アニメ

リーファのグロシーンがリアルでトラウマもの!? SAO WoU 第17話 感想・ネタバレ

Pocket

リーファのグロシーンがリアルでトラウマもの!? SAO WoU 第17話 感想・ネタバレ

2020年8月8日の深夜から『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』第17話 「悪魔の子」が放送されましたね!

今回は映画で出てきたエイジとユナがPoH(プー)からアスナたちを守ってくれた回でしたね!

そんな『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』第17話 「悪魔の子」の感想・ネタバレについてお話ししていこうと思います。

宜しければご覧ください。

SAO WoU 第17話 感想

第17話 「悪魔の子」

エイジとユナが助太刀

 

始まってすぐに熱すぎる演出ですね!

映画見た人ならエイジとユナが助けてくれるなんて激アツすぎるでしょ!

戦闘シーンもめっちゃカッコイイし、赤の軍勢にユナのことを知ってる人がたくさんいるのもなんかエモいですよね。

原作ならアスナがユウキから受け取った”マザーズロザリオ”でPoH(プー)と戦うのですが、そちらも観たかったですね。

映画を見てない人もエイジとユナの登場は熱くなれたのか、気になりますが、個人的には声が出るほど喜んじゃいましたね!

個人的には今回のアニメオリジナル展開はめちゃくちゃ満足してますね!

原作ファンからするとどうなのかは、わからないですけど。

リーファやシノンのグロシーン

 

今回の17話ですが、なぜかいつもよりグロシーンが多かったような気がします。

しかも、やけにリアルだったのがトラウマになりそうなレベルでしたよね。

リーファの目に槍が刺さるシーンとか目をそらしちゃいました!

頑張ってるリーファに対して、過剰なグロシーンだったような気もしますね。

個人的に、あまりグロシーンは得意ではないので、シノンの足が飛ぶシーンや、エイジの腕が飛ぶシーンもやけにリアルで見ていてしんどかったですね。

可愛い女の子のキャラの足や目をエグったりするのは見ていてかわいそうになりますよね。

次回からも今回と同じくらいのグロシーンがあると思うと少し残念な感じはあります。

グロシーンがリアルなのは評価するべきポイントなのかもしれないですけどね。




キリト、復活の兆し

 

比嘉さんがやっとキリトの記憶を復元を初めましたね!

そして、青薔薇の剣が光ってユージオの声!?

キリトも復活しそうで、さらにユージオまで復活するフラグですか!

復活しなくともユージオの声だけでも嬉しさMAXですよね!

ようやくキリトの復活って感じが出ていてテンションが上がりますよね。

キリトが喋れない状態になって、何回ぶりくらいにまともな声が聞けたんでしょうかね。

復活したら「めちゃくちゃ無双して欲しい」という気持ちでいっぱいです!

 

今回は熱い展開が多くて、観ていて飽きない回になっていましたね!

個人的にはユージオの声が聞けたことが一番嬉しかったです!

次回の18話も熱い展開が続くことを期待して、楽しみに待ちましょう!




SAO WoU 前回(16話)のあらすじ

比嘉さんに銃を向けた柳生の正体は須郷信幸の部下で、須郷が捕まったときに片方に罪をなすりつけ、逃げ切ったもう片方の須郷の部下でした。

動くなと言われていたがパソコンを落としてしまったことに焦った柳生は発砲し、比嘉さんは打たれてしましました。

場面は変わり、ベクタが復活しますが、その正体がガンゲイルオンラインで戦ったサトライザーだったということにシノンは気づき、臨戦状態になります。

シューネが中国や韓国のプレイヤーたちにPoH(プー)によって騙されていることを説明し、一度は理解を得ますが、PoH(プー)がもう一度、中国や韓国のプレイヤーたちを騙します。

赤い軍勢に押し寄せられ、死を覚悟していたイスカーンとシェータでしたが、そこにリーファとオーク軍が助けに来ました。

現実世界では、キリトがアドミニストレータを殺したことに怒った柳生が、このままキリトの記憶を戻せなくして殺そうとしました。

場面は変わり、次々と人間界の陣営がやられていき、アスナまでもがやられてしましそうになります。

それを、PoH(プー)が辞めさせるように言い、投降を促す。

アスナが攻略組がラフィンコフィンを壊滅させた復讐なのかと聞くが、あれは攻略組に人殺しをさせるために自分たちの居場所をリークしたと言いました。

そして、PoH(プー)は動けないキリトを殺そうとします。




SAO WoU 第17話 ネタバレ

第17話 「悪魔の子」

エイジとユナが登場

 

旧SAOサーバーが開いとことにユイが驚きます。

キリトの記憶がないことにPoH(プー)が面白がり、青薔薇の剣を奪い取ったり、キリトの顔を叩いたりします。

それに怒ったクラインが「テメェだけは許さねぇ」と叫びますが赤の軍勢に抑えられてしまい、PoH(プー)はキリトを殺そうとします。

そこで、キリトを守るべく旧SAOサーバーから来たエイジが助けに来ます

助けに来たエイジとPoH(プー)が戦いますがエイジがやられてしまいます。

血盟騎士団・ノーチラス

やられてしまったエイジが赤の軍勢に殺されそうになりますが、そこへユナが助けます。

そして、ユナの歌声で力が増したエイジはもう一度PoH(プー)と戦い圧倒します。

ユナの歌声で赤の軍勢の洗脳も解け、有利な状況になります。

PoH(プー)はエイジに対して「何者だ!?」と問います

それに対してエイジは「僕は血盟騎士団のノーチラスだ!」と血盟騎士団の格好になります。

続けて「アインクラッドでプレイヤーを、仲間を殺しまくったお前だけは絶対に許さない!」とPoH(プー)を追い詰め、斬りかかります。




PoH(プー)の過去

 

しかし、ノーチラスよりPoH(プー)の方が一枚上手だったようで、PoH(プー)は擦り傷だけで、ノーチラスは両腕を切り落とされて、やられてしまいます。

場面は変わり、PoH(プー)過去の話となります。

PoH(プー)は隠し子として生まれ、本妻との子供の腎臓が悪く、PoH(プー)の母親に生活費をあげる代わりに腎臓を差し出すように父親に言われます。

そして、手術後、本妻との子供と父親が日本人であったことから、日本人に対して復讐心が芽生え、日本人が大量に囚われたSAOの中で日本人を大量に殺すことを計画し裏ルートから入手したナーブギアでSAOサーバーに潜りました。

場面はアンダーワールドに戻り、エイジがやられてしまい、ユナと共に消えていきました。

シノンvsサトライザー

 

シノンとサトライザーは銃の撃ち合いで戦っていて、サトライザーが優勢でした。

シノンの弾数よりサトライザーの弾数の方が多く両足を飛ばされてしまい、絶体絶命のシノン。

そして、胸を貫かれそうになったシノンを助けたのは以前もシノンをたくけてくれたネックレスでした。

もう一度、戦意を取り戻したシノンは最大の火力でサトライザーにぶつけますが、サトライザーは倒れませんでした

シノンは死を覚悟しましたがなぜかサトライザーは撤退していき、命拾いをした。




リーファの意思

赤の軍勢の数に押されて、劣勢の状態のリーファですが無限回復能力でどれだけの傷を受けても回復するという能力のせいで、無限の痛みに耐えなければならない

しかし「お兄ちゃんなら絶対こんな傷くらいで倒れたりしない。なら私も倒れない、これくらいの敵、一人で斬り伏せて見せる。だって私はお兄ちゃんの・・・黒の剣士キリトの妹なんだから!!」

と言い戦いに戻ります。

何度も傷ついても戦い続けるリーファ。

キリト復活の兆し

 

場面は変わり、凜子先輩が比嘉くんを助けにきて、危機一髪を乗り切り、柳生を倒しました。

そして、比嘉くんはキリトの記憶を戻すために、アスナ、シノン、リーファの記憶からキリトの記憶を戻しました

その頃、アンダーワールドでは青薔薇の剣が光り、キリトの中でユージオの声が聞こえます




まとめ

2020年8月8日の深夜から放送された『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』第17話「悪魔の子」はいかがだったでしょうか!

今回のリーファの目が貫かれたシーンは本当にトラウマものですよね・・・

自分が子供の時にこのグロシーンを見ていたら間違いなくアニメを見れなくなっていたと思いますね。

次回はキリトが復活しそうなので楽しみですね!

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です