アニメ

リゼロ強さランキングTOP10最新版2021年|最強は誰か?【解説】

Pocket

 

2021年3月まで放送された2期「Re:ゼロから始める異世界生活」は、スバルがエミリアの剣としてこれから彼女を守っていくという感動のフィナーレで終わりました。

私を含め視聴者の方々は、早くもリゼロ3期を待ち焦がれている状態です。

今回は我々を感動させてくれた素敵なキャラ達を、私が思う強い順でランキング形式にしてご紹介させて頂きたいと思います。

はたして、最強の座である1位は誰になるのでしょうか?

 

 

他の考察記事はこちら

 

1位 ラインハルト・ヴァン・アストレア

 

1位は作者の長月さんが太鼓判を押している、剣聖「ラインハルト・ヴァン・アストレア」です。

ラインハルトは、リゼロの中で1番最強であり、彼のみに与えられているスキル(自分の望んだ加護を何でも獲得)してしまうため、覚醒エミリアや角ありラムなどの最強の面々が手を組んだとしても、絶対に勝てないと言われているほどです。

同じ剣聖である、テレシアやレイドより遥かに強いため、彼を陥れるためにはフェルトを人質にとったあと、加護を無効化に出来るスピンクスと協力しなければなりません。

つまり計画を念入りに練らなければ、ラインハルトには敵わないということです。実際ラインハルトは、精神面で脆い部分があるため、そこさえ上手くいけば彼を倒すことができるかもしれませんね。

ですが、チート能力のため1位となりました。

 

2位 嫉妬の魔女サテラ

 

2位にランクインしたのは、嫉妬の魔女サテラです。

彼女は400年前、世界の半分を滅ぼし自分以外の魔女6人を飲み干してしまいました。そのあとは当時の三英傑の面々に封印されることとなり、ルグニカ東部の大瀑布付近の祠に今も尚眠っている状態です。

実は嫉妬の魔女サテラは、二重人格であり魔女因子に精神を飲み込まれてしまったため、他の魔女6人を飲み干し世界を半分滅ぼしたと推察されているようです。

主人格のサテラ本人は作者曰く、リゼロの世界で1番優しい子と仰っておりました。つまりサテラ自身が、魔女因子を取り込まなければならない状態にあったということです。

この謎については、最終章で明かされることでしょう。

 

3位 神龍ボルカニカ

 

3位は三英傑の1人である神龍ボルカニカです。

神龍ボルカニカは今尚、嫉妬の魔女サテラと強い因果で結ばれており、彼女が何かしらの理由で復活した際には、神龍ボルカニカが姿を現すようです。

神龍ボルカニカとラインハルトが勝負をしたら「いい試合が見れる」と作者の長月さんは仰っておりました。

しかしラインハルトはチート能力のため、神龍ボルカニカが彼に勝つことはないそうです。

 

4位 レイド・アストレア

 

4位は初代剣聖、レイド・アストレアです。

加護の総数は不明ですが、時空間を切ったり概念の根本を切ったりできる常識が通じない人物で、テレシアやラインハルトの先祖に当たる人物です。

三英傑の1人であり、400年前嫉妬の魔女サテラを封印するために尽力をしました。

彼は生きている時代に、12体の龍を切り落としているため、その功績は現代のルグニカでも伝説として語り継がれています。

 

5位 虚飾の魔女パンドラ

 

5位は虚飾の魔女パンドラです。

虚飾の魔女パンドラは、世界を自分の都合のいい事象に書き換えることができる人物です。

一見、この能力だけ見たらラインハルトより強いと思われるかもしれませんが、彼女の戦闘能力は小さい頃のエミリアよりも遥かに弱いです。

そのため、能力がチートということ以外、か弱い女性ということになってしまうのです。

ですが、性格は残忍なため「魔女に相応しい女性」であることには変わりません。

 

6位 角ありラム

 

6位は角ありラムです。

ラムは幼い頃、レムと角を1つずづ分け与えられた感じでこの世に生まれてきました。当初鬼族の長は、村の掟に従い忌み嫌われている双子を処分しようしていました。

しかし生まれたばかりの赤子であるラムが、鬼族全員の前で強大な力を見せつけたため、殺されずに済みました。

以降、レムを支えながら生きていましたが、ある日突然として村にやってきた魔女教の一味に角を折られてしまいました。

作者曰く「角ありラムがいれば簡単に白鯨を討伐できる」と仰っておりました。

そのため、角ありラムは最強ということになります。

 

7位 怠惰の魔女セクメト

 

7位は怠惰の魔女セクメトです。

嫉妬の魔女サテラの次に強いと言われており、過去に神龍ボルカニカといい勝負をしたと言われています。

彼女は魔女の称号に相応しいほど怠惰に愛されており、もし怠惰でなければもっと上の順位に君臨していたかもしれません。

魔女の茶会では、迂闊なスバルに助言してあげたりと、他の魔女に比べたら1番まともな人物です。

 

8位 パック(終焉の獣)

 

8位はエミリアの相棒であるパック(終焉の獣)です。

母親は強欲の魔女エキドナで、ベアトリスとは兄弟に当たる関係です。パックはベアトリスと同じ「大精霊」であるため、氷や炎の攻撃を得意としています。

実際パックは、炎を司る大精霊です。

技術ではロズワールに劣りますが、パワーは格段に強く最強であるため、白鯨を余裕で潰すことができます。

当初パックはエキドナの契約に縛られていましたが、エミリアと契約をしたあと、彼女のみ愛することを誓いその強大な力を使ってきました。

 

9位 憂鬱の魔人ヘクトール

 

9位は憂鬱の魔人ヘクトールです。

重力のような能力を使って、対象者をことごとく潰していきます。過去に最高位の魔導士であるロズワールをいとも簡単に、重力のような能力を使って潰していました。

エキドナとは何かしらの因果があり、彼女に執着しています。

彼の登場は1回きりとなっており、原作で再登場すれば、他の能力も明らかになるかもしれません。

 

10位 賢者シャウラ

 

10位は賢者シャウラです。

彼女の師匠は大賢者フリューゲルです。彼女はフリューゲルからプレアデス監視塔から嫉妬の魔女サテラを見張り続けるよう指示されており、400年もの長い間「世界の厄災」を見張ってきました。

ヘルズ・スナイプという技を使い、相手を恐怖に陥れてきました。

ラインハルトは彼女に手こずらされたことがあるので、実力は格段に上かと思われます。

 

まとめ

 

今回は私が思う、リゼロ最強ランキングTOP10をご紹介させて頂きました。

リゼロ熱はまだ冷めておらず、アニメ放送時は原作の売れ行きが格段に上がったそうです。私も原作を見返しながら、アニメ3期を気長に待ちたいと思います。

この先、新しいキャラが登場しもしかすると、ラインハルトや嫉妬の魔女サテラを遥かに超す逸材が現れるかもしれませんね!

 

 

他の考察記事はこちら

 

エミリア陣営
ナツキ・スバル エミリア レム
ラム ロスワール・L・メイザース ベアトリス
オットー・スーウェン ガーフィール・ティンゼル リューズ・オメガ
七大魔女
嫉妬の魔女・サテラ 強欲の魔女・エキドナ 憤怒の魔女・ミネルヴァ
怠惰の魔女・セクメト 暴食の魔女・ダフネ 傲慢の魔女・テュフォン
色欲の魔女・カーミラ 虚飾の魔女・パンドラ 憂鬱の魔人・ヘクトール
大罪司教
ペテルギウス・ロマネコンティ レグルス・コルニアス シリウス・ロマネコンティ
カペラ・エメラダ・ルグニカ ライ・バテンカイトス ロイ・アルファルド
ルイ・アルネブ
三英傑
『初代剣聖』レイド・アストレア 『竜神』ボルカニカ 『大賢人』フリューゲル
王戦候補者
フェルト プリシラ・バーリエル クルシュ・カルステン
アナスタシア・ホーシン
騎士
ラインハルト・ヴァン・アストレア アルデバラン フェリックス・アーガイル(フェリス)
ユリウス・ユークリウス

 

 

エピソードのネタバレ記事はこちら!

1章
2章
3章
4章
 
5章
6章

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です