観光施設

首里城は再建されるの?再建には費用(金額)はいくらかかるの?犯人や原因は何なのか。

Pocket

首里城は再建されるの?再建には費用(金額)はいくらかかるの?犯人や原因は何なのか。

2019年10月31日未明に首里城の正殿などを含む7棟が全焼した事件がありましたね。

皆さんは修学旅行などで沖縄に行き首里城を見た経験があると思うので少しは気になった人も多かったと思います。

そんな思い出の首里城が全焼してしまい、再建するのかどうか気になりますよね?

今回はそのことについてお話ししていこうと思います。

宜しければご覧ください。

首里城について

首里城のプロフィール: かつての琉球王国の中心 | nippon.com

首里城とは、1429年から1879年の450年間に沖縄を統治していた琉球王国で、王国の政治外交文化の中心として栄えていた場所です。

現在の首里城は沖縄県那覇市首里金城町にあり、国営沖縄記念公園の首里城地区として都市公園となっています。

2000年12月に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として日本で11番目の世界遺産として登録されています。

首里城はいつの時代に出来たのか解っていないが、近年の発掘調査で14世紀頃の物と推定される遺構が発見されたので、他の沖縄の城と同じく13•14世紀頃のダスク造営期に建てられたものと言われています。

1945年の第二次世界大戦でのイギリスとアメリカの連合軍日本が戦った沖縄戦により、ほぼ破壊され城壁のほんのわずかが残っている状態になりました。

1980年半ばから再建が始まり、1992年に本土復帰20周年の記念で公営公園として復元されました。

再建されて約25年たった2019年に謎の火災によって全焼しました。

これは豆知識ですが、首里城にはトイレがなく糞箱や小便筒というもので用を足していたらしいです。

働いているときに用を足すのはよくないといったルールがあったらしいです。

 

首里城は再建されるのか

首里城、「再建」急務に 92年の復元後も続いていた「研究」と「人材 ...

現在は設計や基本的な資材となる木材の調達可能性について調査に入っているようです。

全焼してしまった首里城の再建は2022年から始める予定で、完成の予定は2026年となっています。

以前の首里城の再建には1989年から1992年までの3年間ほどで完成しているので今回の再建にも同じくらいはかかるでしょう。

あのクオリティの建物が3,4年で完成するのかと思うと「日本ってすごいんだな」とか思っちゃいますよね。

しかし、再建して欲しいと言う人がいる反面、反対している人もいるのです。

理由は後に詳しく話しますが、未だに出火原因が特定困難と言われていて、反対派の国民の信用がかなり落ちています。

こんな状態で再建しても「二の舞」「対策が取れていない」などの反対派からの厳しい意見が多数寄せられています。

首里城の再建に税金を使うのは無駄だという声もあり、こういう意見が多くあっては再建がされない可能性が0%ではないですね。

対策をしっかりとして再建して欲しいものですね。

 

首里城の再建にはいくらかかるのか

寄付金は城郭内復元へ 首里城再建 沖縄県が方針固める | 沖縄タイムス ...

以前の戦争で破壊された時の再建では73億円という大きなお金をかけて復元されたが、今回の7施設の全焼には、材料費や大工職人の人件費が高くなったため、少なくとも倍はかかると言われているので、約150億円くらいになると思われます。

首里城が燃えたあとに再建の手助けをするため、クラウドファンディングで資金調達を試みたところ、目標金額の1億円を遥かに上回る達成率942%の9億4226万9103円53199人の支援者により達成されました。

このクラウドファンディングを見ると世間が首里城を待っているように思えますね。

反対派の意見もわかりますがやっぱりもう一度首里城を見てみたいのも確かですね!

 

首里城が燃えた理由(原因)とは

首里城が燃えてる…」沖縄のシンボル消失に県民絶句 - 産経ニュース

首里城が燃えた原因は、沖縄県警捜査一課は首里城火災の原因を特定できなかったと発表しました。

約3ヶ月かかった火災の捜査はあっけなく終結しました。

しかし、延長コードが2019年2月から正殿内に取り付けられていたことも関係者への取材でわかったらしく、2019年2月に管理が沖縄県に移っていることから、県の管理不手際の疑いがあると見られています。

これにより、「首里城再建に税金を使うのは無駄だ」などの反対する声が出てきていて再建の中止や延期の可能性もあると思われます。

首里城公園は国の所有のままですが2019年の2月に首里城の有料施設の管理は沖縄県に移っていて、1年も経たないうちに火災が起こったのも反対派が抗議する原因のうちになっています。

それに、県議会経済労働委員会で美ら海財団が支払う年間の保険額を294万円と発表したが、本当は2940万円と一桁違う金額だと訂正しました。

このミスにも「あり得ない金額のミスだ」とかなり怒りを買っているようです。

何か反対派が納得するような対策をとって、首里城の再建が早く行われて欲しいものですね。

 

沖縄の人の感想

 

 

 

まとめ

首里城の再建がいつ頃から開始されるのかについて話しましたが延期される可能性があるので安心はできませんね。

私はいち早く完成した首里城をみたいですが反対派の意見ももっともなので少し傾いちゃいそうになります。

でも、再建してほしい人が大勢いると思うので早く完成するといいですね。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です