アニメ

スバルが闇堕ち?魔女大罪司教の『傲慢』担当の空席の候補が誰か解説!【リゼロ考察】

Pocket

スバルが闇堕ち?魔女大罪司教の『傲慢』担当の空席の候補が誰か解説!【リゼロ考察】

『Re:ゼロから始める異世界生活』は、大人気ライトノベルが原作のTVアニメになります。

2020年7月から2期前半が始まり、9月に終了。

そして、2021年1月に2期後半がスタートします。

リゼロでは7人の大罪司教がいます。

しかし、その中で『傲慢』担当の大罪司教が空席なのです。

その傲慢がスバルなのではないかという話が出ています。

そこで今回は、傲慢の大罪司教がスバルなのかを解説していきたいと思います。

よろしければご覧ください。

アルデバランの正体スバル・スバルの父という考察とは?死に戻りの能力も所持してる?【リゼロ】【リゼロ】アルデバランの正体スバル・スバルの父という考察とは!?死に戻りの能力も所持してる!? 『Re:ゼロから始める異世界生活』は、...
サテラの正体がエミリア(同一人物)でほぼ間違いない理由が判明?【リゼロ考察】サテラの正体がエミリア(同一人物)でほぼ間違いない理由が判明?【リゼロ考察】 累計発行部数700万部を超える大人気ライトノベル「Re:...
レムの記憶が戻る方法をライ・ルイ・ロイ(暴食大罪司教)の関係から考察!【リゼロ】レムの記憶が戻る方法をライ・ルイ・ロイ(暴食大罪司教)の関係から考察!【リゼロ】 暴食大罪司教でもあり【リゼロ】内のキャラで一番許せな...

【リゼロ】大罪司教傲慢の魔女とは!?強さは!?

 

リゼロに出てくる魔女教の大罪司教たち。

彼らは、嫉妬の魔女サテラを崇拝する教信者たちです。

その中で空席になっている傲慢の魔女について見ていきましょう。

 

傲慢の魔女に関する情報が少ないのですが、魔女の危険度と強さをランキング化したものがあります。

傲慢の強さはトップ3に入るため、かなり強い魔女のようです。

危険度に関しては、中間ぐらいに位置するため微妙なところです。

危険度も強さもトップの嫉妬の魔女とは、絶対遭遇したくはありませんね。

大罪司教の選出条件は「魔女因子に適合するかどうか」というところが要因のようです。

そして、なぜか大罪司教の名前は地球の星の名前から付けられています。

これは偶然なのでしょうか?

作者曰く、リゼロに登場するキャラたちは、それぞれなんらかの設定が組み込まれており、捨てキャラが存在しません。

しかし、大罪司教だけは何もない単なるろくでなしとして創作されたと語られています。




【リゼロ】スバルが空席の傲慢の大罪司教!?理由を考察!

スバルが傲慢担当の大罪司教だと言われています。

ここでは、スバルがなぜ傲慢の大罪司教と噂されてるかを見ていきましょう。

 

スバルから魔女の臭い

スバルからは魔女の臭いがすると、物語の冒頭から言われてきました。

スバルが持つ「死に戻り」の能力を発動すると、『セーブポイントまで死に戻ると魔女の臭いがする』と言われています。

2章ではこの魔女の臭いによって、ロズワール邸でのメイド「レム」に怪しまれ2度も殺されてしまいます。

そして3章では、魔女教の信者たちに囲まれてしまうシーンがあります。

その時にスバルは、危害を加えられず道を開けてもらうことができたのです。

これにはスバルの身体からする魔女の臭いが、魔女教たちの警戒心を薄めたのではないでしょうか?

更にそこで対面した「怠惰の大罪司教であるペテルギウス」に、スバルからする魔女の臭いから「傲慢」担当なのではいかと思われていました。

ただし、ペテルギウスが持っていた「魔女の福音書」にはスバルが傲慢担当とは書かれていません。

そして大罪司教になるためには、福音書を持っていないといけません。

スバルはペテルギウスから奪った福音書を持っています。

この福音書が傲慢の大罪司教になるための伏線になるのかもしれません。

 

傲慢の大罪司教の権能が死に戻りである

スバルの意思とは関係なく発動する「死に戻り」。

実はこの「死に戻り」が、傲慢の大罪司教が持つ権能なのではないかと言われています。

スバルがなぜ死に戻りを使えるようになったかは、原作でも明かされていません。

しかし、発動するきっかけになったのは、異世界に召喚されたときなのは間違いないでしょう。

もし「死に戻り」が魔女の傲慢の持つ権能であるならば、使用後に魔女の臭いが強くなるのも納得できます。

 

傲慢の権能は広範囲の魔女因子への対応!?

スバルは殺した大罪司教の権能を、複数保持しています。

1つ目が怠惰の『見えざる手」、もう1つが強欲の「獅子の心臓」です。

普通は自分が担当している魔女因子にのみ敵どうした存在が、大罪司教として権能を発動できます。

しかし、スバルの場合は関係のない能力が使えてしまいます。

大罪司教になるには、担当する魔女因子に適合しなければならず、適合してようやく魔女の権能が使用できるのです。

つまりスバルは、大罪司教を倒すことで、どんな権能でも引き継ぐことができる特異体質と言えます。

さきほど、傲慢の権能が「死に戻り」と言いました。

ですが、実は『広範囲の魔女因子への対応』こそが本当の傲慢の権能ではないかと考えられます。

傲慢という担当に相応しい権能だと思いませんか?




【リゼロ】スバルが闇落ち!?傲慢の担当はスバルで確定!?

原作ではスバルが違った道を選択していく、本編とは違うIFルートがあります。

それが『ゼロカラアヤマツイセカイセイカツ』です。

ここでは、IFルートでスバルがどうなったのかを見ていきます。

 

IFルートではエミリアへの歪んだ愛からスバルが闇落ちしていくストーリーになります。

この物語の最後で、スバルは自分の口からエミリアに対して「傲慢の大罪司教」と打ち明けるシーンがありました。

これは外伝ストーリーですが、スバルが傲慢担当である可能性が示唆されているのです。

本当にIFストーリーなのか、それとも本当になるかはまだ分かっていません。




まとめ

今回は、スバルが傲慢の大罪司教なのかについて解説してきました。

現在、大罪司教の傲慢が空席状態です。

その傲慢の大罪司教の条件が、スバルに非常に当てはまります。

しかし、原作でもまだ判明はされていません。

伏線と思える話もたくさんあるので、今後を楽しみに待ちましょう。

 

 

 

エミリア陣営
ナツキ・スバル エミリア レム
ラム ロスワール・L・メイザース ベアトリス
オットー・スーウェン ガーフィール・ティンゼル リューズ・オメガ
七大魔女
嫉妬の魔女・サテラ 強欲の魔女・エキドナ 憤怒の魔女・ミネルヴァ
怠惰の魔女・セクメト 暴食の魔女・ダフネ 傲慢の魔女・テュフォン
色欲の魔女・カーミラ 虚飾の魔女・パンドラ 憂鬱の魔人・ヘクトール
大罪司教
ペテルギウス・ロマネコンティ レグルス・コルニアス シリウス・ロマネコンティ
カペラ・エメラダ・ルグニカ ライ・バテンカイトス ロイ・アルファルド
ルイ・アルネブ
三英傑
『初代剣聖』レイド・アストレア 『竜神』ボルカニカ 『大賢人』フリューゲル
王戦候補者
フェルト プリシラ・バーリエル クルシュ・カルステン
アナスタシア・ホーシン
騎士
ラインハルト・ヴァン・アストレア アルデバラン フェリックス・アーガイル(フェリス)
ユリウス・ユークリウス

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です