アニメ

ゆざきつかさ(由崎司)は3年間(結婚までの間)何をしていた?トニカクカワイイ 第1話の感想・ネタバレ・考察

Pocket

ゆざきつかさ(由崎司)の怪我(傷)がすぐ治っていた理由とは?トニカクカワイイ 第1話の感想・ネタバレ・考察

2020年10月2日の深夜からTVアニメ『トニカクカワイイ』第1話「結婚」が放送されましたね!

今回放送された『トニカクカワイイ』は大人気漫画の『ハヤテのごとく!』の作者「畑健二郎」さんの次作となっています。

主人公の由崎星空(ゆざきなさ)とヒロインの由崎司(ゆざきつかさ)がイチャイチャしながらも、様々な謎が散りばめられた、何度も見返してしまうラブコメ作品です!

そんなTVアニメ『トニカクカワイイ』第1話「結婚」の感想・ネタバレについてお話ししていこうと思います。

宜しければご覧ください。

トニカクカワイイ 第1話の感想

畑健二郎さんの作品『トニカクカワイイ』のアニメがついに始まりましたね!

個人的に『ハヤテのごとく!』が好きだったので、とても期待していた作品で放送されて本当に嬉しく思います!

内容ですが1話から題名からわかるように、司ちゃんがとにかく可愛いんですよね!

大体は冷静な感じなんだけど、ふとした時に照れる姿がオタクにはたまらない可愛さの持ち主で、この子が徐々に星空(なさ)の事を好きになって行くのが楽しみですね!

そんな可愛い司ですが、彼女は可愛い部分だけで無く、ミステリアスな部分もありましたね。

1話での気になった謎とは、かぐや姫との類似点、事故に遭っても傷がすぐ治る、告白してから結婚するまでの空白の3年、と言う感じでしょうか!?

これらの謎について調べていこうと思います。




司の正体やかぐや姫との関係は!?

 

 

第1話で星空(なさ)が事故に合い、それを庇ってくれた司が離れようとした時に、星空(なさ)は竹取物語のかぐや姫の事を思い出しましたね。

竹取物語

竹取物語のかぐや姫は月からやってきたお姫様で、そのあまりにも綺麗な美貌のため、様々な人から結婚を申し込まれるようになります。

そんな中、帝からも例外ではなく、一目惚れしたと結婚を申し込まれるが「月の都の人で月に帰らなければならないから結婚できない」と断る事になる。

それを聞いた帝は、自身の軍勢を使い、月の使者からかぐや姫を守ろうとするが、完敗してしまった。

月へ帰る事になったかぐや姫だったが、最後に自分を好いてくれた帝に対して不死の薬を渡し、月へ帰って行ってしまう。

その時にかぐや姫が羽衣を着ることで、この世での出来事の記憶が消えてしまい、月の都の人に戻った。

 

かぐや姫が月へ帰った後に不死の薬をもらった帝は、かぐや姫のいない世界に生きていても意味がないと言い、多くの兵士を連れて山に登り、不死の薬を燃やした。

この話から『月読司(つくよみつかさ)』が『かぐや姫』と似た部分がある事がわかりますね!

 

・『とにかく可愛い』と言う事。

かぐや姫は帝から結婚を申し込まれるほどの美女で、司は星空(なさ)からとにかく可愛いと称されています

 

・どちらの物語も『結婚』にまつわる話という事。

帝は結婚を申し出て、星空(なさ)は司と結婚をしたように、どちらとも結婚が重要な話ですよね!

 

・星空(なさ)と帝はどちらも一目惚れだという事。

帝とは『天下の最高の支配者』という意味で、星空(なさ)は『NASAよりすごい人間になる』と言う夢からすごい知識量で、さらに鍛えてもいるので、かなりの戦力になり『天下の最高の支配者』になり得ると思われます!

 

・『不老不死』というキーワードがある事。

かぐや姫は帝に不死の薬を渡していますが、『トニカクカワイイ』では事故に遭った司だったが次のシーンでは何事もなかったかのような立ち振る舞い

さらには、司は出会ってから3年後に再開した時の容姿が昔と全く変わっていないという事も不老不死を匂わせていますよね!

 

・羽衣で記憶が消えるという事。

かぐや姫が帰る際に羽衣を着るとこの世の記憶を無くしたとあるが、『トニカクカワイイ』では事故直後に星空(なさ)に対して「礼はいらない。寝て起きたら私のことは忘れてくれ。」と羽衣のようなストールを羽織りながら去って行った。

出典:Google

「自分は忘れるから君も忘れてくれ」とも取れる様な言い方で羽衣のようなストールを広げて羽織るのがかぐや姫と関連付けているような気がします。

 

これらの事から、『竹取物語』と『トニカクカワイイ』が類似している事がわかりますよね!

なので、『月読司(つくよみつかさ)』は現世に残った不老不死の『かぐや姫という予想ができます。

漫画やアニメでも月がピックアップされているのが分かりますし、『トニカクカワイイ』のサブタイトルが『FIY ME TO THE MOON』で、直訳すると私を月まで連れて行ってとなっている事から、やはり月に帰れなかった『かぐや姫』というのがしっくりくる気がしますね!

『竹取物語』では結婚せず別れていますが、『トニカクカワイイ』では司と星空(なさ)が結婚している事から、二つの物語は違う結末が待っているのかもしれませんね!

 

 

司が結婚するまでの3年間に何をしていたのか

星空(なさ)と司が結婚を約束し、星空(なさ)はそこで気を失ってしまい、次に目を覚ますと、そこは病院でした。

それから約3年間も司からの音沙汰が無いまま時が過ぎてしまい、フラれたと思いながら暮らしていると、突然、司が3年ぶりに星空(なさ)の元へ現れました

その後、二人は結婚し、イチャイチャ生活を送る事になりましたが、姿を見せなかった3年間に司は何をしていたのか気になりませんか!?

 

なぜ、空白の3年間が生まれたのか、個人的に考えてみたのですが

司は記憶がなかったのではないでしょうか。

上で竹取物語との類似点を挙げた時に、『竹取物語』の中では羽衣を着ると現世の記憶がなくなると描かれているので、何かしらの理由で羽衣に似たストールを羽織り、司は記憶が無くなっていたのかもしれませんね!

出典:Google

結婚してからの司には、羽衣に似たストールを使っているところが見られていないので、何かしらの関係があるのかもしれません。

ただ、再開した時には「やぁ、久しぶり」と言っている事から、再開した時には記憶は戻っている事が分かりますよね!

やはり、謎が多い話は見ていて夢中になってしまいます。

これからも『トニカクカワイイ』の謎や伏線にも気を配って見ていきたいですね!




 

トニカクカワイイのあらすじ

主人公の『由崎星空(ゆざきなさ)』は「星空」とかいて「なさ」と読むこで、小さい頃によくバカにされたことから、アメリカにある『NASA』よりすごい人間になろうと努力を続けていた。

そんな、星空(なさ)だったが、高校受験を控えた大雪の日の夜に見かけた美少女『月読司(つくよみつかさ)』に一目惚れをしてしまう。

運命だと思った星空(なさ)は司に声をかけようと道路を横断すると、大型トラックにはねられそうになる。

それを見た司は星空(なさ)を庇うようにして、トラックに一緒に撥ねられてしまうが、司は撥ねられたことが無かったかのように名前も告げず去っていく。

そんな司を見た星空(なさ)はかぐや姫を連想し、このまま追い掛けなければ一生会えないと思い、事故でボロボロの状態にも関わらず、司を追い掛けた。

星空(なさ)は満身創痍の状態で司に追いつき、勢いで告白すると、「結婚してくれるなら付き合う」と返され、星空(なさ)と司は付き合う事になった。

しかし、その後の星空(なさ)は司と会う事はなく、事故の影響で中学浪人する事になり、翌年に高校にトップ入学するが、司の事が忘れられず入学を辞め、仕事に明け暮れる生活を送っていた。

そんな、生活を3年続けたある日、司が結婚すると言う約束を叶える為に星空(なさ)のもとを訪れて、婚姻届を出し、念願の夫婦となる。

3年越しに夫婦となった二人は同居を始め、イチャイチャ生活を送る事になった。




トニカクカワイイ 第1話のネタバレ

事故直後で意識が朦朧する中、優しい声のかぐや姫のように美しい後にお嫁さんになる女性に励まされるところから始まる。

 

主人公の『由崎星空(ゆざきなさ)』は自身の名前がアメリカ恒久宇宙局のNASAと同じ名前であった為、他の人から笑われる事が多かった。

その為、星空(なさ)はNASAよりすごい人間になる事を目指し、運動も勉強もめげずに頑張り、偏差値70オーバーの名門高校を受験する事になる。

そんな、性格は少しおかしいが、完璧な中学生として存在していた星空(なさ)だったが、帰宅の途中にトニカクカワイイ女の子を見かけ、一目惚れしてしまう。

こんな機会はないと思い、思い切って声をかけようと道路を横断すると、道を走っていた大型トラックに撥ねられてしまい大怪我をする。

意識が朦朧としていた時、「このくらいの傷では死なないから大丈夫だ」と先ほど一目惚れしたトニカクカワイイ女の子が話しかけてきて、大型トラックを運転していた運転手に星空(なさ)を病院に連れて行くように指示した。

しかし、運転手は星空(なさ)の傷もひどいが、星空(なさ)を庇った女の子の方がひどい事故だったと話し、女の子を病院へ行くように促す。

自身の傷は大丈夫だと言い、死にかけの星空(なさ)に恩返しはいいから今日のことを忘れてくれと伝え、その場を去って行った。

そんな状況が竹取物語のかぐや姫と似ていると思った星空(なさ)は、このまま話しかけないと一生会えないと思い、その女の子に追いついた。

追いついた星空(なさ)は自己紹介をして、少し話しをする。

しかし、大事故の後だった星空(なさ)は、空元気で意識を保っていたがそれも限界に達し、意識が飛びそうになってしまう。

女の子は星空(なさ)に体を大事にするように言い、その場を去ろうとするが、星空(なさ)はもう一度力を振り絞り、告白する。

その星空(なさ)の告白に対して女の子は

『私と結婚してくれるなら、付き合ってあげる』

と返した。

その条件に即答でOKした星空(なさ)だったが、体の限界を迎え倒れてしまう。

 

目を覚ました星空(なさ)は病院のベッドに横たわっていて、そこには女の子の姿は無く、それから現れる事はなかった。

事故の入院の影響で中学浪人してしまった凪は翌年、名門高校をトップ入学を果たすが、女の子の事を忘れる事が出来ず、入学を辞退して、人と関われるサービス業の仕事を始める事になる。

そんな仕事づくしの生活を3年間ほど続けたある日、突然、インターホンが鳴り、3年間姿を表さなかった女の子がそこに立っていた。

彼女は『司』と自己紹介し、結婚しにきたと話す。

そして、戸惑いながらも星空(なさ)たちは婚姻届を役所に提出し、二人は結婚し夫婦になる事になった。

夫婦になった二人は手を繋ぎ

『これからはずっと握り放題』

と言い、星空(なさ)は結婚した事を再認識した。

 

まとめ

2020年10月2日の深夜から放送された、TVアニメ『トニカクカワイイ』第1話「結婚」の感想・ネタバレ・考察についてお話ししました。

司の謎が多過ぎて考える事が沢山ありますし、そんな考えなしに読みたい人でも司がとにかく可愛いのでニヤニヤしながら見れてしまいますよね!

今後の『トニカクカワイイ』に注目して、最新情報を追っていきたいと思います!

ここまでご覧いただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です