アニメ

トウリのおかげでミナミは統一される?ログ・ホライズン~円卓崩壊~12話の感想・ネタバレ

Pocket

ある日突然、ゲームのような世界に連れてこられたシロエたち。

『ログ・ホライズン』は、シロエたちが大地人や冒険者と協力しながら、帰還を目指す物語です。

 

今後のミナミはプラントフロウデンを瓦解させ、トウリの元に1本化させるのではないでしょうか。

 

前回までの記事はこちら!

・現実世界に帰還している人が存在した?ログ・ホライズン~円卓崩壊~3期 1話の感想・ネタバレ

・斎宮家の目的(狙い)はマイハマやイースタル?ログ・ホライズン~円卓崩壊~2話の感想・ネタバレ

・月へのカギはクラスティに聞け!?アニメ ログ・ホライズン~円卓崩壊~3話の感想・ネタバレ

・【ログ・ホライズン~円卓崩壊~】アニメ4話ネタバレ・感想!シロエの権謀術数が炸裂!

・シロエがアインスにカードを渡した理由は?ログ・ホライズン~円卓崩壊~5話の感想・ネタバレ

・葉蓮仙女(ようれんせんにょ)の正体は典災?ログ・ホライズン~円卓崩壊~6話のネタバレ・感想

・エリアスは大災害の時の行動は何をしていた?ログ・ホライズン~円卓崩壊~7話の感想・ネタバレ

・アキバを目指す典災の正体は失望の典災・エレイヌス?ログ・ホライズン~円卓崩壊~8話の感想・ネタバレ

・てとらは壬生狼に所属していてミナミと関係がある?ログ・ホライズン~円卓崩壊~9話の感想・ネタバレ

・エレイヌスが冒険者だけを狙った理由とは?ログ・ホライズン~円卓崩壊~10話の感想・ネタバレ

・エレイヌスの弱点は胸!?アニメ ログ・ホライズン~円卓崩壊~11話の感想・ネタバレ

 

アニメ ログ・ホライズン12話の感想

 

あ~とうとうログ・ホライズン終わっちゃいましたね。

12話なんて早すぎです。

もっと見たい!!

クラスティは戻ってないし、ミナミがどうなるのかも気になります。

橙乃ままれ先生、早く原作の続きをお願いします。

原作が進まないと、アニメも進みませんよ~

 

モフール姉妹が、ログ・ホライズンに加入したわけとは?

 

レイドが終わりみんなで楽しく騒いでいると、モフール姉妹がてとらにログ・ホライズンに加入することを打ち明けました。

一見するとメンバーが増え、賑やかなギルドになるな~という感じですが、そこに作者の意図が透けて見える気がします。

そこでモフール姉妹がログ・ホライズンに加入したについて理由について、考えてみたいと思います。

ここからはネタバレを含みますので、閲覧にはご注意ください。

 

 

モフール姉妹は最古の古来種、しかもイズモ騎士団の創設者。

そして彼女たちは、エルダーテイルができた当初からいるキャラクター。

セルデシアの重大な秘密を知っている可能性があるのです。

もしかしたら封禅の儀と同様に、月と繋がらる施設を知っているかも・・・

日本には「かぐや姫」という月と繋がる物語もあるので、そんな施設があってもおかしくありません。

 

モフール姉妹は冒険者を救うヒロインとなるのか、それともポンコツのまま終わってしまうのか?

今後の彼女たちに期待です。

 

気になるミナミの今と今後とは!?

 

エレイヌスを撃退した年少組。

ですがシロエには、まだやらなければいけないことが・・・

それはミナミとの関係改善。

今はどんな状況なのでしょうか?

そこでミナミの現状と今後について、取り上げていきたいと思います。

 

タリクタンの襲来を機に、表舞台に立ち始めた濡羽。

典災の襲来を前に争っている場合ではないと、イースタルとの融和を呼びかけます。

それに猛反発するインティクス。

彼女は濡羽に次ぐ、プラントフロウデンのNo.2。

その2人が対立し、ミナミは2つに分断されているのです。

 

大勢が濡羽有利に傾き、このままアキバと融和していくかに思われました。

しかしインティクスは、状況をひっくり返す最強のカードを切ります。

何と濡羽がナカスを侵略した事実を明らかにしたのです。

 

大災害直後、元老院の西ヤマト支配の野望に濡羽が協力しました。

ナカスの住民を強制移住させたのです。

その時ミズファは、ナカスに残りたいという冒険者の住居に火を放ちました。

ウーデル公爵の命を受けて・・・

他にも多くの罪を暴かれ狼狽する濡羽。

そこへ親善大使として訪れていたシロエが入ってきます。

憧れの人の前で罪を告発された濡羽は逃げ出しました。

こうしてインティクスの告発は事実となったのです。

 

Web小説では、ここまでしか描かれていません。

このままインティクスが支配するのでしょうか?

では、今後のミナミについて考えてみたいと思います。

 

まず、インティクスがこのまま支配することはないでしょう。

彼女の暴挙を止めるために、シロエはやって来たのですから・・・

ここでキーとなるのはトウリ。

 

アキバでは失敗に終わったものの、彼の持つ名の力は強大です。

しかも彼の元には、この世に3枚しかないカードを持つアインスがいます。

アインスが持っているのは、「供贄の黄金」を扱うことのできるカード。

このカードがあれば、プラントフロウデンがもつ大神殿を、ヤマトに返すことが可能です。

そうなれば大神殿を押さえられているために、所属させられた冒険者たちは、自由になることができます。

大地人は斎宮家に従うでしょうし、自由になった冒険者で残る人は少ないはず。

こうなればプラントフロウデンは、その体制を維持できないでしょう。

 

今後のミナミはプラントフロウデンを瓦解させ、トウリの元に1本化させるのではないでしょうか。

 

アニメ ログ・ホライズン11話のあらすじ

 

エレイヌスがいるギルド会館へやって来た年少組。

そこには17人のメンバーがおり、全員で24人になりました。

フルレイドの人数にピッタリです。

 

そして状況を説明するミノリ。

レイド経験のないプレイヤーばかりで、みんな不安そうです。

無理強いすることもできず、ミノリは途方にくれます。

 

そんな時、トウヤが「やろうよ、レイド」と声を掛けました。

「負けるかも」と言われても、「待ってればどうにかなるには勝てるじゃん」と返します。

そう、メンバーの多くは、ハーメルンに捕らわれていたのです。

あの時は、ただ待っていただけでした。

何も分からず、ただ逃げただけでした。

だから今度は自分たちで、前に進むためにドアを開けることにしたのです。

 

最上階には、典災エレイヌスがいました。

まずはトウヤが引き付け、ミノリの指示で攻撃を仕掛けるレイドチーム。

するとエレイヌスは妙な攻撃を仕掛けてきました。

大切な人との思い出が砕かれ、みんなその場に崩れ落ちます。

 

トウヤが単独で立ち向かいますが、敵うはずもありません。

ミノリが支援するも、吹き飛ばされました。

 

またも紫の光が2人を襲います。

ミノリは武器を落とし、トウヤは立てなくなりました。

そこへエレイヌスの連続攻撃。

全てのHPを失うトウヤ。

ミノリに迫るエレイヌス。

そこへアカツキのアサシネイトが炸裂。

ここからレイドチームの反撃が始まります。

 

アニメ ログホライズン12話のネタバレ

 

シャドウラークを使って、1人エレイヌスに立ち向かうアカツキ。

シロエとの思い出が砕けても、なお攻撃の手を緩めることはありません。

同じくシロエに恋心を抱くミノリは、アカツキの強さを羨ましく思います。

 

それでも1人でエレイヌスに対抗するのは無理がありました。

攻撃を受けて吹き飛ばされるアカツキ。

そこへ新たな攻撃が・・・

躱せないと思ったその時、レリアがその攻撃を受け止めました。

その目には怒りがたぎっています。

冒険者にレベルを追い越され、苦しい思いをしたレリアとリトカ。

位階さえあればというエレイヌスの考えに、激怒しているのです。

そして冒険者を守るために、あえて攻撃を躱さず受けています。

弱き者の盾となるために・・・

 

レリアたちが引き付けてくれたおかげで、戦線を立て直すことに成功。

回復職が多かった事が功を奏しました。

その時、五十鈴はエレイヌスの声から、中にもう1体いることに気付きます。

レリアが胸を蹴ると、「憧れの典災 エレイヌス」の表示が現れました。

 

ミノリはこの憧れの典災こそが、この事件の核だと気づきます。

エレイヌスを倒すべく、略式全力管制戦闘を発動。

次々と戦闘の指示を出します。

相手の体勢が崩れ、ここぞとばかりに攻撃を繰り出すレイドチーム。

ミノリも自身最強の奥義、「神降ろしの儀」を使って追い詰めます。

最後はアカツキのアサシネイトで、エレイヌスの息の根を止めたのです。

 

エレイヌスを倒し、アキバは元の街に戻りました。

レイドの労をねぎらうため、ニャン太はご馳走を振舞います。

ミノリは、シロエにレイド報告をしにやって来ました。

そこで反省を口にするミノリ。

「仲間が良い指揮だったと褒めてくれるなら、それを信じないと」そうシロエは伝えました。

 

「どんな願いだって叶えられる」そう言ったシロエの言葉に背中を押され、ミノリは胸の内を告白します。

「シロエさんが好きです」と。

その言葉に戸惑い沈黙するシロエ。

少し考えた後、好きな娘がいると素直に伝えました。

それを受け止めるミノリ。

シロエに気を使わせまいと大丈夫なふりをして、その場を去っていきました。

 

ミノリが一人で街を歩いていると、トウヤたちが馬車を引いて現れます。

馬車に投げ込まれたミノリ。

ミノリの目から、堪えていた涙が溢れてきました。

セララと五十鈴が、同じく号泣しながら慰めます。

涙が止まり落ち着いた3人は、お互いの絆を確認するのでした。

 

まとめ

 

ここまでミナミの今と今後を中心に取り上げてきましたが、いかがだったでしょうか?

ここまでをまとめると、

・モフール姉妹がログ・ホライズンに加入したのは、独自の情報を持っている可能性があるから。

・ミナミは内部分裂を起こしている。今後のカギはトウリが握っている。

 

ミノリはレイドリーダーとして第1歩を踏み出しましたね。

シロエの弟子が、どれだけ成長するか楽しみです。

恋の方はアカツキに敗れてしまいましたが、この経験を糧にもっと素敵な女性になることでしょう!

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

 

前回までの記事はこちら!

・現実世界に帰還している人が存在した?ログ・ホライズン~円卓崩壊~3期 1話の感想・ネタバレ

・斎宮家の目的(狙い)はマイハマやイースタル?ログ・ホライズン~円卓崩壊~2話の感想・ネタバレ

・月へのカギはクラスティに聞け!?アニメ ログ・ホライズン~円卓崩壊~3話の感想・ネタバレ

・【ログ・ホライズン~円卓崩壊~】アニメ4話ネタバレ・感想!シロエの権謀術数が炸裂!

・シロエがアインスにカードを渡した理由は?ログ・ホライズン~円卓崩壊~5話の感想・ネタバレ

・葉蓮仙女(ようれんせんにょ)の正体は典災?ログ・ホライズン~円卓崩壊~6話のネタバレ・感想

・エリアスは大災害の時の行動は何をしていた?ログ・ホライズン~円卓崩壊~7話の感想・ネタバレ

・アキバを目指す典災の正体は失望の典災・エレイヌス?ログ・ホライズン~円卓崩壊~8話の感想・ネタバレ

・てとらは壬生狼に所属していてミナミと関係がある?ログ・ホライズン~円卓崩壊~9話の感想・ネタバレ

・エレイヌスが冒険者だけを狙った理由とは?ログ・ホライズン~円卓崩壊~10話の感想・ネタバレ

・エレイヌスの弱点は胸!?アニメ ログ・ホライズン~円卓崩壊~11話の感想・ネタバレ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です