災害、サテラの封印、もしかして黒幕は彼女なのか?いずれにしてもかなり重要なカギを握っている気がしますね。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

エミリア陣営
ナツキ・スバル エミリア レム
ラム ロスワール・L・メイザース ベアトリス
オットー・スーウェン ガーフィール・ティンゼル リューズ・オメガ
七大魔女
嫉妬の魔女・サテラ 強欲の魔女・エキドナ 憤怒の魔女・ミネルヴァ
怠惰の魔女・セクメト 暴食の魔女・ダフネ 傲慢の魔女・テュフォン
色欲の魔女・カーミラ 虚飾の魔女・パンドラ 憂鬱の魔人・ヘクトール
大罪司教
ペテルギウス・ロマネコンティ レグルス・コルニアス シリウス・ロマネコンティ
カペラ・エメラダ・ルグニカ ライ・バテンカイトス ロイ・アルファルド
ルイ・アルネブ
三英傑
『初代剣聖』レイド・アストレア 『竜神』ボルカニカ 『大賢人』フリューゲル
王戦候補者
フェルト プリシラ・バーリエル クルシュ・カルステン
アナスタシア・ホーシン
騎士
ラインハルト・ヴァン・アストレア アルデバラン フェリックス・アーガイル(フェリス)
ユリウス・ユークリウス

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です