アニメ

未来が変わった!東京リベンジャーズ11話の感想・ネタバレ

Pocket

【東京リベンジャーズ】未来が変わった!東京リベンジャーズ11話の感想・ネタバレ

2021年6月20日に皆が待ちに待った『東京リベンジャーズ』の第11話が放送されましたね!

前回の話では、負傷したドラケンを抱えて戦線離脱したタケミチはヒナタとエマの元に合流。

そこへ、キヨマサ達が出現。

タケミチは思わず後ずさりするも、ドラケンが1人で挑もうとします。

怪我人に戦わせようとしたタケミチは情けなく感じ、キヨマサ相手にリベンジを申し込みます。

タケミチはキヨマサに左手を刺されながらも、何度も殴られても、諦めずにしがみ付いて噛みついたり、背後に回って締め上げたりして倒したのです。

しかし、今度は取り巻き達が迫ってきたので、絶体絶命の窮地に立ちます。

そこへヒナタから連絡を受けた千堂達が駆けつけ、取り巻き相手に抗います。

そして救急車のサイレンが聞こえたのです。

そんな『東京リベンジャーズ』の第11話の感想・ネタバレについてお話していこうと思います。

宜しければご覧ください。

 

 

【東京リベンジャーズ】

をみたい方はこちら!

↓↓↓

 

 

東京リベンジャーズ第11話の感想

https://twitter.com/s7diary/status/1406938020524089347

11話の感想で印象深かったのは、未来が変わった事です。

キヨマサとの戦いでの傷が残っていたり、過去で美容師になると言っていた千堂が卵とは言え、美容師になっていたり、ヒナタも存命でした。

この事から…。

タケミチは頑張った

という事です。

諦めずに懸命に頑張った結果、未来が変わる事が出来ました。

これはタケミチが本当に頑張ったから成しえたと言えます。

ドラケンを救った事で、東卍を守り、未来をも変える事に成功したタケミチ。

そしてドラケンや東卍の皆から感謝され、ドラケンを通じてマイキーの初代特攻服を貰いました。

その事から…

タケミチに皆が感謝している

という事です。

副総長を救ったのですから、感謝されるのは当然と言えるでしょう。

それに初代特攻服とか、マイキーにとっては思い出の品と言えます。

それをタケミチに渡すと言う事は、感謝していると言っても過言ではありません。

東京リベンジャーズ第10話のあらすじ

負傷したドラケンを連れてタケミチはヒナタ達と合流するも、実行犯のキヨマサ達が現れます。

後ずさりするタケミチに気づいたドラケンは、自分が戦うから逃げろと促しました。

タケミチは自分を恥じ、キヨマサに対してタイマンの続きをしようと言ったのです。

しかし、彼は最初からその気がなかったのか、ナイフによる突き攻撃を繰り出し、タケミチは左手でガードするも、突き刺さりました。

それからもキヨマサはタケミチを痛めつけたのです。

しかし、タケミチは諦める事無く噛みつき攻撃をしたり、背後に回って首を絞めて落とす事で勝利しました。

そして千堂達が駆けつけ、取り巻き相手に劣勢ながらも戦いました。

そして救急車のサイレンの音が聞こえ、タケミチは勝利を確信したのです。

東京リベンジャーズ第11話のネタバレ

https://twitter.com/RS3DixmLDkF8a0h/status/1406869137016586244

救急車だけじゃなくパトカーのサイレンも鳴っていたので、キヨマサの取り巻き達は撤退。

そしてタケミチ達はドラケンを救急車に乗せます。

その頃、メビウスの面々は一掃したが、半間だけは倒しきれませんでした。

潮時だと感じた半間は関東最凶暴走族連合のバルハラが間もなく誕生し、自分はそこの副総長だと言って去りました。

一方、救急車に搬送されたドラケンだが、かなり危険な状態でした。

ドラケンはタケミチの手を掴みながら、命の恩人だと言いつつ、マイキーの事を託して心肺停止となりました。

そして病院に到着して、手術する事になったのです。

動揺するタケミチ達を尻目に、マイキーはドラケンはこんなところで倒れないと鼓舞します。

そして医者が現れ、一命をとりとめた事を報告し、その報告を聞いた皆は喜びました。

三ツ谷はペーやんにパーちんの事を考えていたのはドラケンだから、後で彼や皆に謝っておけと言い、ペーやんは了承します。

そして8月4日になり、タケミチは何とか乗り切った事を密かに喜んだのです。

同時にマイキーが一人安堵の涙を流していたのを目撃し、気丈に振舞っていたのを感じ取りました。

1週間が経過し、タケミチはドラケンの元に行き、彼からマイキーが着ていた初代特攻服を受け取りました。

そしてドラケンは皆タケミチを認めていると言いつつ、改めて頭を下げてお礼を言います。

続けてマイキーに会うように言われたタケミチは屋上に行くとマイキーがいました。

マイキーは8月3日の件は色々腑に落ちなかったし、内部抗争もドラケンが刺される事も知っていたタケミチの事も気になると言いつつ、お礼を言ったのです。

そしてタケミチはヒナタの家に行き、ヒナタに四葉のクローバーのネックレスを渡し、ナオトに会って握手する事で現代へと戻ります。

現代では歴史が変わったせいか、クビになった筈のバイトを続けていたり、キヨマサにつけられた傷があったり、卵とは言え美容師になった千堂に会ったりしたのです。

そしてナオトから連絡があり、ヒナタが生きている事を知ります。

まとめ

2021年6月20日に『東京リベンジャーズ』の第11話が放送されましたが、未来が変わって良かったと思いました。

今のところは、タケミチが望んでいる未来になっていますね。

この事からも、タケミチは頑張って良かったと思ったのではないでしょうか。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

 

【東京リベンジャーズ】

をみたい方はこちら!

↓↓↓

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です