SHAMAN KING

新たな力「オーバーソウル」とは?SHAMAN KING 5話の感想・ネタバレ

Pocket

2021年4月29日に『SHAMAN KING』第5話が放送されました!

今回はついにシャーマンキングお馴染みの新たな領域、オーバーソウルという能力が登場します!!

この後の戦いのほとんどで活躍するオーバーソウルとは、果たして一体どのような能力なのでしょうか?

麻倉葉は果たしてオーバーソウルを極めることができるのでしょうか?

そんな『SHAMAN KING』第5話の感想・ネタバレについてお話していこうと思います。

宜しければご覧ください。

 

【SHAMAN KING】

をみたい方はこちら!

↓↓↓

 

 

SHAMAN KING 5話の感想

シャーマンファイトを取り仕切るパッチ族?シルバ登場!!

シャーマンファイトの開催を間近に控えたある日、葉の前に謎の男、シルバが現れます

パッチ族とは、代々シャーマンファイトを仕切り続けてきた一族のことです。

シルバは麻倉葉がシャーマンファイトに出場する資格があるかどうかを見定めるために現れたのでした。

葉は自身の実力を見せるために、シルバとの戦いに挑みます。

果たして、シャーマンファイトに出場する資格とはいったいどんなものなのか…

それが、シャーマンとしての素質を示す技「オーバーソウル」を扱えることでした。

霊が実体を持つ力!?新たな力「オーバーソウル」とは!?

いつも通り阿弥陀丸と憑依合体をし、真剣の春雨を抜いてシルバに攻撃を仕掛けます。

しかしシルバの持ち霊は、なんと阿弥陀丸の春雨の一撃を防ぐのでした。

シルバとの戦いで、葉くんは一撃でも攻撃が届かなければシャーマンファイトへの出場権を得ることができません。

本来なら幽霊や魂の存在は物体に干渉することはできないはずなのに、シルバはそれを防いで見せたのです

それがオーバーソウルという力によるものだと言います。

果たして、霊が実体を持つオーバーソウルとはどんな力なのでしょうか?

憑依合体の応用!?憑依合体 in 春雨ッ!!

葉くんは戦いの中で、シルバの持ち霊がそれぞれの霊にとって縁のあるアイテム(触媒)に宿っていることを見破ります。

そこで葉くんは、自分に阿弥陀丸を憑依させるように、春雨に阿弥陀丸を憑依させることを思いつきます

オーバーソウルとは、その霊に縁のあるものを媒介とし、シャーマン自身の力である巫力によって実体を持たせる力のことだったのです。

自力でオーバーソウルの答えにたどり着いた葉くん。

このタイミングで前作OP曲の「over soul」が挿入歌として流れてくるとは…、なんて胸熱な演出!!

オーバーソウルによる巫力の纏った斬撃によって、ついにシルバに一撃を届かせることに成功します。

晴れて葉くんは、シャーマンファイトに出場する資格を認められるのでした。

SHAMAN KING(4話)のあらすじ

木刀の龍に取り憑いた蜥蜴郎は、阿弥陀丸に復讐するために春雨を盗み、まん太を人質に葉たちの元へとやってきます。

葉に憑依した阿弥陀丸は、まん太を助けるために大切な刀である春雨を叩き折るのでした。

すぐさま蜥蜴郎を地獄へ落とそうとするアンナを制止、葉は蜥蜴郎の魂も救おうと、自身の体を蜥蜴郎に明け渡します。

蜥蜴郎は葉に取り憑きますが、同時に葉の優しさに触れたことで、復讐を諦めるのでした。

 SHAMAN KING 5話のネタバレ

東京で開催されるシャーマンファイトに出場に、資格があるかを見極めるために、葉の元にパッチ族のシルバが現れます。

葉は阿弥陀丸と憑依合体をして応戦しますが、シルバのオーバーソウルの前に為す術がありません。

戦いの中でヒントを得た葉は、阿弥陀丸を春雨に憑依させます。

オーバーソウルを成功させた葉は、シルバに一撃を入れ、見事シャーマンファイトの参加資格を認められるのでした。

 まとめ

シルバにシャーマンファイトへの参加を認められて、ついにシャーマンファイトが本格的に始まろうとしています!!

これまでも手強い相手や様々なピンチがありましたが、今後さらに白熱した展開が待っていそうですね!

さて、そんな中で気になるのは、霊が見えるようになった木刀の龍や、怪しい雰囲気の道蓮の二人ですね。

それぞれに今後新しい展開が待っていそうな伏線を感じます!

シャーマンキングはまだまだこれから、来週もまた楽しみですね!!

 

 

【SHAMAN KING】

をみたい方はこちら!

↓↓↓

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です