アニメ

圧倒的強さのマイキー!東京リベンジャーズ 7話の感想・ネタバレ

Pocket

圧倒的強さのマイキー!東京リベンジャーズ7話の感想・ネタバレ

2021年5月23日に皆が待ちに待った『東京リベンジャーズ』の第7話が放送されましたね!

前回の話では、ドラケンは幼少期に頭部に刺青を入れてもらい、喧嘩も強かったのです。

鮫島と言う中学生に命じられてマイキーを呼びに行き、連れて来る事に成功するがマイキーは鮫島達を叩きのめし、マイキーと親しくなりました。

現在に戻ったタケミチはメビウスの元総長の長内に会い、彼から自分達との戦いが切っ掛けで東卍は内紛を起こった事を知ったのです。

タケミチは今一度過去に戻って、マイキー達に辞めるように訴えるが、聞き入れられませんでした。

必死に訴えるタケミチを見たドラケンは少し調べた方がいいのではないかと進言するも、マイキーはいい顔しませんでした。

そんな中、総長時代の長内が現れ、パーちんを倒すと部下達を呼び寄せました。

そんな『東京リベンジャーズ』の第7話の感想・ネタバレについてお話していこうと思います。

宜しければご覧ください。

 

 

【東京リベンジャーズ】

をみたい方はこちら!

↓↓↓

 

 

東京リベンジャーズ第7話の感想

7話の感想で印象深かったのは、マイキーが長内を一撃で倒した事です。

小学生の頃で中学生相手にして倒したり、暴走族を壊滅していましたから、マイキーからしたら余裕かもしれませんが、それでも凄かったです。

他にも…。

パーちんの分と東卍の力を見せるため

と言う理由で打ちのめしたのだと思います。

パーちんの分も込めて長内をぶちのめし、自分達に手を出したらこうなると言うのを示したのでしょう。

パーちんの処遇を巡ってマイキーとドラケンが険悪になります。

そしてタケミチの家に来た際、ばったり会って喧嘩となり、タケミチの私物を壊してしまいます。

この事にタケミチは完全にブチギレしました。

相手が誰なのかは分かっていますが、それでも…。

怒りを抑えきれなかった

という事なのでしょうね。

本来は止めないといけないので、キレるのはよくありません。

しかし、相手が誰だろうと自分の大切な私物を壊されたのですから、勝ち目が無かろうが何だろうが我慢できなかったのだと思います。

東京リベンジャーズ第6話のあらすじ

ドラケンは渋谷の風俗店で育ち、小学生の時の刺青を行い、喧嘩も背丈があったので強かったのです。

しかし、鮫島達に負けて言いなりになっている頃、マイキーを呼ぶように指示され、ドラケンはマイキーと出会い、彼を連れてきます。

そうしたらマイキーは鮫島達を蹴散らし、ドラケンと友人になったのです。

その頃、タケミチは現代に戻り、メビウスの元総長の長内に会うと、彼からメビウスとの戦いが切っ掛けで東卍は内紛を起こした事を知ります。

タケミチは今一度過去に戻り、マイキー達に戦いを辞めるように言ったのです。

マイキーはそれを断り、メビウスに友人を酷い目に遭わされたパーちんはタケミチを殴ります。

それでも食い下がるタケミチを見たドラケンは彼を擁護するが、マイキーは機嫌を損ねます。

そこへ総長時代の長内が現れ、パーちんを倒し、部下達を呼び寄せたのです。

東京リベンジャーズ第7話のネタバレ

タケミチは現代の長内を知っているので、今の長内を見て本当に同じ人物かと思っていました。

そうしたら長内は自分を馬鹿にした目で見たと言う理由で、タケミチを痛めつけたのです。

そして立ち上がったパーちんが戦おうとし、タケミチは辞めさせようとするがペーやんやマイキーに止められます。

パーちんは果敢に挑むが、長内にボコボコにされていき、やがて立ったまま気絶寸前に追いやられたのです。

そしてマイキーがパーちんの元に行き、負けてないと励ますと馬鹿にする長内を一蹴りで潰します。

続けて、パーちんが敗北したと考えてる奴は潰す、自分がいれば東卍は絶対に負けないと言うマイキー。

そうしたら長内が立ち上がって割れている瓶を手にして向かうが、ドラケンが一撃で倒すとメビウスを自分達の配下に加えると宣言したのです。

そんな中、警察が来たので逃げようとするのだが、タケミチは東卍の内紛の切っ掛けの事を考えていました。

そしてパーちんは長内を何時の間にか持っていたナイフで刺し、この場に残る事にしたのです。

タケミチ達は逃げたのだが、長内やパーちんに殴られた影響でタケミチは倒れました。

目を覚ますと病院のベッドにいて、見舞いに来たエマからパーちんの事でマイキーとドラケンが対立している事を知ったのです。

このままではドラケンは命を落とす事になるのだが、タケミチは安静にしないといけないので家で待機する事しか出来ませんでした。

千堂達が駆けつけ、彼らもマイキーとドラケンの事を知っていたが、あの2人なら大丈夫と言います。

そこへドラケンがやって来て、長内は生きていて、パーちんは1年以上刑務所だと聞かされたのです。

マイキーの話になると、不機嫌になって絶縁するし、東卍もここまでだと言って去っていき、タケミチは追っていきます。

そうしたら見舞いに来たマイキーが現れ、一触即発の状態になります。

タケミチは止めようとするがどうしようも出来ず、次第に2人は喧嘩しながらタケミチの私物を壊していったのです。

この傍若無人な2人に対し、タケミチの堪忍袋の緒が切れました。

まとめ

2021年5月23日に『東京リベンジャーズ』の第7話が放送されましたが、マイキーの強さが圧倒的でしたね。

年上相手に一撃でのしてしまったのですから、強いとしか言いようがありません。

パーちんや東卍の想いも乗せているから威力があったのでしょう。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

 

【東京リベンジャーズ】

をみたい方はこちら!

↓↓↓

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です