SHAMAN KING

阿弥陀丸と春雨の関係とは?SHAMAN KING 4話の感想・ネタバレ

Pocket

2021年4月22日に『SHAMAN KING』第4話が放送されました!

今回はついに、蜥蜴郎の登場回ですね

阿弥陀丸に復讐するべく現れた悪霊ですが、果たしてどんな因縁があるのでしょうか!?

この蜥蜴郎の登場は、シャーマンキングの物語にとってどんな意味があるのでしょう。

そんな『SHAMAN KING』第4話の感想・ネタバレについてお話していこうと思います。

宜しければご覧ください。

 

【SHAMAN KING】

をみたい方はこちら!

↓↓↓

 

 

 SHAMAN KING 4話の感想

阿弥陀丸の生前の因縁?復讐の刃を向ける蜥蜴郎!!

今回はついに、後々 木刀の竜の持ち霊となる蜥蜴郎の登場回です!

盗賊としてその生涯を過ごし、かつて阿弥陀丸に討たれた悪党。

阿弥陀丸に復讐を果たすべく、なんと木刀の竜に取り憑いて、まん太を人質に葉くんらの元へとやってきたのでした。

蜥蜴郎の目的は、葉くんに憑依した阿弥陀丸を、葉くんごと斬り殺すことでした。

対して、阿弥陀丸と葉くんも、まん太を助けるべく憑依合体をします。

果たして、二人は蜥蜴郎から無事にまん太を救い出せるのでしょうか!?

春雨を前に動揺する阿弥陀丸!守るべきものは何か!!

蜥蜴郎は、阿弥陀丸に復讐するために、なんと阿弥陀丸の刀である春雨を盗み出していました。

その事を知った直前、動揺した瞬間の蜥蜴郎の一太刀を阿弥陀丸はすんでのところで躱します。

蜥蜴郎は阿弥陀丸にとって大事な刀の春雨であれば、阿弥陀丸は刀を折ることはできないと踏んでいたのです。

蜥蜴郎を倒すには、まん太、木刀の竜、春雨のどれかを犠牲にしなければなりませんでした。

しかし、阿弥陀丸に迷いはありませんでした。

なんと阿弥陀丸は、親友との大切な刀である春雨を、その刀身を叩き折ります。

阿弥陀丸にとって春雨とは、仲間を守るための刀です

だからこそ、他のみんなを守るために春雨を折るという選択をします。

阿弥陀丸は見事、蜥蜴郎を戦闘不能に追い込むのでした。

どんな魂も救う。これが葉くんが目指すシャーマンの姿だ!!

阿弥陀丸が春雨を折り、さらにアンナの咄嗟の機転によって木刀の竜の身体を取り押さえると、そのまま蜥蜴郎を地獄へ送ろうとします。

しかし葉くんはアンナを制止すると、蜥蜴郎のことも救おうと言い出します

アンナや阿弥陀丸が止めますが、葉くんは構わず蜥蜴郎を自身の体に憑依させてしまいます。

完全に葉くんの体を乗っ取ってしまった蜥蜴郎を見て、あのアンナさんですら泣き出してしまうのでした。

誰もがこの状況に絶望します。

しかし蜥蜴郎はなぜか、葉くんの身体に傷をつけませんでした。

蜥蜴郎は、身体を開け渡した葉くんの行動が理解できず、思いがけず涙を零します。

蜥蜴郎は、魂を受け入れられたことで、初めて母親以外から人の温もりを感じたのです

そうしてついに、誰の魂も見捨てないまま、事態は収束したのでした。

SHAMAN KING(3話)のあらすじ

道蓮との決死の戦いを終えた葉の元に、許婚の恐山アンナが訪れます。

アンナは葉をシャーマンキングにするべく、来たるシャーマンファイトに向けて、猛特訓を始めるのでした。

そんなある日、葉の元に新たな刺客、道蓮の姉の道潤が現れます。

葉は再び阿弥陀丸と共に戦いに挑むのでした。

SHAMAN KING 4話のネタバレ

ベストプレイスを追われた木刀の竜は、行き着いたボウリング場で蜥蜴郎と名乗る盗賊の霊に体を乗っ取られます。

蜥蜴郎は小山田まん太を人質に、阿弥陀丸に復讐すべく葉たちの元へ訪れます。

阿弥陀丸の覚悟とアンナの機転によって蜥蜴郎は為す術もなく取り押さえられますが、葉は蜥蜴郎の魂を救うべく自身の身体に彼を憑依させます。

自身の魂が受け入れられたことで、人の温かさを知った蜥蜴郎の魂は救われて、一件落着となるのでした。

まとめ

今回は蜥蜴郎の登場回でしたが、特に葉くんの本当の強さが見られる回でもありました!!

孤独に苦しむ蜥蜴郎の魂さえも受け入れて救おうとする、葉くんの目指す誰もが楽な世界にとって大事な思いが垣間見える回なんですよね。

最後には誰も傷つかない、そんな所を目指して葉くんも、そしてシャーマンキングという物語もそのゴールに向かっていくのが、作品の一つの魅力だと思います。

さて、次回は新しい力を身につけた蓮くんが再び現れるようです!

一体どんな力なのでしょうか!?来週も見逃せません!!

 

 

【SHAMAN KING】

をみたい方はこちら!

↓↓↓

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です